バーチャルオフィス比較

東京のバーチャルオフィス徹底比較(5)レゾナンス

2020年5月25日

東京のバーチャルオフィス徹底比較(5)レゾナンス

「バーチャルオフィス 東京」という検索ワードが多いため、東京にあるバーチャルオフィスを徹底的に調査し、その結果を記事にしていきたいと思います。なお、この記事は私の主観的な評価も含まれておりますので、契約前には必ずご自身で施設を訪問されることをおすすめします。さて、第5回は「バーチャルオフィス 東京」と検索して見つかった「レゾナンス」を紹介していこうと思います。

レゾナンスとは

レゾナンスは東京都港区浜松町と中央区銀座でバーチャルオフィスを運営しています。トップページには、「業界最安値に挑戦!登記OKの格安バーチャルオフィス」と書いてあります。先着50名を限定に月額1,500円で利用できるようですので、5,000円が相場のバーチャルオフィス業界では確かに格安バーチャルオフィスに分類されるでしょう。また、浜松町本店は地下鉄「大門」の駅から徒歩2分、銀座店は地下鉄「新富町」の駅から徒歩3分と都心の駅からアクセスのよい立地にあります。

 

【レゾナンス(浜松町本店)の所在地】

〒105-0013
東京都港区浜松町2丁目2-15 浜松町ダイヤハイツ内
TEL:03-5776-4477

詳しいアクセスはこちらから。

レゾナンスの利用プラン

レゾナンスには、格安バーチャルオフィス(住所貸し)というサービスが基本プランとして存在し、そこに電話転送や電話秘書代行を追加したプランもあるようです。それぞれの料金は下記の通りですが、今回は格安バーチャルオフィス(住所貸し)について詳しく調査しました。

住所貸し+転送電話2点セット+転送電話3点セット+電話秘書代行+秘書代行03発信
初期費用入会金5,000円
月額料金3,000円5,000円6,000円7,000円11,000円

なお、上記の料金は毎月払いのケースですが、半年払い、1年払いを選択することもでき、選択した場合は割安となります。格安バーチャルオフィス(住所貸し)のコースでは、半年払いで月額が実質2,500円、1年払いで実質1,500円となるようです。他のコースについてはこちらからご確認ください。

格安バーチャルオフィス(住所貸し)の利用料金は月額3,000円であり、住所利用(法人登記も可)のほかに、月4回の郵便転送が基本サービスに含まれています。なお、郵便転送の料金は実費が発生し、A4サイズまでという制限があるほか、書留や印鑑の必要な郵便物の押印には1通300円の代行費用が発生します。

また、格安バーチャルオフィス+転送電話2点セットは月額5,000円で、上記のサービスに専用の03番号(受信のみ)の取得と転送電話のサービスが追加、格安バーチャルオフィス+転送電話3点セットは月額6,000円で転送FAXのサービスが追加されるようです。他にも格安バーチャルオフィス+電話秘書代行のコースは月額7,000円格安バーチャルオフィス+秘書代行03発信コースは月額11,000円という価格設定になっています。

レゾナンスのオプションサービス

レゾナンスでは、電話転送や電話秘書代行の必要性に応じてコースの用意がありますが、住所貸しのコースに別途電話転送をオプションで追加することも可能なようです。また、郵便物転送、電話転送、貸し会議室の利用についても下記のようなオプションがありました。

①レゾナンスの郵便物転送サービス

基本サービスとして、月4回の郵便転送が基本サービスに含まれており、事前に連絡をすればオフィスに取りに行くことも可能なようです。なお、郵便転送の料金は実費が発生し、A4サイズまでという制限があるほか、書留や印鑑の必要な郵便物の押印には1通300円の代行費用が発生します。また、届いた郵便物を即日転送するオプションもあるようです。

郵便物の都度転送月額1,000円届いた郵便物を即日転送

なお、こちらのオプションでも郵便転送の料金は実費となるようです。この場合、まとめて郵送するよりもコストがかかる場合がありますので(ハガキが1通だけでも郵送されるため)、利用にあたっては注意するようにしてください。郵便物転送サービスの選び方については以前に記事を書いたのでこちらをご確認ください。

②レゾナンスの電話転送サービス

電話転送サービスを含むコースもありますが、オプションとしての利用も可能なようです。なお、転送元からの通話料(詳しくはこちら)は発生するため、都度デポジット(通話保証料)が必要となります。

電話転送(受信)月額2,000円専用の03番号を取得し、指定の電話番号に転送
発信時は自分の番号を表示
電話転送(受発信)月額4,000円専用の03番号を取得し、指定の電話番号に転送
発信時も取得した03番号を表示
電話秘書代行月額4,000円オペレーターが企業名で電話対応(50コールまでは無料)
内容をメールにて連絡
電話秘書代行(内線取次)月額3,000円オペレーターが企業名で電話を受ける
受けた電話を指定の連絡先に転送
専用FAX月額1,000円専用のFAX番号を利用可

③レゾナンスの貸し会議室サービス

レゾナンス(浜松町本店)には会議室が2部屋併設されており、会員は1時間1,000円で利用できるようです。なお、非会員も1時間1,500円で利用できるため、利用頻度が高い場合は事前に予約状況等を確認しておく必要があるかと思います。

会議室1,000円/時4名利用の個室会議室
会議室1,000円/時4名利用の個室会議室

 

 

※会議室の写真や利用料金はこちら

④レゾナンスのその他のサービス

レゾナンスは2020年3月からみずほ銀行と連携を強化し、銀行の法人口座開設にあたってみずほ銀行浜松町支店・みずほ銀行中央支店を紹介しているようです。メガバンクとの連携がある点は法人口座開設にあたって有利に働くのではないかと推測されます。ただし、銀行は景気動向に応じて各企業との付き合い方が変わるところですので、レゾナンスの利用者が特定の銀行だけでなく幅広い銀行での法人口座開設の実績があるかどうかを事前に調査できると良いかと思います。

レゾナンスの評判

レゾナンスの評判を検索してみましたが、住所等が汚れていることはないようです。ただし、審査体制に関しては対面での面談などの審査がないようですので、やや心配に感じる部分があります。

 

また、Googleのクチコミではレビュー数が27と少ないですが4.6と非常に高い評価になっています。さほど回答者が多いわけではなく、必ずしも高い評価と言い切ることは出来ませんが、よほど大きな不満をもって書き込んでいる人はいないようでした。

レゾナンスのまとめ

さて、ここまでレゾナンス(浜松町本店)の情報をまとめていきましたが、以下の項目で評価をしていきたいと思います。なお、こちらの評価は私の主観的な評価も含まれておりますので、契約前には必ずご自身で施設を訪問されることをおすすめします。

基本サービス利用料金と最低限のサービスの妥当性☆☆☆☆
郵便物転送サービスオプションの多様性・対応の柔軟性☆☆☆
電話転送サービスオプションの多様性・対応の柔軟性☆☆☆☆
貸し会議室サービス部屋の種類の豊富さなど☆☆
その他のサービスここだけの強みは感じるか?☆☆☆☆
審査と評判(住所の安心度)審査体制は厳重?客観的な評価は?☆☆☆☆☆
総合点3.7/5.0
【東京都内23区のバーチャルオフィスまとめ】
東京のバーチャルオフィス千代田区のバーチャルオフィス
中央区のバーチャルオフィス港区のバーチャルオフィス
新宿区のバーチャルオフィス文京区のバーチャルオフィス
台東区のバーチャルオフィス墨田区のバーチャルオフィス
江東区のバーチャルオフィス品川区のバーチャルオフィス
目黒区のバーチャルオフィス大田区のバーチャルオフィス
世田谷区のバーチャルオフィス渋谷区のバーチャルオフィス
中野区のバーチャルオフィス杉並区のバーチャルオフィス
豊島区のバーチャルオフィス北区のバーチャルオフィス
荒川区のバーチャルオフィス板橋区のバーチャルオフィス
練馬区のバーチャルオフィス足立区のバーチャルオフィス
葛飾区のバーチャルオフィス江戸川区のバーチャルオフィス
【路線別バーチャルオフィス一覧】
山手線のバーチャルオフィス京浜東北・根岸線のバーチャルオフィス
湘南新宿ラインのバーチャルオフィス横浜線のバーチャルオフィス
中央・総武線のバーチャルオフィス埼京線のバーチャルオフィス
京葉線のバーチャルオフィス
東京メトロ銀座線のバーチャルオフィス東京メトロ丸の内線のバーチャルオフィス
東京メトロ日比谷線のバーチャルオフィス東京メトロ東西線のバーチャルオフィス
東京メトロ千代田線のバーチャルオフィス東京メトロ有楽町線のバーチャルオフィス
東京メトロ半蔵門線のバーチャルオフィス東京メトロ南北線のバーチャルオフィス
東京メトロ副都心線のバーチャルオフィス
都営地下鉄大江戸線のバーチャルオフィス都営地下鉄新宿線のバーチャルオフィス
都営地下鉄三田線のバーチャルオフィス都営地下鉄浅草線のバーチャルオフィス
京成線のバーチャルオフィス京王線のバーチャルオフィス
東急東横線のバーチャルオフィス東急田園都市線のバーチャルオフィス
京浜急行のバーチャルオフィス小田急小田原線のバーチャルオフィス
ゆりかもめ線のバーチャルオフィスりんかい線のバーチャルオフィス
札幌市営地下鉄のバーチャルオフィス仙台市営地下鉄のバーチャルオフィス
名古屋市営地下鉄のバーチャルオフィス東海道線(名古屋)のバーチャルオフィス
京都市営地下鉄のバーチャルオフィス大阪メトロ御堂筋線のバーチャルオフィス
東西線(大阪)のバーチャルオフィス広島電鉄のバーチャルオフィス
福岡市営地下鉄のバーチャルオフィス
【都道府県のバーチャルオフィス一覧】
北海道のバーチャルオフィス青森のバーチャルオフィス
岩手のバーチャルオフィス宮城のバーチャルオフィス
福島のバーチャルオフィス山形のバーチャルオフィス
秋田のバーチャルオフィス茨城のバーチャルオフィス
埼玉のバーチャルオフィス群馬のバーチャルオフィス
栃木のバーチャルオフィス千葉のバーチャルオフィス
神奈川のバーチャルオフィス山梨のバーチャルオフィス
福井のバーチャルオフィス石川のバーチャルオフィス
富山のバーチャルオフィス静岡のバーチャルオフィス
岐阜のバーチャルオフィス長野のバーチャルオフィス
三重のバーチャルオフィス京都のバーチャルオフィス
愛知のバーチャルオフィス滋賀のバーチャルオフィス
大阪のバーチャルオフィス岡山のバーチャルオフィス
島根のバーチャルオフィス鳥取のバーチャルオフィス
和歌山のバーチャルオフィス奈良のバーチャルオフィス
兵庫のバーチャルオフィス広島のバーチャルオフィス
高知のバーチャルオフィス愛媛のバーチャルオフィス
香川のバーチャルオフィス徳島のバーチャルオフィス
山口のバーチャルオフィス福岡のバーチャルオフィス
佐賀のバーチャルオフィス長崎のバーチャルオフィス
熊本のバーチャルオフィス大分のバーチャルオフィス
宮崎のバーチャルオフィス鹿児島のバーチャルオフィス
沖縄のバーチャルオフィス
【各都市のバーチャルオフィス】
札幌市のバーチャルオフィス仙台市のバーチャルオフィス
盛岡市のバーチャルオフィス郡山市のバーチャルオフィス
宇都宮市のバーチャルオフィス高崎市のバーチャルオフィス
さいたま市のバーチャルオフィス千葉市のバーチャルオフィス
船橋市のバーチャルオフィス横浜市のバーチャルオフィス
川崎市のバーチャルオフィス鎌倉市のバーチャルオフィス
金沢市のバーチャルオフィス長野市のバーチャルオフィス
名古屋市のバーチャルオフィス一宮市のバーチャルオフィス
京都市のバーチャルオフィス大阪市のバーチャルオフィス
神戸市のバーチャルオフィス姫路市のバーチャルオフィス
福岡市のバーチャルオフィス那覇市のバーチャルオフィス
【エリア別のバーチャルオフィス】
市ヶ谷エリアのバーチャルオフィス水道橋エリアのバーチャルオフィス
飯田橋エリアのバーチャルオフィス神保町エリアのバーチャルオフィス
池袋エリアのバーチャルオフィス大手町エリアのバーチャルオフィス
上野エリアのバーチャルオフィス銀座エリアのバーチャルオフィス
新橋エリアのバーチャルオフィス日本橋エリアのバーチャルオフィス
麹町エリアのバーチャルオフィス赤坂エリアのバーチャルオフィス
六本木エリアのバーチャルオフィス秋葉原エリアのバーチャルオフィス
高田馬場エリアのバーチャルオフィス青山エリアのバーチャルオフィス
表参道エリアのバーチャルオフィス丸の内エリアのバーチャルオフィス
  • この記事を書いた人

バーチャルオフィス大辞典編集部

バーチャルオフィスについての様々な情報を編集しています。バーチャルオフィスの利用を検討されている方に必要な情報を収集し記事にまとめています。

-バーチャルオフィス比較
-, ,

Copyright© 東京バーチャルオフィス大辞典|東京のバーチャルオフィスを中心に解説 , 2020 All Rights Reserved.