バーチャルオフィス比較

東京のバーチャルオフィス徹底比較(9)カスタマープラス

2020年5月29日

東京のバーチャルオフィス徹底比較(9)カスタマープラス

「バーチャルオフィス 東京」という検索ワードが多いため、東京にあるバーチャルオフィスを徹底的に調査し、その結果を記事にしていきたいと思います。なお、この記事は私の主観的な評価も含まれておりますので、契約前には必ずご自身で施設を訪問されることをおすすめします。さて、第9回は「バーチャルオフィス 東京」と検索して見つかった「カスタマープラス」を紹介していこうと思います。

カスタマープラスとは

カスタマープラスは東京都中央区日本橋をはじめに、都内12拠点でバーチャルオフィスを運営しております。トップページには、「バーチャルオフィスに最高の安心感を。自社所有拠点は、都内に4拠点展開しています。」と書いております。日本橋タワー、渋谷タワー、新宿三丁目プラス、青山プレミアムの4拠点はいずれも自社物件となっており、いずれの店舗で契約しても12拠点の打ち合わせスペースが利用できるようです。

【カスタマープラス(日本橋タワー)の所在地】

〒103-0004
東京都中央区東日本橋2丁目28-4 日本CETビル
TEL:0120-753-361

詳しいアクセスはこちらから。

カスタマープラスの利用プラン

カスタマープラスには、住所プラン電話転送プラン秘書代行プランそのまんま接続プラン海外発送プランの5つのプランが存在します。それぞれの利用料金は下記の通りですが、今回は海外発送プランを除く4つのプランについて詳しく調査しました。

住所プラン電話転送プラン秘書代行プランそのまんま継続プラン
初期費用9,333円9,333円9,333円9,333円
月額料金4,743円9,486円26,010円31,010円

初期費用はすべてのプランで9,333円発生するようです。なお、住所プランを除く3つのプランでは電話転送前払金費用 28,571円も発生します。

住所プランの利用料金は月額4,743円であり、住所利用(法人登記も可)と週1回の郵便転送と月3回までのスポット速達無料配送(依頼日に郵便物を転送するサービス)が基本サービスに含まれています。ただし、郵便物が月に100通を超えると1通につき40円の手数料が発生します。

電話転送プランは月額9,486円で住所プランのサービス内容に電話転送サービスが追加され、秘書代行プランは月額26,010円で電話転送と電話秘書代行のサービスが追加され、そのまんま継続プランでは月額31,010円で秘書が最初から電話応対をしてくれます。

カスタマープラスのオプションサービス

カスタマープラスでは、電話転送や電話秘書代行の必要性に応じてプランが変わってくるようですが、貸し会議室の利用についてはオプションとしてサービスを追加することが可能なようです。

①カスタマープラスの郵便物転送サービス

基本サービスに週に1回の郵便転送と月3回までのスポット速達無料配送(依頼日に郵便物を転送するサービス)が含まれており、到着した郵便物についてのお知らせがメールで届いたり、破棄の依頼もできるようです。詳細はこちらをご覧ください。

②カスタマープラスの電話転送サービス

電話転送プランは月額9,486円に専用の電話番号の取得と電話転送のサービスが含まれ、秘書代行プランは月額26,010円に専用の電話番号の取得、電話転送のサービス、電話秘書代行のサービスが含まれているようです。また、そのまんま継続プランでは月額31,010円で秘書が最初から電話応対をしてくれるようです。なお、転送元からの通話料(詳しくはこちら)は発生するため、入会時の電話転送前払金費用との相殺になるようです。

電話転送月額4,743円(※実質)専用の03番号を取得し、指定の電話番号に転送
発信時も03番号を表示
秘書代行月額21,267円(※実質)ご指定の会社名や屋号でコールセンターのスタッフが対応
入電報告のメールを送信

※実質:住所プランの料金の差額をオプション料金として計算しています。

③カスタマープラスの貸し会議室サービス

カスタマープラスには会議室スペースが併設されてる拠点もあるようで、すべての拠点のスペースを会員価格での利用が可能なようです。日本橋タワーでは2Fから4Fが会員専用のスペースとなっているようです。

2F1,000円/時6名利用の個室会議室
3F1,000円/時6名利用の個室会議室
4F1,000円/時6名利用の個室会議室

 

 

※会議室の写真や利用料金はこちら

④カスタマープラスのその他のサービス

カスタマープラスの強みは日本橋タワーを含め4拠点が自社所有物件であるという点です。自社所有物件でない場合は、ビルやテナントのオーナーの都合で移転を余儀なくされることもあり得ますので、その場合利用者にとっては登記先住所の変更など様々な負担が発生します。また、郵便転送を最大月7回まで発送してもらえるという点は現地まで受け取りに行くことが難しい場合は魅力的だと感じます。

カスタマープラスの評判

カスタマープラスの評判を検索してみました。運営元自体に問題があることはなさそうですが、かつて提供していたビル(たちばなやビル)に振り込め詐欺業者が入居していたという事実があるようです。現在はそのビルでの営業は行われていないようですが、正直なところ審査体制に関する不安は払しょくできません。また、Googleへのクチコミは特にありませんでしたので、最近の評判を第三者的な視点で得ることは難しくなっております。

カスタマープラスのまとめ

さて、ここまでトリエルの情報をまとめていきましたが、以下の項目で評価をしていきたいと思います。なお、こちらの評価は私の主観的な評価も含まれておりますので、契約前には必ずご自身で施設を訪問されることをおすすめします。

基本サービス利用料金と最低限のサービスの妥当性☆☆☆
郵便物転送サービスオプションの多様性・対応の柔軟性☆☆☆☆☆
電話転送サービスオプションの多様性・対応の柔軟性☆☆☆
貸し会議室サービス部屋の種類の豊富さなど☆☆
その他のサービスここだけの強みは感じるか?☆☆
審査と評判(住所の安心度)審査体制は厳重?客観的な評価は?
総合点2.6/5.0
【東京都内23区のバーチャルオフィスまとめ】
東京のバーチャルオフィス千代田区のバーチャルオフィス
中央区のバーチャルオフィス港区のバーチャルオフィス
新宿区のバーチャルオフィス文京区のバーチャルオフィス
台東区のバーチャルオフィス墨田区のバーチャルオフィス
江東区のバーチャルオフィス品川区のバーチャルオフィス
目黒区のバーチャルオフィス大田区のバーチャルオフィス
世田谷区のバーチャルオフィス渋谷区のバーチャルオフィス
中野区のバーチャルオフィス杉並区のバーチャルオフィス
豊島区のバーチャルオフィス北区のバーチャルオフィス
荒川区のバーチャルオフィス板橋区のバーチャルオフィス
練馬区のバーチャルオフィス足立区のバーチャルオフィス
葛飾区のバーチャルオフィス江戸川区のバーチャルオフィス
【路線別バーチャルオフィス一覧】
山手線のバーチャルオフィス京浜東北・根岸線のバーチャルオフィス
湘南新宿ラインのバーチャルオフィス横浜線のバーチャルオフィス
中央・総武線のバーチャルオフィス埼京線のバーチャルオフィス
京葉線のバーチャルオフィス
東京メトロ銀座線のバーチャルオフィス東京メトロ丸の内線のバーチャルオフィス
東京メトロ日比谷線のバーチャルオフィス東京メトロ東西線のバーチャルオフィス
東京メトロ千代田線のバーチャルオフィス東京メトロ有楽町線のバーチャルオフィス
東京メトロ半蔵門線のバーチャルオフィス東京メトロ南北線のバーチャルオフィス
東京メトロ副都心線のバーチャルオフィス
都営地下鉄大江戸線のバーチャルオフィス都営地下鉄新宿線のバーチャルオフィス
都営地下鉄三田線のバーチャルオフィス都営地下鉄浅草線のバーチャルオフィス
京成線のバーチャルオフィス京王線のバーチャルオフィス
東急東横線のバーチャルオフィス東急田園都市線のバーチャルオフィス
京浜急行のバーチャルオフィス小田急小田原線のバーチャルオフィス
ゆりかもめ線のバーチャルオフィスりんかい線のバーチャルオフィス
札幌市営地下鉄のバーチャルオフィス仙台市営地下鉄のバーチャルオフィス
名古屋市営地下鉄のバーチャルオフィス東海道線(名古屋)のバーチャルオフィス
京都市営地下鉄のバーチャルオフィス大阪メトロ御堂筋線のバーチャルオフィス
東西線(大阪)のバーチャルオフィス広島電鉄のバーチャルオフィス
福岡市営地下鉄のバーチャルオフィス
【都道府県のバーチャルオフィス一覧】
北海道のバーチャルオフィス青森のバーチャルオフィス
岩手のバーチャルオフィス宮城のバーチャルオフィス
福島のバーチャルオフィス山形のバーチャルオフィス
秋田のバーチャルオフィス茨城のバーチャルオフィス
埼玉のバーチャルオフィス群馬のバーチャルオフィス
栃木のバーチャルオフィス千葉のバーチャルオフィス
神奈川のバーチャルオフィス山梨のバーチャルオフィス
福井のバーチャルオフィス石川のバーチャルオフィス
富山のバーチャルオフィス静岡のバーチャルオフィス
岐阜のバーチャルオフィス長野のバーチャルオフィス
三重のバーチャルオフィス京都のバーチャルオフィス
愛知のバーチャルオフィス滋賀のバーチャルオフィス
大阪のバーチャルオフィス岡山のバーチャルオフィス
島根のバーチャルオフィス鳥取のバーチャルオフィス
和歌山のバーチャルオフィス奈良のバーチャルオフィス
兵庫のバーチャルオフィス広島のバーチャルオフィス
高知のバーチャルオフィス愛媛のバーチャルオフィス
香川のバーチャルオフィス徳島のバーチャルオフィス
山口のバーチャルオフィス福岡のバーチャルオフィス
佐賀のバーチャルオフィス長崎のバーチャルオフィス
熊本のバーチャルオフィス大分のバーチャルオフィス
宮崎のバーチャルオフィス鹿児島のバーチャルオフィス
沖縄のバーチャルオフィス
【各都市のバーチャルオフィス】
札幌市のバーチャルオフィス仙台市のバーチャルオフィス
盛岡市のバーチャルオフィス郡山市のバーチャルオフィス
宇都宮市のバーチャルオフィス高崎市のバーチャルオフィス
さいたま市のバーチャルオフィス千葉市のバーチャルオフィス
船橋市のバーチャルオフィス横浜市のバーチャルオフィス
川崎市のバーチャルオフィス鎌倉市のバーチャルオフィス
金沢市のバーチャルオフィス長野市のバーチャルオフィス
名古屋市のバーチャルオフィス一宮市のバーチャルオフィス
京都市のバーチャルオフィス大阪市のバーチャルオフィス
神戸市のバーチャルオフィス姫路市のバーチャルオフィス
福岡市のバーチャルオフィス那覇市のバーチャルオフィス
【エリア別のバーチャルオフィス】
市ヶ谷エリアのバーチャルオフィス水道橋エリアのバーチャルオフィス
飯田橋エリアのバーチャルオフィス神保町エリアのバーチャルオフィス
池袋エリアのバーチャルオフィス大手町エリアのバーチャルオフィス
上野エリアのバーチャルオフィス銀座エリアのバーチャルオフィス
新橋エリアのバーチャルオフィス日本橋エリアのバーチャルオフィス
麹町エリアのバーチャルオフィス赤坂エリアのバーチャルオフィス
六本木エリアのバーチャルオフィス秋葉原エリアのバーチャルオフィス
高田馬場エリアのバーチャルオフィス青山エリアのバーチャルオフィス
表参道エリアのバーチャルオフィス丸の内エリアのバーチャルオフィス
  • この記事を書いた人

バーチャルオフィス大辞典編集部

バーチャルオフィスについての様々な情報を編集しています。バーチャルオフィスの利用を検討されている方に必要な情報を収集し記事にまとめています。

-バーチャルオフィス比較
-, ,

Copyright© 東京バーチャルオフィス大辞典|東京のバーチャルオフィスを中心に解説 , 2020 All Rights Reserved.