起業・経営

起業してから必要なモノはコレ!

2019年12月11日

「いよいよ起業するぞ」というところまで来た時、必要な物がそろっていないと慌てて準備するハメになります。予定していた設立日を過ぎてしまうこともあり得ますので、準備は入念に行いましょう。今回のコラムでは、起業に際して必要なものをまとめました。

資本金、起業(開業)準備金

起業するときは、届出を提出する義務があります。この際、最低でも20万円弱必要です。登記にはお金が必要で、起業する際には必ず用意しておきましょう。

資本金は1円~でも可能ですが、会社の信用度を高める場合には100万円~数百万円の資本金を準備して、資本金項目に記載することをおすすめします。

また、起業してからキャッシュフローが回るまでの資金も必要です。準備金の額は人それぞれですが、お金が無くなってから「どうしよう!」と焦るのではなく、銀行や日本政策金融公庫等からの融資を検討しておくことも大切です。

代表者の実印、会社の代表印、角印、銀行印、社判など

【代表者の実印】
会社の代表印を届ける場合や、登記する際に必要になるのが「代表印」です。書類を準備する際に必要なものなので、早めに用意しておきましょう。起業(準備)時に早々に必要となるため、実印登録を済ませておくか代表者から実印を預かっておきましょう。

【会社の代表印】
会社の登記や税務署、法務局など役所へ提出する書類に必須な印鑑が「代表印」です。会社の印鑑の中で一番使用頻度が高い印鑑です。他社、他人の目にもよくふれるのでしっかりしたものを準備しておきましょう。

【角印】
請求書や見積書、領収書など、社外の書類によく使用するのが「角印」です。こちらも使用頻度が高いので、代表印と合わせて準備しておくようにしましょう。通常の印鑑と、簡易な認印として浸透しているインク浸透印(いわゆるシヤチハタ)を作っておくと使い勝手がいいです。

【銀行印】
会社の口座開設をする際に必要になるのが「銀行印」です。個人事業主の場合は個人口座のままでも問題はありませんが、法人設立の場合は会社の口座を開設しておく方が便利です。規模が大きくなればなるほど、会社の口座の必要性が高くなります。

【社判】
社名、住所、代表者名、電話番号がセットになっている印鑑です。会社の住所や社名を書くタイミングは何度も訪れます。社判があれば、その都度書く必要がありません。また、時短にもなりますし、書き損じなどがないので大変便利です。

【会社の銀行口座】
起業して間もないときはそこまで必要性を感じませんが、後々必ず必要になってきます。銀行印ができるタイミングで会社の銀行口座を開設しておきましょう。

パソコン、プリンターなどのOA機器

【パソコン】
今やなくてはならないのがパソコンです。あらゆる書類作成や業務を行うだけでなく、メール、チャット、TV通話などのコミュニケーションツールとしても欠かせないアイテムです。
業務内容にもよりますが、ノートパソコンでもデスクトップでも1人1台は必要になってくるでしょう。

【プリンター】
書類の出力、コピー、FAXなど、実務で必要になるのがプリンターです。パソコンと合わせて設置しておきましょう。

【スマホ、タブレット】
会社用のスマホやタブレットは必要に合わせて準備しましょう。自分一人だけで仕事をする場合や、業務的に必要でない場合は無理にそろえる必要はありません。ビジネス展開や従業員の数に合わせて柔軟に対応しましょう。

【名刺とロゴ】
会社と自分の「顔」となるのが名刺です。起業するときはあいさつの機会も多く、人脈形成には欠かせないアイテムです。

また、会社のロゴも重要です。少しでも顧客の印象に残るように、デザインにもこだわりたいところです。自分で考えてもいいですが、会社のイメージを作り上げてくれるものですので、プロのデザイナーに依頼することをおすすめします。

【ホームページやSNS】
名刺と一緒に準備しておきたいのがホームページやSNSです。どんな会社で何をやっているのか、企業理念やコンセプトなど、会社の情報を掲載しておく大事なツールで情報発信源となります。ブログやフェイスブック、ツイッターなども情報拡散やコミュニケーションツールとしてなくてはならない存在です。

業種にもよりますが、会社情報や事業形態を公開していると、安心感や信用にもつながります。他社(者)が気軽にコンタクトを取れるツールとしても、役割を担ってくれるでしょう。

税理士、社労士

個人事業の場合や、会社がごく小規模であれば、必ず必要というわけではありません。簿記や帳簿管理が得意な人は問題ありませんが、これから事業を動かしていくといった場合には税理士は必要な専門家のひとりです。

会社の経営状況に合わせて、数字を客観的に整理しながらアドバイスをくれますし、決算や確定申告などの税務関連はすべて行ってくれます。

増員の予定がある場合は社会保険労務士(社労士)も準備しておきましょう。雇用関連には社労士の知識が必要ですし、雇用などに関する手続きも行ってくれます。どちらも顧問料はかかりますが、専門家に依頼しておく方が安全かつ的確です。

実務的な面で必要な物は上記に記載した通りですが、やはり起業において一番必要なのは「やる気」と「行動(実行)力」です。

いくら頭で考えていても、口で言っていても、それらを行動に移さなければ全く意味がありません。実行しないのは、結局やっていないのと同じだからです。

起業する前もしてからも、絶えず必要なモノは「やる気」と「行動(実行)力」であることを忘れないでおきたいですね。

【東京都内23区のバーチャルオフィスまとめ】
東京のバーチャルオフィス千代田区のバーチャルオフィス
中央区のバーチャルオフィス港区のバーチャルオフィス
新宿区のバーチャルオフィス文京区のバーチャルオフィス
台東区のバーチャルオフィス墨田区のバーチャルオフィス
江東区のバーチャルオフィス品川区のバーチャルオフィス
目黒区のバーチャルオフィス大田区のバーチャルオフィス
世田谷区のバーチャルオフィス渋谷区のバーチャルオフィス
中野区のバーチャルオフィス杉並区のバーチャルオフィス
豊島区のバーチャルオフィス北区のバーチャルオフィス
荒川区のバーチャルオフィス板橋区のバーチャルオフィス
練馬区のバーチャルオフィス足立区のバーチャルオフィス
葛飾区のバーチャルオフィス江戸川区のバーチャルオフィス
【路線別バーチャルオフィス一覧】
山手線のバーチャルオフィス京浜東北・根岸線のバーチャルオフィス
湘南新宿ラインのバーチャルオフィス横浜線のバーチャルオフィス
中央・総武線のバーチャルオフィス埼京線のバーチャルオフィス
京葉線のバーチャルオフィス
東京メトロ銀座線のバーチャルオフィス東京メトロ丸の内線のバーチャルオフィス
東京メトロ日比谷線のバーチャルオフィス東京メトロ東西線のバーチャルオフィス
東京メトロ千代田線のバーチャルオフィス東京メトロ有楽町線のバーチャルオフィス
東京メトロ半蔵門線のバーチャルオフィス東京メトロ南北線のバーチャルオフィス
東京メトロ副都心線のバーチャルオフィス
都営地下鉄大江戸線のバーチャルオフィス都営地下鉄新宿線のバーチャルオフィス
都営地下鉄三田線のバーチャルオフィス都営地下鉄浅草線のバーチャルオフィス
京成線のバーチャルオフィス京王線のバーチャルオフィス
東急東横線のバーチャルオフィス東急田園都市線のバーチャルオフィス
京浜急行のバーチャルオフィス小田急小田原線のバーチャルオフィス
ゆりかもめ線のバーチャルオフィスりんかい線のバーチャルオフィス
札幌市営地下鉄のバーチャルオフィス仙台市営地下鉄のバーチャルオフィス
名古屋市営地下鉄のバーチャルオフィス東海道線(名古屋)のバーチャルオフィス
京都市営地下鉄のバーチャルオフィス大阪メトロ御堂筋線のバーチャルオフィス
東西線(大阪)のバーチャルオフィス広島電鉄のバーチャルオフィス
福岡市営地下鉄のバーチャルオフィス
【都道府県のバーチャルオフィス一覧】
北海道のバーチャルオフィス青森のバーチャルオフィス
岩手のバーチャルオフィス宮城のバーチャルオフィス
福島のバーチャルオフィス山形のバーチャルオフィス
秋田のバーチャルオフィス茨城のバーチャルオフィス
埼玉のバーチャルオフィス群馬のバーチャルオフィス
栃木のバーチャルオフィス千葉のバーチャルオフィス
神奈川のバーチャルオフィス山梨のバーチャルオフィス
福井のバーチャルオフィス石川のバーチャルオフィス
富山のバーチャルオフィス静岡のバーチャルオフィス
岐阜のバーチャルオフィス長野のバーチャルオフィス
三重のバーチャルオフィス京都のバーチャルオフィス
愛知のバーチャルオフィス滋賀のバーチャルオフィス
大阪のバーチャルオフィス岡山のバーチャルオフィス
島根のバーチャルオフィス鳥取のバーチャルオフィス
和歌山のバーチャルオフィス奈良のバーチャルオフィス
兵庫のバーチャルオフィス広島のバーチャルオフィス
高知のバーチャルオフィス愛媛のバーチャルオフィス
香川のバーチャルオフィス徳島のバーチャルオフィス
山口のバーチャルオフィス福岡のバーチャルオフィス
佐賀のバーチャルオフィス長崎のバーチャルオフィス
熊本のバーチャルオフィス大分のバーチャルオフィス
宮崎のバーチャルオフィス鹿児島のバーチャルオフィス
沖縄のバーチャルオフィス
【各都市のバーチャルオフィス】
札幌市のバーチャルオフィス仙台市のバーチャルオフィス
盛岡市のバーチャルオフィス郡山市のバーチャルオフィス
宇都宮市のバーチャルオフィス高崎市のバーチャルオフィス
さいたま市のバーチャルオフィス千葉市のバーチャルオフィス
船橋市のバーチャルオフィス横浜市のバーチャルオフィス
川崎市のバーチャルオフィス鎌倉市のバーチャルオフィス
金沢市のバーチャルオフィス長野市のバーチャルオフィス
名古屋市のバーチャルオフィス一宮市のバーチャルオフィス
京都市のバーチャルオフィス大阪市のバーチャルオフィス
神戸市のバーチャルオフィス姫路市のバーチャルオフィス
福岡市のバーチャルオフィス那覇市のバーチャルオフィス
【エリア別のバーチャルオフィス】
市ヶ谷エリアのバーチャルオフィス水道橋エリアのバーチャルオフィス
飯田橋エリアのバーチャルオフィス神保町エリアのバーチャルオフィス
池袋エリアのバーチャルオフィス大手町エリアのバーチャルオフィス
上野エリアのバーチャルオフィス銀座エリアのバーチャルオフィス
新橋エリアのバーチャルオフィス日本橋エリアのバーチャルオフィス
麹町エリアのバーチャルオフィス赤坂エリアのバーチャルオフィス
六本木エリアのバーチャルオフィス秋葉原エリアのバーチャルオフィス
高田馬場エリアのバーチャルオフィス青山エリアのバーチャルオフィス
表参道エリアのバーチャルオフィス丸の内エリアのバーチャルオフィス
  • この記事を書いた人

バーチャルオフィス大辞典編集部

バーチャルオフィスについての様々な情報を編集しています。バーチャルオフィスの利用を検討されている方に必要な情報を収集し記事にまとめています。

-起業・経営
-

Copyright© 東京バーチャルオフィス大辞典|東京のバーチャルオフィスを中心に解説 , 2020 All Rights Reserved.