MENU

    バーチャルオフィス 東京 法人登記

    住所や電話番号が借りられるバーチャルオフィスは、法人登記を検討する人にとって、とても便利なサービスだといえます。月額料金は基本料だけなら数千円程度ですし、オプションをつけてもそれほど費用が大きくならないのがポイントです。また、普通にオフィスを借りると高額になりがちな東京でも、バーチャルながらも現実的な金額で借りることができます。都内に拠点となる住所を持っていれば、それだけで一定の信頼が得られますし、法人として会社設立を行えばビジネスチャンスに変わります。活動拠点を都内に置くなら、バーチャルよりもレンタルの方が便利ですが、都外も活動エリアに含めるならバーチャルでも十分です。むしろ、住所に縛られることがなくなるので、フットワークの軽い活動が実現するでしょう。

    バーチャルオフィスというと、コンピュータの中にのみ存在するオフィスといったイメージがあります。しかし実際はオフィスとして機能しますし、東京のサービスなら都内の法人登記が可能なので、間違いなく住所や電話番号に加えて活動拠点が手に入ります。法人に認められれば、銀行の法人口座が開設できたり、節税において個人よりも有利になります。つまりバーチャルといっても言葉の印象とは大きく異なり、様々なメリットが得られるわけです。通常のオフィスは、賃貸だとしても高額ですし、毎月固定費が最低でも数十万円単位で出ていきます。しかも、イニシャルコストも馬鹿になりませんから、一般的なやり方で法人登記をしようとすると気が遠くなるでしょう。東京は都内の家賃が高く、一等地となれば非常に高額なので、誰でも気軽に借りられるわけではないです。ところが、バーチャルオフィスだといくつかの制約はあるものの、賃貸のオフィスと同様に使える拠点が手に入れられます。

    都心の公共交通機関が充実する場所も選べるので、よくよく考えてみるとかなりのメリットがあります。自宅を会社として登記したくない、あるいはビジネスとプライベートを分けたい、そういう人のニーズにもマッチします。電話やFAX、郵便物はどうなるのかといえば、前者は転送サービスが利用できますし、後者も指定の住所に送ってもらうことになります。
    勿論料金は発生しますが、高額な家賃でオフィスを借りるのに比べれば、微々たる出費に留まるでしょう。それに、バーチャルオフィスを提供するサービスであれば、法人登記の代行も提供していたりします。手続きの大部分を任せられますから、自分は他のことに時間を掛けられますし、代行サービスのお陰で早くビジネスの立ち上げができます。嬉しいことに、東京ではこのようなサービスが充実していて、一等地を中心に選択肢が増えています。理由は一等地を住所に登記したいニーズが多く、沢山の利用者が望めるからだといえるでしょう。

    いずれにしても、バーチャルオフィスは基本的な機能だけだとリーズナブルで、オプションが自由に選べるのが基本です。融資の相談ができたり、利用可能な補助金や助成金のアドバイス、サポートを提供する専門家を用意するサービスまであります。税理士や社会保険労務士、中小企業診断士などと提携しているサービスなら、法人登記に加えて会社設立以降のサポートにも期待できます。社員数が少なく実質的に1人だったりすると、会社設立も他のことも手が回らず、上手く会社を立ち上げられないことが少なくないです。その点、サポートやオプションが充実のバーチャルオフィスサービスを利用すると、イニシャルコストだけでなく手続きや作業の負担が減らせます。

    起業は誰でも最初は意気込みが強く、勢いで何とかなると思いがちです。ただ、実際には無理をすると後に響きますし、人員不足で上手くいかないことの方が多いです。そんな事態を避ける意味でも、少ないコストでサポートが受けられるサービスの利用は合理的ですし、ビジネスを成功させたいなら前向きに検討すべきでしょう。東京はビジネスチャンスが沢山転がっていますし、掴むことができれば成功の道が開けます。法人登記はその第一歩で、躓くことはできませんから、しっかりとした足取りで一歩を踏み出せる準備をしたいところです。

    バーチャルはバーチャルでも、東京にオフィスがあると活動の幅が広がり、将来的な取引相手が向こうからコンタクトしてくることもあり得ます。一部の業種は開業に利用できませんが、それは一部の専門的な職業に限られているので、大多数の人に影響しない制約です。社会保険の加入は可能ですから、加入できないというのは誤解ですし、特に条件は厳しくないので安心です。自宅が作業場で住所のみ都心に移したい、もしくはプライバシーを確保して仕事に取り組みたい、こういった希望がある人にサービスの利用がおすすめできます。デメリットらしいデメリットはなく、僅かな月額料金でもメリットが上回りますから、利用を検討して活用しない手はないでしょう。
    [originalsc]

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次