起業・経営

起業形態による現状

2019年12月13日

働き方改革が言われるようになってから、残業カットの企業が多くなりました。残業代がなくなったことで、勤め先の収入だけでは不足するようになるため、本業に支障がない範囲での副業を認める企業も増えています。

政府が示した成長戦略実行計画では、兼業や副業をきっかけに起業する人が増えて経済が活性化することを期待しているといいます。高まる起業の機運と起業の現状をご紹介します。

増え始めた起業。最近の傾向とは?

起業というと、IT関係や新技術の開発などのビッグビジネスを連想しますが、最近の起業は、サラリーマンの副業からのケースが増えています。1~2人ではじめて、資本金は100万円以下の小規模です。

起業する内容は、在籍する会社で得た経験や知識を生かしたもの、趣味の領域を広げたものなどがあります。会社に勤務しながら副業として始めて、軌道に乗ってから独立開業する人が多く、月商は100万円を下回る程度の堅実なビジネスをして、起業初年度から黒字経営になっています。

ただし、勤務していた会社と同業種で独立するときは、前職と競合にならないように気をつけないとトラブルになります。
顧客リストを持ち出すなどの違法行為がなければ、競合したとしても法律上は問題ないのですが、裁判になれば営業に支障が出てしまうので、十分に気をつけたいポイントです。

シニア起業家は独自の形態で増えている

シニアの定義でいえば、55歳以上が該当します。起業するシニアは、定年退職後の60歳以上が多いのですが、最近では、早期退職を促す企業もあるので、退職して50代半ばで起業する人も増えています。

基本的には、副業から独立開業する場合と同じように前職の経験や知識・技術を生かした業種で起業するか、昔からの夢を叶えるために趣味を本業にしようとするケースに分かれます。

シニアの起業は、年齢からくる体力の衰えや健康上の不安から、法人化せずに個人事業主のままで営業するケースが多く、特に、趣味を本業にするような場合はビジネスの意識が低いので、あまり収益が上がらなくても満足している傾向にあります。

退職後の蓄えが十分であれば、趣味の起業でもいいのですが、年金の受給が70歳以降になりそうなご時勢の中、定年退職後10年近く生活費を稼がなくてはいけません。前職に再雇用の道もあるかもしれませんが、在職中の地位や給与から下がってしまうことに耐えられずに起業する人が多いようです。

気力体力に多少の衰えはあっても、在職中の経験や人脈は大きな財産です。社会貢献を視野に入れて起業すれば、企業で働いていたときよりやりがいのある仕事ができるでしょう。

学生の起業は思いのほか増えていない

マイクロソフトのビル・ゲイツ、アップルのスティーブ・ジョブズ、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグなど、学生時代に起業して大成功を収めてる例がアメリカではよく見られますが、日本では、学生起業家が大きく育つ環境ができていません。

就職活動が横並びで行われる日本では、新卒の枠組みから外れるとなかなか就職が難しいという背景もあります。就職の道をあきらめて起業することに二の足を踏む学生が多く、優秀な学生ほど大手企業や公務員などの安定した就職の道を選ぶようです。

ただ、学生は柔軟な思考と斬新な発想力でビッグビジネスを生む可能性があります。乏しい資金力は、学生起業家向けのファンドや学生の起業を後押しする大学の制度でカバーしてチャレンジすることもできます。

若いうちに起業すると、たとえ失敗してもそれがいい経験となり、次の起業の糧になります。独立開業は難しくても、自分の発想を生かせる企業に出会えれば企業の中でやりがいのある仕事に就けるでしょう。

自宅ビジネス中心で増えている専業主婦の起業

女性の起業は、会社に勤めていたころの仕事を独立して始める形態が多いようです。前職中に築いた人脈から独立をすすめられるなど、失敗のない方法で起業しています。正社員でバリバリ働いていた人ほど、起業後の経営が軌道に乗りやすい傾向にあります。

専業主婦においては、家計の足しにする目的での起業は減っています。背景には、昨今のパート・アルバイトの需要の増加と時給の高騰があります。資金を投じて起業するリスクをかけるより、パートで稼いだ方が割に合うというわけです。

子どもが小さくて家を離れることが難しければ、リスクの低い起業として、ネット通販など、子育てしながらパソコン1つでできる在宅ビジネスを始める方法があります。

また、子どもに手がかからなくなったといっても、専業主婦が再就職を考えたときに、なかなか就職先が見つからないのが現状です。子どもから手が離れた専業主婦は、自宅を利用してでできるビジネスで起業をする人が多いようです。

自宅を改造したカフェや雑貨などの小売店を始める、趣味を生かせる教室を開くなど、パートやアルバイトでは得られない充実感を求めて、地域貢献や自己実現につながる起業が多くみられます。

【東京都内23区のバーチャルオフィスまとめ】
東京のバーチャルオフィス千代田区のバーチャルオフィス
中央区のバーチャルオフィス港区のバーチャルオフィス
新宿区のバーチャルオフィス文京区のバーチャルオフィス
台東区のバーチャルオフィス墨田区のバーチャルオフィス
江東区のバーチャルオフィス品川区のバーチャルオフィス
目黒区のバーチャルオフィス大田区のバーチャルオフィス
世田谷区のバーチャルオフィス渋谷区のバーチャルオフィス
中野区のバーチャルオフィス杉並区のバーチャルオフィス
豊島区のバーチャルオフィス北区のバーチャルオフィス
荒川区のバーチャルオフィス板橋区のバーチャルオフィス
練馬区のバーチャルオフィス足立区のバーチャルオフィス
葛飾区のバーチャルオフィス江戸川区のバーチャルオフィス
【路線別バーチャルオフィス一覧】
山手線のバーチャルオフィス京浜東北・根岸線のバーチャルオフィス
湘南新宿ラインのバーチャルオフィス横浜線のバーチャルオフィス
中央・総武線のバーチャルオフィス埼京線のバーチャルオフィス
京葉線のバーチャルオフィス
東京メトロ銀座線のバーチャルオフィス東京メトロ丸の内線のバーチャルオフィス
東京メトロ日比谷線のバーチャルオフィス東京メトロ東西線のバーチャルオフィス
東京メトロ千代田線のバーチャルオフィス東京メトロ有楽町線のバーチャルオフィス
東京メトロ半蔵門線のバーチャルオフィス東京メトロ南北線のバーチャルオフィス
東京メトロ副都心線のバーチャルオフィス
都営地下鉄大江戸線のバーチャルオフィス都営地下鉄新宿線のバーチャルオフィス
都営地下鉄三田線のバーチャルオフィス都営地下鉄浅草線のバーチャルオフィス
京成線のバーチャルオフィス京王線のバーチャルオフィス
東急東横線のバーチャルオフィス東急田園都市線のバーチャルオフィス
京浜急行のバーチャルオフィス小田急小田原線のバーチャルオフィス
ゆりかもめ線のバーチャルオフィスりんかい線のバーチャルオフィス
札幌市営地下鉄のバーチャルオフィス仙台市営地下鉄のバーチャルオフィス
名古屋市営地下鉄のバーチャルオフィス東海道線(名古屋)のバーチャルオフィス
京都市営地下鉄のバーチャルオフィス大阪メトロ御堂筋線のバーチャルオフィス
東西線(大阪)のバーチャルオフィス広島電鉄のバーチャルオフィス
福岡市営地下鉄のバーチャルオフィス
【都道府県のバーチャルオフィス一覧】
北海道のバーチャルオフィス青森のバーチャルオフィス
岩手のバーチャルオフィス宮城のバーチャルオフィス
福島のバーチャルオフィス山形のバーチャルオフィス
秋田のバーチャルオフィス茨城のバーチャルオフィス
埼玉のバーチャルオフィス群馬のバーチャルオフィス
栃木のバーチャルオフィス千葉のバーチャルオフィス
神奈川のバーチャルオフィス山梨のバーチャルオフィス
福井のバーチャルオフィス石川のバーチャルオフィス
富山のバーチャルオフィス静岡のバーチャルオフィス
岐阜のバーチャルオフィス長野のバーチャルオフィス
三重のバーチャルオフィス京都のバーチャルオフィス
愛知のバーチャルオフィス滋賀のバーチャルオフィス
大阪のバーチャルオフィス岡山のバーチャルオフィス
島根のバーチャルオフィス鳥取のバーチャルオフィス
和歌山のバーチャルオフィス奈良のバーチャルオフィス
兵庫のバーチャルオフィス広島のバーチャルオフィス
高知のバーチャルオフィス愛媛のバーチャルオフィス
香川のバーチャルオフィス徳島のバーチャルオフィス
山口のバーチャルオフィス福岡のバーチャルオフィス
佐賀のバーチャルオフィス長崎のバーチャルオフィス
熊本のバーチャルオフィス大分のバーチャルオフィス
宮崎のバーチャルオフィス鹿児島のバーチャルオフィス
沖縄のバーチャルオフィス
【各都市のバーチャルオフィス】
札幌市のバーチャルオフィス仙台市のバーチャルオフィス
盛岡市のバーチャルオフィス郡山市のバーチャルオフィス
宇都宮市のバーチャルオフィス高崎市のバーチャルオフィス
さいたま市のバーチャルオフィス千葉市のバーチャルオフィス
船橋市のバーチャルオフィス横浜市のバーチャルオフィス
川崎市のバーチャルオフィス鎌倉市のバーチャルオフィス
金沢市のバーチャルオフィス長野市のバーチャルオフィス
名古屋市のバーチャルオフィス一宮市のバーチャルオフィス
京都市のバーチャルオフィス大阪市のバーチャルオフィス
神戸市のバーチャルオフィス姫路市のバーチャルオフィス
福岡市のバーチャルオフィス那覇市のバーチャルオフィス
【エリア別のバーチャルオフィス】
市ヶ谷エリアのバーチャルオフィス水道橋エリアのバーチャルオフィス
飯田橋エリアのバーチャルオフィス神保町エリアのバーチャルオフィス
池袋エリアのバーチャルオフィス大手町エリアのバーチャルオフィス
上野エリアのバーチャルオフィス銀座エリアのバーチャルオフィス
新橋エリアのバーチャルオフィス日本橋エリアのバーチャルオフィス
麹町エリアのバーチャルオフィス赤坂エリアのバーチャルオフィス
六本木エリアのバーチャルオフィス秋葉原エリアのバーチャルオフィス
高田馬場エリアのバーチャルオフィス青山エリアのバーチャルオフィス
表参道エリアのバーチャルオフィス丸の内エリアのバーチャルオフィス
  • この記事を書いた人

バーチャルオフィス大辞典編集部

バーチャルオフィスについての様々な情報を編集しています。バーチャルオフィスの利用を検討されている方に必要な情報を収集し記事にまとめています。

-起業・経営
-

Copyright© 東京バーチャルオフィス大辞典|東京のバーチャルオフィスを中心に解説 , 2020 All Rights Reserved.