起業・経営

定年後を考えた時に起業する選択肢は有りなのか?

2019年12月11日

いま、シニア起業家が増えています。30年前と比べて60代で起業しているシニアは3割を超えていて、セカンドライフを「起業」という形で切り開いている人材が注目を集めています。

令和という新時代、定年後に起業する選択肢はメリットがあるのかどうか、シニア起業について一緒に見ていきましょう。

増えるシニア起業家!そもそも、シニア起業とは?

シニア起業家とは、60代で起業する人材のこと(50代から起業する人材はミドルシニア起業家とも言います)で、定年退職後、もしくは退職前に起業することを「シニア起業」と呼んでいます。

60代は定年退職など、人生のターニングポイントとなる年代でもあります。第2のライフステージでは再就職や再雇用といった働き方もありますが、同様に起業するというケースも増えてきているのです。

自分が培ってきたスキルや社会経験をもとに起業したり、地域のコミュニティーに特化したサービスを展開したり、やりたかった事業にチャレンジするなど、60代で起業に挑戦していくのがシニア起業です。

シニア起業のメリット

若い世代でなくても、シニアが起業するメリットはたくさんあります。

・それまでの社会人人生で、社会的地位が確立されている
・社会経験が豊富で知識も豊富
・企業の信用を得やすい
・能力が培われている
・人脈が形成されている
・資金力がある
・協力者を得やすい
・人として器が備わっている
・自分の時間を取りやすくなる

ざっと挙げただけでも、これだけのメリットがあります。デメリットも確認しておきましょう。

・経験が邪魔をして、物事の見方、捉え方に柔軟性がない
・親や配偶者の介護、自身の健康などに不安が出てくる
・家族の同意が得られない場合がある
・身体的に若い頃のような無理ができなくなる

60代は心身の無理がききづらい年代でもありますが、最近のシニア世代は気持ちの面でも若々しく、精力体に活動している人が多いです。そんな活力も「シニア起業」に結びついている要因の一つと言えるでしょう。

起業するにあたってのポイント

10代~40代で起業するのとは違って、シニア世代で起業するには抑えておきたいポイントがいくつかあります。

・老後のライフプランを設計しておく
・無理な計画を立てない
・大きな利益を得ようとしない
・肩書やカンバンは忘れる
・意識改革

定年後に起業を考えたとき、大きく分けて5つのポイントが大切になります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

老後のライフプランを設計しておく

60代の多くは子どもの手が離れ、パートナーとの老後を考える時期でもあります。自分たちが今後どのように過ごしたいのか、望む生活にいくらの貯蓄が必要なのか、体の無理がきかなくなった場合どのようなサポートを受けるのかなどを決めておくことが重要です。

老後のライフプランがある程度定まっていれば、無理せず起業についても取り組めるでしょう。家族にもきちんと説明したうえで協力してもらえると心強いですね。

無理な計画を立てない

上記でも触れましたが、セカンドステージで起業するには無理な計画は禁物です。老後のライフプランに響くような計画は決しておすすめしません。

シニア世代の起業は「マイペース」も大事です。楽しみながら続けていけるような事業計画を立てることが、第2の人生をより豊かなものにしてくれます。

大きな利益を得ようとしない

起業するからといって大きな利益を得ようとするよりも「本当に自分がやりたいこと」「自分が挑戦したかったこと」「自分の起業で誰かの役に立つこと」を前提として、ビジネスを考えてみるのをおすすめします。

もちろん、生きていく上でお金という報酬を得ることは大切です。しかし、それのみに執着することは、シニア起業ではベストとは言えないでしょう。

シニア起業のいいところは、セカンドライフをより良いものにしてくれる可能性があるところです。自分の人生で本当にやりたかったことや、誰かの役に立つことに焦点を当てることで、利益とは違う豊かさを実らせることができるでしょう。

肩書や看板は忘れる

今まで大企業で重役に就いていた経験がある人も少なくないでしょう。華々しい名声を手に入れていた人も、起業するときはそれを忘れて取り組むことが重要です。

会社勤めで得ていた肩書や看板は、起業するときに役に立ちません。いつまでもそれを意識していると、起業の足かせになってしまったり、自分自身の成長を止めてしまう場合もあります。

「個人」で起業する際は、それまで培ってきた経験や能力、そして実績も自身で立ち上げる事業の礎になりますが、「○○会社の元部長」といった肩書や看板は、もはや自分のものではありません。

意識を改革する

豊富な経験や知識を持っているシニア世代ですが、定年後起業するときは常に「市民目線」「消費者目線」に意識を改革することが大事です。起業はよく「マイペース1人旅」「各駅停車」と例えられます。

自分1人だけで荷物を持ち、切符を購入し、周りを調べ、道を行く。組織に属していたころはスピードが重視されていたことが、起業となれば着実に目的地を目指さなければなりません。このように意識改革を行えてこそ、焦ることなく、心から起業に打ち込める姿勢が整います。

シニア起業は、定年後の選択肢として有意義なものです。経験も知識も豊富で、シニア世代だからこそできる事業や発想は、社会貢献度が高いのも特徴です。

再雇用、再就職と合わせて「起業」という選択肢も取り入れてセカンドライフを楽しみたいですね。

【東京都内23区のバーチャルオフィスまとめ】
東京のバーチャルオフィス千代田区のバーチャルオフィス
中央区のバーチャルオフィス港区のバーチャルオフィス
新宿区のバーチャルオフィス文京区のバーチャルオフィス
台東区のバーチャルオフィス墨田区のバーチャルオフィス
江東区のバーチャルオフィス品川区のバーチャルオフィス
目黒区のバーチャルオフィス大田区のバーチャルオフィス
世田谷区のバーチャルオフィス渋谷区のバーチャルオフィス
中野区のバーチャルオフィス杉並区のバーチャルオフィス
豊島区のバーチャルオフィス北区のバーチャルオフィス
荒川区のバーチャルオフィス板橋区のバーチャルオフィス
練馬区のバーチャルオフィス足立区のバーチャルオフィス
葛飾区のバーチャルオフィス江戸川区のバーチャルオフィス
【路線別バーチャルオフィス一覧】
山手線のバーチャルオフィス京浜東北・根岸線のバーチャルオフィス
湘南新宿ラインのバーチャルオフィス横浜線のバーチャルオフィス
中央・総武線のバーチャルオフィス埼京線のバーチャルオフィス
京葉線のバーチャルオフィス
東京メトロ銀座線のバーチャルオフィス東京メトロ丸の内線のバーチャルオフィス
東京メトロ日比谷線のバーチャルオフィス東京メトロ東西線のバーチャルオフィス
東京メトロ千代田線のバーチャルオフィス東京メトロ有楽町線のバーチャルオフィス
東京メトロ半蔵門線のバーチャルオフィス東京メトロ南北線のバーチャルオフィス
東京メトロ副都心線のバーチャルオフィス
都営地下鉄大江戸線のバーチャルオフィス都営地下鉄新宿線のバーチャルオフィス
都営地下鉄三田線のバーチャルオフィス都営地下鉄浅草線のバーチャルオフィス
京成線のバーチャルオフィス京王線のバーチャルオフィス
東急東横線のバーチャルオフィス東急田園都市線のバーチャルオフィス
京浜急行のバーチャルオフィス小田急小田原線のバーチャルオフィス
ゆりかもめ線のバーチャルオフィスりんかい線のバーチャルオフィス
札幌市営地下鉄のバーチャルオフィス仙台市営地下鉄のバーチャルオフィス
名古屋市営地下鉄のバーチャルオフィス東海道線(名古屋)のバーチャルオフィス
京都市営地下鉄のバーチャルオフィス大阪メトロ御堂筋線のバーチャルオフィス
東西線(大阪)のバーチャルオフィス広島電鉄のバーチャルオフィス
福岡市営地下鉄のバーチャルオフィス
【都道府県のバーチャルオフィス一覧】
北海道のバーチャルオフィス青森のバーチャルオフィス
岩手のバーチャルオフィス宮城のバーチャルオフィス
福島のバーチャルオフィス山形のバーチャルオフィス
秋田のバーチャルオフィス茨城のバーチャルオフィス
埼玉のバーチャルオフィス群馬のバーチャルオフィス
栃木のバーチャルオフィス千葉のバーチャルオフィス
神奈川のバーチャルオフィス山梨のバーチャルオフィス
福井のバーチャルオフィス石川のバーチャルオフィス
富山のバーチャルオフィス静岡のバーチャルオフィス
岐阜のバーチャルオフィス長野のバーチャルオフィス
三重のバーチャルオフィス京都のバーチャルオフィス
愛知のバーチャルオフィス滋賀のバーチャルオフィス
大阪のバーチャルオフィス岡山のバーチャルオフィス
島根のバーチャルオフィス鳥取のバーチャルオフィス
和歌山のバーチャルオフィス奈良のバーチャルオフィス
兵庫のバーチャルオフィス広島のバーチャルオフィス
高知のバーチャルオフィス愛媛のバーチャルオフィス
香川のバーチャルオフィス徳島のバーチャルオフィス
山口のバーチャルオフィス福岡のバーチャルオフィス
佐賀のバーチャルオフィス長崎のバーチャルオフィス
熊本のバーチャルオフィス大分のバーチャルオフィス
宮崎のバーチャルオフィス鹿児島のバーチャルオフィス
沖縄のバーチャルオフィス
【各都市のバーチャルオフィス】
札幌市のバーチャルオフィス仙台市のバーチャルオフィス
盛岡市のバーチャルオフィス郡山市のバーチャルオフィス
宇都宮市のバーチャルオフィス高崎市のバーチャルオフィス
さいたま市のバーチャルオフィス千葉市のバーチャルオフィス
船橋市のバーチャルオフィス横浜市のバーチャルオフィス
川崎市のバーチャルオフィス鎌倉市のバーチャルオフィス
金沢市のバーチャルオフィス長野市のバーチャルオフィス
名古屋市のバーチャルオフィス一宮市のバーチャルオフィス
京都市のバーチャルオフィス大阪市のバーチャルオフィス
神戸市のバーチャルオフィス姫路市のバーチャルオフィス
福岡市のバーチャルオフィス那覇市のバーチャルオフィス
【エリア別のバーチャルオフィス】
市ヶ谷エリアのバーチャルオフィス水道橋エリアのバーチャルオフィス
飯田橋エリアのバーチャルオフィス神保町エリアのバーチャルオフィス
池袋エリアのバーチャルオフィス大手町エリアのバーチャルオフィス
上野エリアのバーチャルオフィス銀座エリアのバーチャルオフィス
新橋エリアのバーチャルオフィス日本橋エリアのバーチャルオフィス
麹町エリアのバーチャルオフィス赤坂エリアのバーチャルオフィス
六本木エリアのバーチャルオフィス秋葉原エリアのバーチャルオフィス
高田馬場エリアのバーチャルオフィス青山エリアのバーチャルオフィス
表参道エリアのバーチャルオフィス丸の内エリアのバーチャルオフィス
  • この記事を書いた人

バーチャルオフィス大辞典編集部

バーチャルオフィスについての様々な情報を編集しています。バーチャルオフィスの利用を検討されている方に必要な情報を収集し記事にまとめています。

-起業・経営
-,

Copyright© 東京バーチャルオフィス大辞典|東京のバーチャルオフィスを中心に解説 , 2020 All Rights Reserved.