起業・経営

新しい戦略を練るには「SWOT分析」を用いろう!

2019年12月13日

企業の経営戦略や計画の現状などを分析する際、よく使われるフレームワーク(手法)として「SWOT分析」という方法があります。

この「SWOT分析」とは何なのか? その内容をしっかりと理解して、正しい活用ポイントで用いないと間違った分析となってしまいます。まずは「SWOT分析」の基本を理解することから始めましょう。

SWOT分析とは

「SWOT分析」のSWOTとは、「Strength(強み)」「Weakness(弱み)」「Opportunity(機会)」「Threat(脅威)」の頭文字を取ったものです。

そして、この4つは
内部要因=「Strength(強み)」「Weakness(弱み)」
外部要因=「Opportunity(機会)」「Threat(脅威)」
に分けられます。

この4つでは、下記のような分析を行います。

【Strength(強み)】
長年の運用経験や技術力、品揃え、サービスの良さなど、自社が持つ活かすべき強みを分析します。

【Weakness(弱み)】
自社の不得意な部分や苦手となることなど、弱い部分を洗い出して分析します。

【Opportunity(機会)】
自社にとってチャンスになるような環境の変化や、同業他社の動きなどのデータを徹底的に収集、自社の市場機会を分析します。

【Threat(脅威)】
自社の目標達成の障害となる環境や競合する同業他社があるのかどうか、それはどういった内容なのかを分析します。

「SWOT分析」とは、このように現状を自社(自分)で変えられる内部要因と、自社では変えられない外部要因に分けた上で総合的に考え、何をするべきか、何を避けるべきかなどの課題を明らかにする、という方法です。

「SWOT分析」の方法

【まずは外部要因の分析から始める】
「SWOT分析」の方法としては、まず「Opportunity(機会)」と「Threat(脅威)」の
外部要因から始めるのが基本です。

「市場や自社を取り巻く環境の変化」
「その変化の内容」
「変化に対しての同業他社の取り組み方」

最初にこれらの外部要因を分析することで、外部要因が自社に与えるであろう影響が見えてきます。

「内部要因は、外部要因に左右される」ということを考えて分析をしないと、正しい答えは導き出せません。

「SWOT分析」で使えるフレームワーク

「SWOT分析」の際には、使いやすいフレームワークがあります。
そのいくつかを紹介しましょう。

【外部要因の分析】
<5フォース分析>
5フォースとは、企業を取り巻く業界の構造を把握するために下記5つを分析するフレームワークです。

(1)新規参入業者
(2)売り手(供給業者)
(3)代替品、代替えサービス
(4)買い手(顧客)
(5)業界内の競合企業
上記を分析し、それぞれの力量や関係性を把握することで企業戦略に役立てます。

<PEST分析>
PEST分析は、「Politics(政治的要因)」「Economy(経済的要因)」「Society(社会的要因)」「Technology(技術的要因)」の4つから、マクロ環境を分析するフレームワークです。
自社を取り巻く外部要因が、この先どんな影響を与えるのかを把握して、予測するための分析です。

【内部要因の分析】
<バリューチェーン>
バリューチェーンは価値連鎖という意味で、事業を「主活動」「支援活動」の2つに分けて、どのフェーズ(段階・局面)で価値を出しているのかを分析するフレームワークです。これをもとにしながら、同業他社に対する自社の強みを導き出していきます。

<VRIO分析>
VRIO分析は、下記の4つの要素から、自社が有する経営資源が競合に対しどのような優位性があるのかを分析するフレームワークです。

・Value(経済価値)
自社の有する経営資源に「経済的価値」があるかどうかを分析

・Rareness(希少性)
同業他社にはない自社の経営資源を分析

・Imitability(模倣性)
自社の経営資源が、同業他社に模倣されやすいかどうかを分析

・Organization(組織)
自社の経営資源を有効活用できる組織かどうかを分析

この中で、自社の経済資源に希少性があったり、模倣性が少ない場合には、同業他社との競争で優位な立場につける可能性が高くなります。

「SWOT分析」の活用ポイント

「SWOT分析」は、ただ自社の強みや弱み、環境などを分析してもあまり意味を成しません。分析する前には、「SWOT分析を何のために行うのか?」ということを明確にしておくことが重要です。

最初にどんな目標のために分析するのかを決めることで、分析結果をどのように活用するかがわかるので無駄になることはありません。
むやみに「SWOT分析」を始めずに、有効活用できるように準備することも、企業戦略を進める中で重要なことと言えるでしょう。

さらに「クロスSWOT分析」を行う

「SWOT分析」は、上記で終わりではありません。その後の戦略を練ってこそ、この分析に価値があるのです。
「SWOT分析」で集めた情報は、現在の状況を書き出したにすぎません。ここからさらに「クロスSWOT分析」によって、これからの戦略や戦術などのためにSWOTの4項目を掛け合わせて分析する必要があります。

【強み×機会】
自社の強みを知って、それを活かす機会をどうやって勝ち取るかを考えます。

【強み×脅威】
自社の強みを活かして、業界での脅威をどう避けるか、最小限に抑えるかなどを考えます。
また、その脅威が実は自社にとってチャンスになることもあるので、脅威に対処するだけではなく、逆転の可能性も探ります。

【弱み×機会】
自社の弱みを把握できたら、そこをどう補強していくかを考えます。さらに補強したことで、それをどう活かしていくか、その機会を探ります。

【弱み×脅威】
自社の弱みを十分に理解した上で、業界の脅威からどう守るかを考えます。

「SWOT分析」「クロスSWOT分析」を行えば、自社の状況や置かれている立場、それらに対する経営戦略も見えてくるはずです。

【東京都内23区のバーチャルオフィスまとめ】
東京のバーチャルオフィス千代田区のバーチャルオフィス
中央区のバーチャルオフィス港区のバーチャルオフィス
新宿区のバーチャルオフィス文京区のバーチャルオフィス
台東区のバーチャルオフィス墨田区のバーチャルオフィス
江東区のバーチャルオフィス品川区のバーチャルオフィス
目黒区のバーチャルオフィス大田区のバーチャルオフィス
世田谷区のバーチャルオフィス渋谷区のバーチャルオフィス
中野区のバーチャルオフィス杉並区のバーチャルオフィス
豊島区のバーチャルオフィス北区のバーチャルオフィス
荒川区のバーチャルオフィス板橋区のバーチャルオフィス
練馬区のバーチャルオフィス足立区のバーチャルオフィス
葛飾区のバーチャルオフィス江戸川区のバーチャルオフィス
【路線別バーチャルオフィス一覧】
山手線のバーチャルオフィス京浜東北・根岸線のバーチャルオフィス
湘南新宿ラインのバーチャルオフィス横浜線のバーチャルオフィス
中央・総武線のバーチャルオフィス埼京線のバーチャルオフィス
京葉線のバーチャルオフィス
東京メトロ銀座線のバーチャルオフィス東京メトロ丸の内線のバーチャルオフィス
東京メトロ日比谷線のバーチャルオフィス東京メトロ東西線のバーチャルオフィス
東京メトロ千代田線のバーチャルオフィス東京メトロ有楽町線のバーチャルオフィス
東京メトロ半蔵門線のバーチャルオフィス東京メトロ南北線のバーチャルオフィス
東京メトロ副都心線のバーチャルオフィス
都営地下鉄大江戸線のバーチャルオフィス都営地下鉄新宿線のバーチャルオフィス
都営地下鉄三田線のバーチャルオフィス都営地下鉄浅草線のバーチャルオフィス
京成線のバーチャルオフィス京王線のバーチャルオフィス
東急東横線のバーチャルオフィス東急田園都市線のバーチャルオフィス
京浜急行のバーチャルオフィス小田急小田原線のバーチャルオフィス
ゆりかもめ線のバーチャルオフィスりんかい線のバーチャルオフィス
札幌市営地下鉄のバーチャルオフィス仙台市営地下鉄のバーチャルオフィス
名古屋市営地下鉄のバーチャルオフィス東海道線(名古屋)のバーチャルオフィス
京都市営地下鉄のバーチャルオフィス大阪メトロ御堂筋線のバーチャルオフィス
東西線(大阪)のバーチャルオフィス広島電鉄のバーチャルオフィス
福岡市営地下鉄のバーチャルオフィス
【都道府県のバーチャルオフィス一覧】
北海道のバーチャルオフィス青森のバーチャルオフィス
岩手のバーチャルオフィス宮城のバーチャルオフィス
福島のバーチャルオフィス山形のバーチャルオフィス
秋田のバーチャルオフィス茨城のバーチャルオフィス
埼玉のバーチャルオフィス群馬のバーチャルオフィス
栃木のバーチャルオフィス千葉のバーチャルオフィス
神奈川のバーチャルオフィス山梨のバーチャルオフィス
福井のバーチャルオフィス石川のバーチャルオフィス
富山のバーチャルオフィス静岡のバーチャルオフィス
岐阜のバーチャルオフィス長野のバーチャルオフィス
三重のバーチャルオフィス京都のバーチャルオフィス
愛知のバーチャルオフィス滋賀のバーチャルオフィス
大阪のバーチャルオフィス岡山のバーチャルオフィス
島根のバーチャルオフィス鳥取のバーチャルオフィス
和歌山のバーチャルオフィス奈良のバーチャルオフィス
兵庫のバーチャルオフィス広島のバーチャルオフィス
高知のバーチャルオフィス愛媛のバーチャルオフィス
香川のバーチャルオフィス徳島のバーチャルオフィス
山口のバーチャルオフィス福岡のバーチャルオフィス
佐賀のバーチャルオフィス長崎のバーチャルオフィス
熊本のバーチャルオフィス大分のバーチャルオフィス
宮崎のバーチャルオフィス鹿児島のバーチャルオフィス
沖縄のバーチャルオフィス
【各都市のバーチャルオフィス】
札幌市のバーチャルオフィス仙台市のバーチャルオフィス
盛岡市のバーチャルオフィス郡山市のバーチャルオフィス
宇都宮市のバーチャルオフィス高崎市のバーチャルオフィス
さいたま市のバーチャルオフィス千葉市のバーチャルオフィス
船橋市のバーチャルオフィス横浜市のバーチャルオフィス
川崎市のバーチャルオフィス鎌倉市のバーチャルオフィス
金沢市のバーチャルオフィス長野市のバーチャルオフィス
名古屋市のバーチャルオフィス一宮市のバーチャルオフィス
京都市のバーチャルオフィス大阪市のバーチャルオフィス
神戸市のバーチャルオフィス姫路市のバーチャルオフィス
福岡市のバーチャルオフィス那覇市のバーチャルオフィス
【エリア別のバーチャルオフィス】
市ヶ谷エリアのバーチャルオフィス水道橋エリアのバーチャルオフィス
飯田橋エリアのバーチャルオフィス神保町エリアのバーチャルオフィス
池袋エリアのバーチャルオフィス大手町エリアのバーチャルオフィス
上野エリアのバーチャルオフィス銀座エリアのバーチャルオフィス
新橋エリアのバーチャルオフィス日本橋エリアのバーチャルオフィス
麹町エリアのバーチャルオフィス赤坂エリアのバーチャルオフィス
六本木エリアのバーチャルオフィス秋葉原エリアのバーチャルオフィス
高田馬場エリアのバーチャルオフィス青山エリアのバーチャルオフィス
表参道エリアのバーチャルオフィス丸の内エリアのバーチャルオフィス
  • この記事を書いた人

バーチャルオフィス大辞典編集部

バーチャルオフィスについての様々な情報を編集しています。バーチャルオフィスの利用を検討されている方に必要な情報を収集し記事にまとめています。

-起業・経営
-

Copyright© 東京バーチャルオフィス大辞典|東京のバーチャルオフィスを中心に解説 , 2020 All Rights Reserved.