MENU

    バーチャルオフィス 千代田区 ベンチャー

    新規でビジネスを始めるときに必要なものはいくつかありますが、その中の一つのオフィスを挙げる経営者も少なくありません。スモールビジネスからスタートする場合には、無理をしてオフィスを構えても基本的に誰もいない状態が続いてしまうこともあるため、それなら自宅兼オフィスにしてしまおうというのが一般的に多く選択されてきた対応です。しかしながら自宅住所であればまだしも、マンションやアパートの一室が本社所在地となってしまうことは、思いのほか対外的な信用に影響を及ぼすことが問題として挙げられます。

    例えばベンチャーとして活動するには新しいアイディアと情熱があれば、売り込みたいビジネスに関心を持ってもらえることもあるでしょう。しかしいざ契約をしようとした際に、その会社の住所が集合住宅の一室であるということが分かったときに何を思うかを想像してみましょう。ほとんどのケースで何となく不安を感じるのではないでしょうか。同じくベンチャービジネスからスタートしているクライアントであればそれほど気にならないこともあるかもしれませんが、プラスの評価につながることはまず考えられません。

    もしも同じ条件のビジネスを持ち掛けられた場合、わずかな差がサービスの選択を左右することは十分に考えられます。もしもそのような時に東京圏でビジネスを行っているのであれば、会社の謝罪値が千代田区になっているということは多き根メリットになるでしょう。ビジネス一等地に住所があるという事実は、たとえそれが見せかけのものであったとしても信用につながる可能性は十分にあるのです。

    しかしながらビジネスにおいて嘘はいけません。嘘ではない形でオフィスを構えるにはいくつかの選択がありますが、レンタルオフィスを使用するのでなければバーチャルオフィスという選択肢もあります。これは実際に存在しているオフィスの住所を借りる仕組みであり、サービスによっては実際に使用することが出来る会議室などを備えている場合もあるでしょう。レンタルオフィスとの大きな違いは専有できる場所ではないという点に集約されます。そこにはメリットとデメリットの両方がありますので、上手に活用することが求められます。

    バーチャルオフィスのメリットと言えば、ビジネスの一等地に安価なコストでオフィス住所を作ることが出来るという点にあります。架空の住所ではなく実際に存在している住所であるのが特徴であり、必要に応じて電話対応や郵便物の処理、それに加えて会議室の貸し出しなど限定的にオフィスの機能を利用することが出来ます。ビジネスの一等地にオフィスを構えるというのはそれだけでかなり大きな維持費を必要としますが、バーチャルオフィスであれば比較的安価なコストでこれらをそろえることが可能です。

    そのような選択をすることで見た目の信用は格段に上がることになるでしょう。全く同じ内容であったとしても会社の住所が集合住宅である場合と千代田区の一等地では印象には雲泥の差があります。このメリットを生かしたいと考えているのであればお勧めできます。この仕組みは全てのビジネスに有効であるというよりは、オフィス機能がまだ不要であるというレベルのスモールビジネス、あるいはベンチャービジネスの最初期の活用に向いています。

    一方でバーチャルオフィスにはデメリットも存在しています。その最大のものを挙げるとすれば、その住所が占有されるものではないという点にあります。具体的には同じ住所にたくさんの企業が同居する形になるからです。実際にオフィス機能は存在していますが、使いたい時に自由に使えるものではありませんので、全て計画的に考えて利用しなければなりません。その意味ではコストの安さの影響もあって利便性には賭けるでしょう。

    この一つの住所に複数の会社が存在しているという状況はインターネット検索の際に問題を生じる可能性もあります。最近では高度な検索が容易にできる状況にあり、住所で検索をするとバーチャルオフィスであることはすぐにわかってしまう可能性があります。この辺りは正直にオープンにした対応をしなければ、ビジネスにおいて問題を生じる可能性があることは考えておくべきです。

    これらのメリットとデメリットをよく理解した上で利用するのであれば、バーチャルオフィスは非常に先進的な仕組みの活用であると言えます。コスト管理の面からもこの仕組みの活用は隠しておくべき内容でもありません。堂々と利用することで最大のメリットを享受していれば、そこは評価されることもあるでしょう。ベンチャー企業の場合には様々な仕組みを上手に活用して実利をつかんでいくことが非常に重要です。但し、この仕組みでは制度上活用することが出来ないものもいくつか存在しています。利用をするからにはそれらの制約についてもしっかりと理解をし、無駄の内容に対応するという姿勢も同時に求められるものであるのは言うまでもありません。
    [originalsc]

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次