バーチャルオフィス比較

東京のバーチャルオフィス徹底比較(4)エイゼックス

2020年5月22日

東京のバーチャルオフィス徹底比較(4)エイゼックス

「バーチャルオフィス 東京」という検索ワードが多いため、今回から東京にあるバーチャルオフィスを徹底的に調査し、その結果を記事にしていきたいと思います。なお、この記事は私の主観的な評価も含まれておりますので、契約前には必ずご自身で施設を訪問されることをおすすめします。さて、第4回は「バーチャルオフィス 東京」と検索して見つかった「エイゼックス」を紹介していこうと思います。

エイゼックスとは

エイゼックスは東京都中央区にあるバーチャルオフィスであり、同じ住所でレンタルオフィスも運営しています。トップページには「信頼されて創業14年 東京・銀座の格安バーチャルオフィス」と書いてあります。全国的には「銀座」の地名は有名ですので、ビジネスで利用する上ではプラスになるでしょう。また、地下鉄「銀座一丁目」から徒歩2分というアクセスのよい立地に有ります。

 

【エイゼックスの所在地】

〒102-0074
東京都中央区銀座1-15-7 マック銀座ビル3F
TEL:03-5524-5961(代)

詳しいアクセスはこちらから。

エイゼックスの利用プラン

エイゼックスには、シルバーコースゴールドコースプラチナコース電話転送コース電話代行秘書コースシルバーベーシックコース個人の通販サイト用バーチャルオフィスという7つの基本プランが存在します。それぞれの利用料金は下記の通りですが、今回はシルバーコース、ゴールドコース、プラチナコース、シルバーベーシックコースについて詳しく調査しました。

シルバーゴールドプラチナ電話転送電話代行秘書シルバーベーシック通販サイト用
初期費用5,000円5,000円※2,160円
月額料金3,850円7,150円12,650円3,300円8,800円3,300円※9,100円※

シルバーベーシックコースは3か月、個人の通販サイト用のバーチャルオフィスは6ヵ月の利用料金になります

シルバーコース、ゴールドコース、プラチナコースを利用するためには、初期費用が5,000円発生します。また、シルバーベーシックコースの場合は入会金は1,100円ですが、3か月分の前払い利用料金等含めると5,000円が必要となります。

シルバーコースの利用料金は月額3,850円であり、住所利用(法人登記も可)のほかに、郵便物の受取と転送(転送料金は実費負担)、共有のFAX番号の利用が基本サービスに含まれています。なお、郵便物の転送は毎日の転送(毎日転送)、毎週金曜日に一週間分をまとめて転送(定期転送)、ご指示によりその都度転送(都度転送)を選べるようですが、すべて転送料金は実費負担となるようです。

ゴールドコースは月額7,150円でシルバーコースの内容に専用の電話番号の取得と電話転送サービスが追加、プラチナコースは月額12,650円でゴールドコースの内容に電話代行秘書サービスが追加されるようです。また、シルバーベーシックコースは月額1,100円(3か月毎の更新)ですが、住所利用と郵便到着の連絡が基本サービスに含まれ、郵便物はすべて即日転送となり、1通ごとに取扱手数料が300円と転送料金の実費が発生するようです。

エイゼックスのオプションサービス

エイゼックスでは、電話転送や電話秘書代行の必要性に応じてプランが変わってくるようですが、貸し会議室の利用についてはオプションとしてサービスを追加することが可能なようです。

①エイゼックスの郵便物転送サービス

基本サービスとして、郵便物の転送周期を毎日の転送(毎日転送)、毎週金曜日に一週間分をまとめて転送(定期転送)、ご指示によりその都度転送(都度転送)を選べるようですが、すべて転送料金は実費負担となるようです。なお、シルバーベーシックコースでは郵便物はすべて即日転送となり、1通ごとに取扱手数料が300円と転送料金の実費が発生するようです。

②エイゼックスの電話転送サービス

ゴールドコースは月額7,150円に専用の電話番号の取得と電話転送のサービスが含まれ、プラチナコースは月額12,650円に専用の電話番号の取得、電話転送のサービス、電話秘書代行のサービスが含まれているようです。なお、転送元からの通話料(詳しくはこちら)もこの料金に含まれているようです。

電話転送月額3,300円(※実質)専用の03番号を取得し、指定の電話番号に転送
発信時も自分の番号を表示
電話秘書代行月額8,800円(※実質)オペレーターがご指定の社名で対応
その内容を指定の携帯メールに連絡

※実質:シルバーコースの料金の差額をオプション料金として計算しています。

③エイゼックスの貸し会議室サービス

エイゼックスには会議室やミーティングルーム(2020年2月5日以降利用休止)が併設されています。なお、会議室は最大10名利用の部屋が1室で外部利用も可能なようですので、利用状況などは契約前にこちらで確認しておくと良いでしょう。

会議室2,000円/時最大10名利用の会議室(平日9:00-18:00は1,000/時で利用可能)

 

 

※会議室の写真や利用料金はこちら

④エイゼックスのその他のサービス

エイゼックスの強みは事務・経理のサポートが受けることが出来る点かと思います。事務作業であれば、A4サイズの文書作成が1枚700円から依頼できます。また、経理であれば請求書の作成が1枚当たり500円から依頼できます。詳しくはこちらをご覧ください。

エイゼックスの評判

エイゼックスの評判を検索してみましたが、あまり情報を得ることが出来ませんでした。理由の1つとしては、エイゼックスが提供する住所を利用する場合、画像処理をして利用することが条件となっていることが考えられました(詳細はこちら)。画像処理をしているとネットで検索する際にその住所を入力しても検索することが出来ないため、エイゼックスの住所で登記する法人などについてのあまり情報を得ることが出来ませんでした。また、エイゼックス自体が入居する住所でGoogleマイビジネスに登録していないため、Googleのクチコミも検索することが出来ませんでした。ただし、住所を利用する法人が何か大きな問題を起こしていれば、大々的に報じられているかと思いますので、ひとまず住所に対して大きな不信感を持つ必要はないかと思います。

 

エイゼックスのまとめ

さて、ここまでエイゼックスの情報をまとめていきましたが、以下の項目で評価をしていきたいと思います。なお、こちらの評価は私の主観的な評価も含まれておりますので、契約前には必ずご自身で施設を訪問されることをおすすめします。

基本サービス利用料金と最低限のサービスの妥当性☆☆☆☆
郵便物転送サービスオプションの多様性・対応の柔軟性☆☆☆
電話転送サービスオプションの多様性・対応の柔軟性☆☆☆☆
貸し会議室サービス部屋の種類の豊富さなど
その他のサービスここだけの強みは感じるか?☆☆☆☆
審査と評判(住所の安心度)審査体制は厳重?客観的な評価は?☆☆☆
総合点3.2/5.0
【東京都内23区のバーチャルオフィスまとめ】
東京のバーチャルオフィス千代田区のバーチャルオフィス
中央区のバーチャルオフィス港区のバーチャルオフィス
新宿区のバーチャルオフィス文京区のバーチャルオフィス
台東区のバーチャルオフィス墨田区のバーチャルオフィス
江東区のバーチャルオフィス品川区のバーチャルオフィス
目黒区のバーチャルオフィス大田区のバーチャルオフィス
世田谷区のバーチャルオフィス渋谷区のバーチャルオフィス
中野区のバーチャルオフィス杉並区のバーチャルオフィス
豊島区のバーチャルオフィス北区のバーチャルオフィス
荒川区のバーチャルオフィス板橋区のバーチャルオフィス
練馬区のバーチャルオフィス足立区のバーチャルオフィス
葛飾区のバーチャルオフィス江戸川区のバーチャルオフィス
【路線別バーチャルオフィス一覧】
山手線のバーチャルオフィス京浜東北・根岸線のバーチャルオフィス
湘南新宿ラインのバーチャルオフィス横浜線のバーチャルオフィス
中央・総武線のバーチャルオフィス埼京線のバーチャルオフィス
京葉線のバーチャルオフィス
東京メトロ銀座線のバーチャルオフィス東京メトロ丸の内線のバーチャルオフィス
東京メトロ日比谷線のバーチャルオフィス東京メトロ東西線のバーチャルオフィス
東京メトロ千代田線のバーチャルオフィス東京メトロ有楽町線のバーチャルオフィス
東京メトロ半蔵門線のバーチャルオフィス東京メトロ南北線のバーチャルオフィス
東京メトロ副都心線のバーチャルオフィス
都営地下鉄大江戸線のバーチャルオフィス都営地下鉄新宿線のバーチャルオフィス
都営地下鉄三田線のバーチャルオフィス都営地下鉄浅草線のバーチャルオフィス
京成線のバーチャルオフィス京王線のバーチャルオフィス
東急東横線のバーチャルオフィス東急田園都市線のバーチャルオフィス
京浜急行のバーチャルオフィス小田急小田原線のバーチャルオフィス
ゆりかもめ線のバーチャルオフィスりんかい線のバーチャルオフィス
札幌市営地下鉄のバーチャルオフィス仙台市営地下鉄のバーチャルオフィス
名古屋市営地下鉄のバーチャルオフィス東海道線(名古屋)のバーチャルオフィス
京都市営地下鉄のバーチャルオフィス大阪メトロ御堂筋線のバーチャルオフィス
東西線(大阪)のバーチャルオフィス広島電鉄のバーチャルオフィス
福岡市営地下鉄のバーチャルオフィス
【都道府県のバーチャルオフィス一覧】
北海道のバーチャルオフィス青森のバーチャルオフィス
岩手のバーチャルオフィス宮城のバーチャルオフィス
福島のバーチャルオフィス山形のバーチャルオフィス
秋田のバーチャルオフィス茨城のバーチャルオフィス
埼玉のバーチャルオフィス群馬のバーチャルオフィス
栃木のバーチャルオフィス千葉のバーチャルオフィス
神奈川のバーチャルオフィス山梨のバーチャルオフィス
福井のバーチャルオフィス石川のバーチャルオフィス
富山のバーチャルオフィス静岡のバーチャルオフィス
岐阜のバーチャルオフィス長野のバーチャルオフィス
三重のバーチャルオフィス京都のバーチャルオフィス
愛知のバーチャルオフィス滋賀のバーチャルオフィス
大阪のバーチャルオフィス岡山のバーチャルオフィス
島根のバーチャルオフィス鳥取のバーチャルオフィス
和歌山のバーチャルオフィス奈良のバーチャルオフィス
兵庫のバーチャルオフィス広島のバーチャルオフィス
高知のバーチャルオフィス愛媛のバーチャルオフィス
香川のバーチャルオフィス徳島のバーチャルオフィス
山口のバーチャルオフィス福岡のバーチャルオフィス
佐賀のバーチャルオフィス長崎のバーチャルオフィス
熊本のバーチャルオフィス大分のバーチャルオフィス
宮崎のバーチャルオフィス鹿児島のバーチャルオフィス
沖縄のバーチャルオフィス
【各都市のバーチャルオフィス】
札幌市のバーチャルオフィス仙台市のバーチャルオフィス
盛岡市のバーチャルオフィス郡山市のバーチャルオフィス
宇都宮市のバーチャルオフィス高崎市のバーチャルオフィス
さいたま市のバーチャルオフィス千葉市のバーチャルオフィス
船橋市のバーチャルオフィス横浜市のバーチャルオフィス
川崎市のバーチャルオフィス鎌倉市のバーチャルオフィス
金沢市のバーチャルオフィス長野市のバーチャルオフィス
名古屋市のバーチャルオフィス一宮市のバーチャルオフィス
京都市のバーチャルオフィス大阪市のバーチャルオフィス
神戸市のバーチャルオフィス姫路市のバーチャルオフィス
福岡市のバーチャルオフィス那覇市のバーチャルオフィス
【エリア別のバーチャルオフィス】
市ヶ谷エリアのバーチャルオフィス水道橋エリアのバーチャルオフィス
飯田橋エリアのバーチャルオフィス神保町エリアのバーチャルオフィス
池袋エリアのバーチャルオフィス大手町エリアのバーチャルオフィス
上野エリアのバーチャルオフィス銀座エリアのバーチャルオフィス
新橋エリアのバーチャルオフィス日本橋エリアのバーチャルオフィス
麹町エリアのバーチャルオフィス赤坂エリアのバーチャルオフィス
六本木エリアのバーチャルオフィス秋葉原エリアのバーチャルオフィス
高田馬場エリアのバーチャルオフィス青山エリアのバーチャルオフィス
表参道エリアのバーチャルオフィス丸の内エリアのバーチャルオフィス
  • この記事を書いた人

バーチャルオフィス大辞典編集部

バーチャルオフィスについての様々な情報を編集しています。バーチャルオフィスの利用を検討されている方に必要な情報を収集し記事にまとめています。

-バーチャルオフィス比較
-, ,

Copyright© 東京バーチャルオフィス大辞典|東京のバーチャルオフィスを中心に解説 , 2020 All Rights Reserved.