MENU

    バーチャルオフィス 千代田区 費用

    バーチャルオフィスとは、法人登記や個人事業主などに対して住所を貸すというサービスです。近年では、クラウドサービスなどが発達することによって必ずしも、会社に行って仕事をするという必要性がなくなってきています。実際に仕事をするのは自宅だったり、クライアント先であるため仕事をする場所が必ずしも必要ではないという人が増えてきています。しかし、事業を行っていく上では住所があるということは、個人事業主などにとっては重要な意味を持ちます。そんな人のために住所を貸すのがバーチャルオフィスの1番の提供サービスです。

    特に自宅に法人登記をしたいけれど、マンションなどの登記ができない場所に住んでいる、オフィスが入らない業態である、自宅住所を公開することを避けたい人などに向いています。このサービスに契約することによって、起業する時のイニシャルコストを下げることができる、オフィスを借りるよりもコストを圧倒的に下げられる、一般的には比較的良い立地に法人登記できるなどのメリットが得られます。また、住所を貸すだけではなくいろいろなサービスを受けることができます。事業を始めると必ず郵便物は届くようになりますが、その住所に届く郵便物を受け取ってくれたり、電話番号やファックス番号を利用することができる、会議室を利用するでいる、条件付きによってはデスクなどを利用する事も可能です。このようなサービスが有料か無料かは、契約するところによって異なるため、利用する場合には費用だけで決めるのではなく、住所を貸してもらえるサービスだけではなく他のサービスも考慮して選んでいくことがおすすめとなります。

    そんなバーチャルオフィスは様々なところで借りることができます。
    千代田区にもたくさんのバーチャルオフィスがあるため、費用やサービスなど様々な点から考慮して選ぶことができます。千代田区といっても様々なエリアがあって、場所によって料金なども変わってきます。

    ■九段下駅エリアにあるバーチャルオフィス
    九段下駅エリアにあるバーチャルオフィス は、渋谷や錦糸町、高田馬場、新宿などから気軽にアクセスすることができます。駅近なためクライアントを招くのにも便利となっています。
    東京のビジネスの中心である千代田区にあるため、自分で借りることが難しい銀行名の入った住所へ登記できるため外部からの信頼度を高められます。オフィスも用意されていて、クライアントが招きたくなるようなおしゃれな空間となっています。会議室は2名用からセミナールームまで用意されているため、面談からセミナー、交流会など目的に合わせて会議室は借りられます。そんなサービスを受けられるバーチャルなオフィスは、月々の料金が4500円から借りられます。初期費用としては入会金15000円、保証金30000円とリーズナブルに借りられるのが特徴です。

    ■神保町エリアにあるバーチャルオフィス
    神保町駅から徒歩5分のオフィスでは、普段はオフィスを必要としないけれど、ビジネスを行う上で拠点だけが必要なとき、必要な打ち合わせを行うスペースが欲しい人に向いています。また、これからビジネスを始めたいけれど初期費用を抑えたいという人に合わせたプランを選べます。
    料金は、ライトプラン月額3500円、スタンダードプラン月額6000円、リッチプラン月額10000円と自分にあったプランを選べるようになっています。

    ■神田エリアにあるバーチャルオフィス
    神田エリアにあるバーチャルオフィスの特徴は、会社設立後に送られてくる郵便物を代行して受け取り、週末に転送してくれるサービスがあるということが挙げられます。また、東京03番号で発着信できる転送電話サービスや、専門スタッフがかかってきた電話を代行対応して用件をメールで報告する秘書代行、インターネットに接続されたPCだけでFAXを送受信するサービスなどが受けられます。かかる費用は、ライトプラン月額4300円、スタンダードプラン月額7300円、ビジネスプラン月額10300円、プレミアムプラン月額14300円です。

    ■平河町エリアにあるバーチャルオフィス
    平河町エリアにあるバーチャルオフィスでは、半蔵門・麹町ともに駅から徒歩3分の立地の住所が借りられるところもあります。最新の個室レンタルオフィスも借りることができ、バーチャルのオフィスの場合は月額1980円とリーズナブルな価格で借りることができます。皇居沿いのため信用力の高い拠点となります。

    他にも、チェアデスクオフィスやフリーアドレス型シェアオフィスなどのビジネスシーンに合わせて様々なサービスプランが用意されているところや、ワークスペースを低価格で利用できるサービスが行われているところなど様々なバーチャルオフィスがあります。

    様々なオフィスがありますが、借りる場合には住所のイメージだけで決めずに利用することが重要です。契約前に細かい住所の違いを確認して、本店移転や住所移転のことも考えて管轄内に税務署や銀行があって便利なのか、郵便サービスはどれぐらいの頻度で転送してもらえるかなどをチェックしてから選びます。”
    [originalsc]

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次