よく検索されているキーワード

バーチャルオフィス 東京 ビジネス

2020年2月1日

東京でビジネスを始めるにあたり、バーチャルオフィスを利用する人が増えてきました。その需要の高まりにはいくつかの理由があります。日本で最もビジネスが活発なエリアであり、地方と比べて新しい企業が多いことも大きな特徴です。そのような企業は働き方改革にも前向きに取り組んでいることが多く、社員の起業をバックアップするケースも珍しくありません。働き方の多様化にって、企業をやめてフリーランスになる人も多くなってきました。このような背景があるため、東京では自分のオフィスを持ちたいという人が増加しているのです。しかし都心部の土地が開発しつくされており、既存のオフィスはどこも埋まっている状態です。つまり、需要と供給がアンバランスになっているという実情があります。その問題を解消する方法として、バーチャルオフィスが注目を集めるようになりました。もちろん、そういった理由ではなく、他のメリットに目を付けて利用している人もたくさんいます。

たとえば、バーチャルオフィスはその名のとおり仮想的な事務所を意味しています。実際にそこで仕事をしているとは限らず、郵便物の受け取りや登記などを目的として利用しているケースも多いです。東京は物件の賃料が非常に高いので、新たにビジネスを立ち上げる人にとっては大きな負担です。そう言われると、オフィスがなくても事業を行うことは可能だと反論する人もいるでしょう。たしかに自宅を職場にする方法もありますが、それだと世間から十分な信頼を得られない場合があります。生活の合間に片手間で仕事をしているような印象を与えてしまうケースもあります。やはりオフィスを構えている事業者のほうが相手として安心感を得られやすいです。

相手から信頼を得られるかどうかはビジネスの存続に大きな影響を与えます。たとえば、融資を受ける場合もオフィスがあったほうが有利になることが多いです。根無し草のような形で仕事をしていると、信頼に足る人物なのか判断が難しくなります。それに対して、事業の実態があることを示す効果があるので、有利に展開することを期待できるのです。このようなメリットがあるので、自宅で仕事をする人であっても、便宜的にオフィスを利用できればありがたいと思う人は多いでしょう。

まさにそれこそがバーチャルオフィスであり、名目上の仕事の拠点として広く活用されています。住所と電話番号をセットで貸し出すのが一般的です。ただし、必ず電話番号が付帯しているわけではないので、契約前にしっかりと確認しておかなければなりません。画一的な定義がまだ存在しないため、個別に自分の責任で対応しておく必要があります。電話番号に関してはただ貸し出すだけでなく、転送や秘書の機能を有しているケースも少なくありません。電話対応の多い業種であれば、これらのサービスは非常に役に立つでしょう。反対に電話の重要性が低い業種の場合、それらのサービスを利用しないほうが節約になります。現状では必要がなくても利用する見込みがあるなら、後からオプションで追加できるどうか調べておくのが得策です。したがって、自分の事業計画を明確にしたうえで契約を検討することが大切です。東京にはいろいろなタイプのバーチャルオフィスが存在しますし、実際にそこで仕事をしない場合は具体的な住所についてこだわる必要はありません。そのため、しっかり探せば自分に合ったところを見つけられるでしょう。

また、費用面に関して考慮することも非常に重要です。初期費用だけを予算に入れるのではなく、月々の支払いも計算に入れておくことがポイントになります。長く借りる場合は更新する必要がありますが、その際に手数料が発生したり月々の支払額がアップしたりすることも視野に入れておきましょう。そう聞かされると、負担が大きいと感じるかもしれませんが、一般的なオフィスよりも価格は安く設定されているのが一般的です。オプションを何も付けなければ、年間の総額が10万円を下回るとこもあるぐらいです。そのため、特に賃料の高い都会では大きな差が生じています。ただし、油断をしてやみくもに借りるのは良くありません。解約するときに費用が発生するケースもあるなど、予想外の出費が生じることも起こりえます。したがって、トータルでいくら必要なのか事前に把握しておくことが重要です。

その他の注意点としては、必ずしも期待どおりの機能を発揮してくれるとは限らないことが挙げられます。たとえば、登記に関しては、認めてもらえない業種も存在するのです。一口にビジネスといっても、東京ではさまざまな業種の仕事が営まれています。自分の業種でも問題がないことを事前に確認しておきましょう。バーチャルオフィスが、東京でビジネスをしたい人の可能性を広げてくれるのは間違いありません。仕事に利用する以上、機能や費用について契約前に不明な点をなくしておくことが大切です。

【東京都内23区のバーチャルオフィスまとめ】
東京のバーチャルオフィス千代田区のバーチャルオフィス
中央区のバーチャルオフィス港区のバーチャルオフィス
新宿区のバーチャルオフィス文京区のバーチャルオフィス
台東区のバーチャルオフィス墨田区のバーチャルオフィス
江東区のバーチャルオフィス品川区のバーチャルオフィス
目黒区のバーチャルオフィス大田区のバーチャルオフィス
世田谷区のバーチャルオフィス渋谷区のバーチャルオフィス
中野区のバーチャルオフィス杉並区のバーチャルオフィス
豊島区のバーチャルオフィス北区のバーチャルオフィス
荒川区のバーチャルオフィス板橋区のバーチャルオフィス
練馬区のバーチャルオフィス足立区のバーチャルオフィス
葛飾区のバーチャルオフィス江戸川区のバーチャルオフィス
【路線別バーチャルオフィス一覧】
山手線のバーチャルオフィス京浜東北・根岸線のバーチャルオフィス
湘南新宿ラインのバーチャルオフィス横浜線のバーチャルオフィス
中央・総武線のバーチャルオフィス埼京線のバーチャルオフィス
京葉線のバーチャルオフィス
東京メトロ銀座線のバーチャルオフィス東京メトロ丸の内線のバーチャルオフィス
東京メトロ日比谷線のバーチャルオフィス東京メトロ東西線のバーチャルオフィス
東京メトロ千代田線のバーチャルオフィス東京メトロ有楽町線のバーチャルオフィス
東京メトロ半蔵門線のバーチャルオフィス東京メトロ南北線のバーチャルオフィス
東京メトロ副都心線のバーチャルオフィス
都営地下鉄大江戸線のバーチャルオフィス都営地下鉄新宿線のバーチャルオフィス
都営地下鉄三田線のバーチャルオフィス都営地下鉄浅草線のバーチャルオフィス
京成線のバーチャルオフィス京王線のバーチャルオフィス
東急東横線のバーチャルオフィス東急田園都市線のバーチャルオフィス
京浜急行のバーチャルオフィス小田急小田原線のバーチャルオフィス
ゆりかもめ線のバーチャルオフィスりんかい線のバーチャルオフィス
札幌市営地下鉄のバーチャルオフィス仙台市営地下鉄のバーチャルオフィス
名古屋市営地下鉄のバーチャルオフィス東海道線(名古屋)のバーチャルオフィス
京都市営地下鉄のバーチャルオフィス大阪メトロ御堂筋線のバーチャルオフィス
東西線(大阪)のバーチャルオフィス広島電鉄のバーチャルオフィス
福岡市営地下鉄のバーチャルオフィス
【都道府県のバーチャルオフィス一覧】
北海道のバーチャルオフィス青森のバーチャルオフィス
岩手のバーチャルオフィス宮城のバーチャルオフィス
福島のバーチャルオフィス山形のバーチャルオフィス
秋田のバーチャルオフィス茨城のバーチャルオフィス
埼玉のバーチャルオフィス群馬のバーチャルオフィス
栃木のバーチャルオフィス千葉のバーチャルオフィス
神奈川のバーチャルオフィス山梨のバーチャルオフィス
福井のバーチャルオフィス石川のバーチャルオフィス
富山のバーチャルオフィス静岡のバーチャルオフィス
岐阜のバーチャルオフィス長野のバーチャルオフィス
三重のバーチャルオフィス京都のバーチャルオフィス
愛知のバーチャルオフィス滋賀のバーチャルオフィス
大阪のバーチャルオフィス岡山のバーチャルオフィス
島根のバーチャルオフィス鳥取のバーチャルオフィス
和歌山のバーチャルオフィス奈良のバーチャルオフィス
兵庫のバーチャルオフィス広島のバーチャルオフィス
高知のバーチャルオフィス愛媛のバーチャルオフィス
香川のバーチャルオフィス徳島のバーチャルオフィス
山口のバーチャルオフィス福岡のバーチャルオフィス
佐賀のバーチャルオフィス長崎のバーチャルオフィス
熊本のバーチャルオフィス大分のバーチャルオフィス
宮崎のバーチャルオフィス鹿児島のバーチャルオフィス
沖縄のバーチャルオフィス
【各都市のバーチャルオフィス】
札幌市のバーチャルオフィス仙台市のバーチャルオフィス
盛岡市のバーチャルオフィス郡山市のバーチャルオフィス
宇都宮市のバーチャルオフィス高崎市のバーチャルオフィス
さいたま市のバーチャルオフィス千葉市のバーチャルオフィス
船橋市のバーチャルオフィス横浜市のバーチャルオフィス
川崎市のバーチャルオフィス鎌倉市のバーチャルオフィス
金沢市のバーチャルオフィス長野市のバーチャルオフィス
名古屋市のバーチャルオフィス一宮市のバーチャルオフィス
京都市のバーチャルオフィス大阪市のバーチャルオフィス
神戸市のバーチャルオフィス姫路市のバーチャルオフィス
福岡市のバーチャルオフィス那覇市のバーチャルオフィス
【エリア別のバーチャルオフィス】
市ヶ谷エリアのバーチャルオフィス水道橋エリアのバーチャルオフィス
飯田橋エリアのバーチャルオフィス神保町エリアのバーチャルオフィス
池袋エリアのバーチャルオフィス大手町エリアのバーチャルオフィス
上野エリアのバーチャルオフィス銀座エリアのバーチャルオフィス
新橋エリアのバーチャルオフィス日本橋エリアのバーチャルオフィス
麹町エリアのバーチャルオフィス赤坂エリアのバーチャルオフィス
六本木エリアのバーチャルオフィス秋葉原エリアのバーチャルオフィス
高田馬場エリアのバーチャルオフィス青山エリアのバーチャルオフィス
表参道エリアのバーチャルオフィス丸の内エリアのバーチャルオフィス

  • この記事を書いた人

バーチャルオフィス大辞典編集部

バーチャルオフィスについての様々な情報を編集しています。バーチャルオフィスの利用を検討されている方に必要な情報を収集し記事にまとめています。

-よく検索されているキーワード
-, ,

Copyright© 東京バーチャルオフィス大辞典|東京のバーチャルオフィスを中心に解説 , 2020 All Rights Reserved.