MENU

    バーチャルオフィス 千代田区 住所利用

    近年はスモールビジネスを行ったりフリーランスとして働くといった形で、様々な働き方が広まってきました。そのようなフリーランスを中心に人気が出ているのが「バーチャルオフィス」であり、起業を検討しているような人にはとてもおすすめな形です。今回はそれについて一体どういったものなのか、そしてその実態は一体どうなっているのかといったこと、それからメリットやデメリットなどについて説明していきますので、しっかりとそれについて理解して企業の売上アップにつなげていきましょう。

    まずこれは一体どういったものなのかと言うとレンタルオフィスなどと比較することによって、その実態が明確になってきます。オフィスの事務所に必要な備品や通信設備などがしっかりと備わっているような空間で、そこで仕事をするような場所となっています。複数名が同じ場所で仕事をしていくコワーキングスペースとは違って個室という形になっているタイプです。貸事務所とはほとんど変わらないような機能を持っているような理解で、問題がないかと思います。レンタルオフィスの中には、椅子や机などといった備品も最初から備わっていることなども多く、会議室などとして利用して打ち合わせなどを行うこともできるようにもなっています。オプションサービスなどが幅広く用意され、住所を登記することも可能です。その一方でバーチャルオフィスの場合はそうしたものとは根底から異なります。実際にそこの場所を仕事場として利用しないと言う事です。必要な住所利用電話番号などといった部分だけを利用することによって、名刺やウェブサイトなどにその住所を記載することができるようになります。

    ■なぜバーチャルオフィスを利用するのか。
    バーチャルオフィスを利用することにおいてのメリットについては、枚挙にいとまがありません。普通の賃貸オフィスや貸事務所などを利用したような場合には、毎月の家賃がかなり高額になりますし、敷金や保証金礼金なども必要になってくると言う事を、見落としてはいけないでしょう。何しろ千代田区などの東京の一等地などに事務所を構えているという方が多く、仕事を取られる傾向がありますが、実際にそのような場所に事務所を構えようとすれば、相当高額の値段が必要になってきます。新宿などは日本でも特に土地代の高い土地として有名ですし、またそのようなオフィスを構えていると留守番スタッフなどを雇われてはいけなかったりインターネットの通信回線なども、また別に必要になってきます。それから電話代や固定電話代それからOA機器のリースメンテナンス費用などといった設備に関する費用も、莫大にかかってきてしまうと言う事が考えられます。しかしながらこのサービスを利用することによって、実際のところ毎月の利用料に関してはかなり安く抑えられる、と言う事はまず間違いがありません。ほとんど住所と電話番号だけを利用すれば良いだけになるため、コストなど他にもかかりませんし、電話代や電気代などもおとん全くかからないというような感情になってきます。このシステムは非常に有益であると言う事は、まず間違いがないでしょう。それでいながら非常に東京の一等地などに住所を記載できるため金融機関や公的機関などから信用してもらえる、という可能性が非常に高くなってくるのです。

    ■バーチャルオフィスの、間違いのない選び方。
    もちろんこのようなバーチャルオフィスを利用する場合には、しっかりとその選別をしておくことがとても大切になってきます。そのひとつとしてまず大事になってくるのは、運営スタッフがしっかりと入る場所かどうかといったことです。優れた人材確保育成を積極的に行っているような場所も多いですが、しっかりとそのようなオフィススタッフが簡単に連絡が取れる状態にしておかないと、何かトラブルがあった時などにすぐに連絡が取れないと言ったことで仕事が止まってしまう可能性も、考えられなくはないからです。店舗数やっ拠点数などをチェックしたりそのバーチャルオフィスの運営が今後も続いていくのかどうか、といったことについてはよくチェックしておくことがおすすめです。以上のようなことによく気をつけながら適切なものを選ぶことによって、最適なサービスなどが受けられるようにもなりますし、プライバシーなどを明かさずに働くことができるようになっていくという点では、女性経営者などにとってもありがたいサービスということが言えます。
    [originalsc]

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次