MENU

    バーチャルオフィス 東京 駅近

    ビジネスを行うにあたって、オフィスの場所や存在が重要になるということが実際にあり得ます。販売している商品やサービスの種類にもよりますが、何かしらの商品やサービスを購入する際に相手先企業の情報を確認するということはあるものです。しかしながら商品やサービスを販売する側にとっては、ある程度の規模になるまでは必ずしも実在するオフィスが必要ではない場合もあり得ます。ベンチャービジネスや個人事業主としての活動をしている段階では、オフィスに常駐するスタッフを必要としない状態もあり得ますので、経費の節約のために安価な集合住宅の一室を借りて、あるいは自宅兼事務所という登記をするケースも珍しくはないのです。

    実際に自宅の住所やマンションやアパートの一室を会社の所在地としている場合、それが悪いということはないのですが困ったことになるケースは存在しています。それはビジネスの中で信用を得るのに障害となる場合があるということです。名刺や会社のパンフレットを作製した場合、その所在地に明らかに一般住宅を窺わせる住所が書かれていた場合、商品やサービスの購買側はある程度の不安を感じることになるでしょう。この会社は規模が小さいのではないかという気持ちを抱くことになるのです。繰り返しにはなりますが、この様な状態は決して悪いことでも珍しいことでもありませんが、ビジネスにおいてはマイナス要因になる可能性はあるのです。

    バーチャルオフィスという仕組みはそのような問題の解決の一助になります。この名称からは実際には存在しないオフィスというイメージを抱く人がいるかもしれませんが、いわゆるペーパーカンパニーとは違って実際に存在する住所にオフィスがあります。その住所に実際に足を運ぶこともできますし、サービスによってはセミナールーム、会議室と言ったビジネスに必要な設備があることも珍しいことではありません。そしてそこに常駐するスタッフも存在しているというサービスもあり得ます。東京などでは駅近物件にそのようなバーチャルオフィスがあるということもあるのです。

    では何が違うのかというと、一つの住所に複数の企業が同居しているという点が最大の特徴になります。一般的にはレンタルオフィスのような賃貸物件を借りて、そのスペースを占有するというのが基本的な形になりますが、バーチャルオフィスではそのオフィスの所在地の住所を借りるとともに、ビジネスに必要なスペースを借りることが出来るという仕組みが提供されているのです。勿論占有できるスペースではありませんので一定のルールに従ってしか利用することはできませんが、実際にオフィス機能が必要な場合には駅近の便利なロケーションの物件をビジネスに活用することが可能です。

    この様なバーチャルオフィスを活用するという手法は東京などでは徐々に普及しています。地価の高い東京では、発展途上のビジネスにおいて信用を得るために見た目の良い会社所在地を必要としている場合の選択肢として人気があります。実際にレンタルオフィスなどを確保しようとするとかなり高額な維持費が必要となり、それはビジネスにおいて大きな足かせになるでしょう。そんなことをしなくてもビジネスにおける一等地に会社の住所を堂々と置き、必要に応じてその施設を利用することが出来る権利を得ることが出来るのです。実際に占有のオフィスを借りることを考えると、半分以下のコストでオフィスを構えることが出来るとも考えられます。

    この様なサービスを利用しながらビジネスを拡大し、ある程度大きくなった段階で実際のオフィスを構えるというのがベンチャービジネスの発展過程では有効な道筋になる場合もあるでしょう。バーチャルオフィスはそのようなビジネス初期の段階で活躍する仕組みとして人気があります。勿論メリットだけではなくデメリットも存在しており、この仕組みでは利用することのできないものもいくつかあります。自分自身のビジネスとの相性をよく考えた上で、東京駅近のビジネス一等地にオフィス住所を構えることが出来るメリットの恩恵を大きく受け取ることが可能であるのであれば、実際の利用を考えるという流れが望ましいでしょう。

    バーチャルオフィスとは実際に占有スペースとしてのオフィスを構える必要が無い段階のオフィスにおいて、ビジネスにおける魅力的な場所に会社の住所を置くことが出来るリーズナブルな選択肢として注目されているものです。サービスによっては実際に利用できる場所の提供も可能であり、これから拡大を始めるベンチャービジネスの最初の一歩として魅力的な環境を提供してくれます。自宅住所や賃貸住宅の一室を会社住所にすることは信用という側面からあまり魅力的なものではありませんので、会社のイメージ戦略としても有効に機能するように良い場所に安価に会社住所を置く方法としても注目される手法になっています。
    [originalsc]

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次