MENU

    バーチャルオフィス 東京 費用

    バーチャルオフィスとは、文字通り仮想の事務所を設置できるサービスのことを言います。近年ではパソコンやインターネットなどが普及することで、クラウドサービスなどを利用して会社に行かずに働くという人は増えてきています。実際に仕事をする場所は自宅であったり、クライアント先であるため仕事をするためのオフィスを必ずしも構える必要がなくなっているのです。しかし、事業を行っていく上で住所を持つということは法人・個人事業主としての信頼性にもつながっていきます。そのため、必ずしもオフィスが必要ではないけれど会社の住所が欲しい、個人の住所を公開するのに抵抗があるという人などに向いていいるサービスです。

    そんなバーチャルオフィスは東京ではいろいろな場所で借りることができます。また、月々にかかる費用もオフィスによって大きく異なってきます。1000円以下から借りられるものか、数万円支払ってサービスを受けられるなど価格帯はいろいろです。住所だけを利用できるところもあれば、住所だけではなく電話秘書サービスや会議室などを借りられるところもあります。いろいろな場所があるため、選ぶときに迷ってしまいますが、サービス内容や料金などを比較して選ぶことで自分にあったオフィスを選ぶことができます。

    バーチャルオフィスには、格安なところと高級なところがあります。一般的に格安のバーチャルオフィスの場合には、月額基本料2000円以下というところの傾向は、使用できる住所は一等地や人気エリアとは離れていてローカルなエリアにあることが多いです。オフィスのグレードも賃貸オフィスではなく賃貸マンションの一室の住所を提供している事業者もいて、オフィスの設備も来客を想定していないことも多いです。打ち合わせを行うための会議室や、事務作業を行うスペースもないためオフィスとしての機能はない傾向です。

    また、受付スタッフもいるところありますが、無人運営しているところも多いとされています。比較的賃貸が安いエリアにあることが多いため、アクセスも悪くなっています。費用は全体的に安くはありますが、住所などいの登録情報を変更するためには事務手数料が発生したり、郵便物を転送するのに手数料や実費などが発生することもあるため注意が必要です。一般的にバーチャルなオフィスでは郵便物の転送は基本料金に含んでいることが多いですが、格安の場合にはオプションとして提供されてオプション料も発生します。格安の場合には、オフィスと契約するための審査は簡単に行われます。簡単に行われるということは自分も契約しやすいことではありますが、不正利用する人にとっても契約しやすく、その契約のしやすさがトラブルに繋がることも考えられます。

    高級な月額基本料10000円以上のオフィスの場合、使用できる住所が一等地や人気エリアにあることが多いです。誰でも知っている地域であれば、その分顧客の信頼度が高まります。オフィスのグレードも人気エリアなどに相応しく、高層ビルなどを利用していて、設備も内装にこだわるオフィスが多い傾向にあります。打ち合わせのできる会議室が豊富にあったり、VIPを招くための役員室や大人数を集められるセミナールームなども完備されています。シェアオフィスやレンタルオフィス事業を行っている事業者が多いため、基本的に受付スタッフも用意されています。オフィスの中にはバイリンガルスタッフが在籍しているところもあり、海外とのビジネスを行う人でも安心して利用することができます。また、アクセスもよくターミナ駅などにオフィスが構えられています。様々な路線からアクセスできたり、最寄り駅から徒歩数分で行けるなど便利です。料金体系は、オフィスによって異なりますが、他店舗の利用や電話秘書サービスなどがセットになって提供されることが多いとされています。当然郵便物の転送などのサービスも行ってもらえます。

    バーチャルオフィスにかかる費用は、オフィスの住所や設備、アクセスなどによって大きく変わってきます。東京だからこそおしゃれで人気のエリアにオフィスを構えたという人もいるかと思いますが、人気のエリアはその分だけ費用は大きくなってしまいます。しかし、格安のバーチャルオフィスはアクセスしにくいなどの利用のしにくさがあります。費用を基準に選ぶという選択肢もありますが、料金だけに注目して選んでしまうと利用しにくくなってしまうことが考えられます。

    選ぶ場合には、費用を気にするだけではなくどんな目的で利用したいのか、自分はどんなサービスを利用したいのかなどをはっきりさせることが重要です。住所だけ利用したいのであれば格安で十分ですが、会議室や電話秘書サービスなどを使いたい場合には、料金が高くてもサービスの充実したところを選んでいきます。初めからお金のことだけを考えるのではなく、自分の目的にあったオフィスを選んでから料金で決めるなどがおすすめの決め方です。
    [originalsc]

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次