MENU

    バーチャルオフィス 千代田区 コンサルタント

    東京都の千代田区にはいくつかのバーチャルオフィスが存在しています。独立開業を法人格で行うには、以前は資本金の括りがありましたが、現在では実質上撤廃されているので、低資金での起業も可能とされています。ただし、法人の手続きを取ったとしても、オフィスを千代田区に借りるにはまとまった資金が必要です。敷金礼金だけでも大きなお金になり、毎月に支払う家賃も高値です。更にオフィス運営では光熱費や通信機器費用、場合によっては事務員を雇う人件費等も掛かってしまい、それ以上の稼ぎを出すには最初の頃には難しいと判断する方も大勢存在しています。新規事業の多くは最初は売上の計画を立てていても、ノルマを達成することが難しかったり、利用者や消費者、取り引き先を開拓することも多大な時間が掛かると共に、信用を得るにはあらゆる手間が掛かります。1億円など事業資金を沢山持っている方であれば、数年間は赤い字経営でも構わないという方もいるのでしょうが、現実として資産を多く持っている方の方が圧倒的に少ないことも事実です。

    この資金面での問題を一気に解消できる方法がバーチャルオフィスを借りて事業を開始することです。日本でも有名な千代田区のバーチャルオフィスでも、利用料金は各種サービスを利用してもトータルで10,000円以下で利用可能なオフィスはあり、この金額には光熱費や電話受け付けの代行、通信費や郵送物の預かりサービスなども含んでいることが多く、他に持ち出し金は原則ありません。本当のオフィスを借りることに対しては、十分過ぎる節約を行うことができ、事務員を雇わなくても済ませられるので、最も圧迫する人件費も抑制できるサービスです。バーチャルオフィスを借りる方は、事業内容に一定の共通点というものはあり、他の場所をメインにして仕事をしている環境でも、本店登記だけを千代田区にすることに一切の問題が発生しない業種があります。その中にはコンサルタント業なども該当していて、仕業に分類される有資格者が独立して開業する際にはかなり向いている仕事です。コンサルタントの場合は、顧客からの依頼を受けて仕事をしますが、大体のケースで相手先企業に出向いて社内で仕事をする方法です。従って、自社所有の事務所が無くても何ら問題なく仕事を遂行することができ、依頼者と共に初回のカウンセリングにおいても、依頼者側の企業の会議室を利用する流れにするとスムーズな仕事を行えます。

    ここで、敢えて千代田区のバーチャルオフィスを利用してコンサルタント業を行うことの理由については、まずは、仕事が舞い込んでくる可能性が非常に高まることをあげられます。都内でも一等地になり近隣には多数の中小企業が事業を行っています。普通の会社だけではなく飲食業やサロン業などジャンルも豊富な店舗系の会社も非常に多いので、経営に問題が出ていると判断した各経営者はインターネットから近隣のコンサルタント会社を探すことが想定できます。その際に住所も近く信頼するに値する会社探しを行っていると、自社がヒットする確率が飛躍的に向上します。このことで仕事を上手く確保することができ、その後は口コミや評判によって更に仕事が増えたり、実績を積み重ねることにより、自社のホームページに書き込む内容も充実させられるので、開業と同時に短期間にて成功できる可能性が高まるという理屈です。

    東京都内には数多くの会社があることは誰しも理解していることですが、コンサルタントを利用する際に、敢えて郊外の都市にある住所の事務所を利用するという意味がありません。往々にして都内で営業中の会社に絞って依頼するものなので、住所だけを一等地にすることにはメリットだけが目立ちます。経営者はどこにいても基本的には問題がありません。流石に関西や東北、北海道など遠く離れ地域にいる方はレスポンスの問題が出てしまいますが、首都圏にお住いの方であれば、自宅で普通に生活を送ったままで仕事が入った際にスピーディーな対応が取れれば十分です。住んでいる自宅は一切問われないことになり、自社ホームページにもオフィスの住所は千代田区にしても違法性は全くなく、実際に法人登記する際の住所登録でも認められている現状があるので心配は無用です。たとえ古い賃貸アパートに住んでいても自宅がばれてしまうこともなく、プライバシーは守られた状態で仕事ができることにもメリットがあります。どのような生活環境を送っていても、仕事さえきちんと行っていれば、自然と評価は付けられるものです。実際に現在ではインターネット上に各企業のレビューなどを掲載しているサイトは山ほどあります。仕事をきちんと行って依頼者の満足度も高くなると、レビューも評価は必然的に高くなるので、インターネット上でも宣伝効果を生み出すことができます。コンサルタント業は仕事量が増えた後に、1人では対応が難しくなった時点で社員を雇う方法で会社を大きくできるので、それまでの期間はバーチャルオフィスを活用すると、後に必要とされる事務所開設費用を貯めることができるのではないでしょうか。
    [originalsc]

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次