起業・経営

起業すると年収は上がる?

2019年12月11日

起業しようと思ったとき、まず気がかりな部分が「年収」ではないでしょうか。一定の収入を定期的に得られていた状態から、自分の力で収入を生み出すことへの不安はとてつもなく大きいものです。

起業家への一歩を踏み出すにも、この「起業家の年収レベル」について把握して、ある程度のめどをたてておくことをおすすめします。

起業家の年収レベル(水準)は6割が480万円以下

2014年度の中小企業の平均的な年収レベルをまとめたデータを見ると、下記の通りです。

【手取り年収額】
・240万円以下───37.50%

・~480万円以下───27.30%

・~720万円以下───14.10%

・~960万円以下───6.70%

・~1,200万円以下───5.20%

・~1,800万円以下───4.80%

・~2,400万円以下───2.00%

・2,400万円越え───2.40%

一番多いのが37.5%の240万円以下で、月収にすると20万円ほどです。さらにこのうち、年収120万円以下(月収にすると10万円)は0.5%存在します。

上記の37.5%は、ビジネス内容や起業家自身の仕事に対するスタンスにもよりますので一概に年収が低いとは言い切れませんが、生活基盤が起業の収入のみであれば、心もとなく感じてしまう人も多いでしょう。

また、一般的なサラリーマンの平均年収額は420万円前後なので、それを基準とすれば年収レベルは「下がる」ことになります。

半面、720万円を超える割合が35.2%で、そのうち1,000万円を超える割合は14.4%存在します。これを見ると起業後の年収レベルは「上がる」ことになり、起業することに夢が持てるようになるでしょう。

起業して年収UPを目指すなら、望む年収の数字と戦略を明確にすること

上記から、まずは480万円のボーダーラインを超えるようにすれば一般的なサラリーマンの年収レベルを上回ります。せっかく起業するのであれば、このレベルを超えたいと考えるところです。

最初から年収1,000万円超えを目指すのもいいですが、何の戦略もなく「なんとなく」決めてしまっては、おおよそ到達できる数字ではありません。確実に年収アップを目指すのであれば段階を踏むことが大切です。自分が望む年収の数字を現実的に設定し、それを達成できる具体的な戦略を準備します。

起業内容(業界)によって目標年収に対する売上は変わる

そして起業内容(業種・職種)によりますが、自分が望む年収の平均3~15倍の売上を意識、到達すれば単なる「夢」で終わる目標ではなくなるでしょう。逆に目標年収から、売上やビジネス展開を考えるというのも一案です。

例えば製造や飲食、サービス業は自分が望む年収の3倍の売上が求められますが、建設業や運輸業、不動産業であれば5倍の売上が必要です。小売りなら6倍、卸売りなら13倍といった具合に必要な売上の数字は変化します。

自分のビジネスモデルに必要な諸経費や人件費などを整理して、それに伴う戦略を練り、必要な売上を稼げば「目標年収」という収入(数字)がクリアになっていくでしょう。

起業するビジネス内容を吟味すること

一口に起業と言っても、自分がどんな業界でどんなビジネスを展開していきたいのか、利益を生む算段はどのように付けるのか、3年後、5年後と続けられる事業モデルなのかをしっかりと考える必要があります。

自分が好きなこと、興味があることで起業することも大切ですが、利益を生まないようなビジネスであれば考え直すことも視野に入れなくてはいけません。

1年目、2年目は利益を出すことが難しくても、数年続けられる見込みと、予算を回収できる事業計画を立ててから起業することで経営難、ひいては事業をやめるといったリスクの回避につながるでしょう。

起業による年収の増減は、中期~長期計画と方向修正を行うこと

また、起業して最初から大きく稼ぐことを考えるよりも、中期~長期計画でビジネス展開の戦略を練りましょう。短期的な数字と中長期で目標数字を算出し、必要があればその都度方向修正していくことが目標年収に近づくポイントです。

たとえ一つの事例で成功したとしても、今後もそれが通用するかどうかはわかりません。数字はもちろんですが、世の中の流れやマーケティングに敏感になり、自分のビジネスが目標年収から大きく外れることがないように情報収集に努めることが大切です。

一時の年収増減に揺らぐことなく、目標年収のために何が必要か、どんな修正が発生するのかなど、柔軟に対応できるようになることが望ましいです。

「起業すれば年収が上がるのか?」という問いには、「自分次第で年収が上がるチャンスは大いにある」が正解でしょう。
会社勤めをしていても年収アップは目指せますが、同じ会社で420万円前後の年収をいきなり1,000万円に上げることは簡単なことではありません。

起業すれば一時的に年収が下がっても、起業内容と目標年収を明確にして戦略を練れば数年で大幅な年収アップも夢ではないでしょう。年収レベルがネックになって起業に踏み出せないでいる人は、ひとまず今回ご紹介した年収水準と売上目標を参考に、ビジネス展開を考えてみてはいかがでしょうか。

【東京都内23区のバーチャルオフィスまとめ】
東京のバーチャルオフィス千代田区のバーチャルオフィス
中央区のバーチャルオフィス港区のバーチャルオフィス
新宿区のバーチャルオフィス文京区のバーチャルオフィス
台東区のバーチャルオフィス墨田区のバーチャルオフィス
江東区のバーチャルオフィス品川区のバーチャルオフィス
目黒区のバーチャルオフィス大田区のバーチャルオフィス
世田谷区のバーチャルオフィス渋谷区のバーチャルオフィス
中野区のバーチャルオフィス杉並区のバーチャルオフィス
豊島区のバーチャルオフィス北区のバーチャルオフィス
荒川区のバーチャルオフィス板橋区のバーチャルオフィス
練馬区のバーチャルオフィス足立区のバーチャルオフィス
葛飾区のバーチャルオフィス江戸川区のバーチャルオフィス
【路線別バーチャルオフィス一覧】
山手線のバーチャルオフィス京浜東北・根岸線のバーチャルオフィス
湘南新宿ラインのバーチャルオフィス横浜線のバーチャルオフィス
中央・総武線のバーチャルオフィス埼京線のバーチャルオフィス
京葉線のバーチャルオフィス
東京メトロ銀座線のバーチャルオフィス東京メトロ丸の内線のバーチャルオフィス
東京メトロ日比谷線のバーチャルオフィス東京メトロ東西線のバーチャルオフィス
東京メトロ千代田線のバーチャルオフィス東京メトロ有楽町線のバーチャルオフィス
東京メトロ半蔵門線のバーチャルオフィス東京メトロ南北線のバーチャルオフィス
東京メトロ副都心線のバーチャルオフィス
都営地下鉄大江戸線のバーチャルオフィス都営地下鉄新宿線のバーチャルオフィス
都営地下鉄三田線のバーチャルオフィス都営地下鉄浅草線のバーチャルオフィス
京成線のバーチャルオフィス京王線のバーチャルオフィス
東急東横線のバーチャルオフィス東急田園都市線のバーチャルオフィス
京浜急行のバーチャルオフィス小田急小田原線のバーチャルオフィス
ゆりかもめ線のバーチャルオフィスりんかい線のバーチャルオフィス
札幌市営地下鉄のバーチャルオフィス仙台市営地下鉄のバーチャルオフィス
名古屋市営地下鉄のバーチャルオフィス東海道線(名古屋)のバーチャルオフィス
京都市営地下鉄のバーチャルオフィス大阪メトロ御堂筋線のバーチャルオフィス
東西線(大阪)のバーチャルオフィス広島電鉄のバーチャルオフィス
福岡市営地下鉄のバーチャルオフィス
【都道府県のバーチャルオフィス一覧】
北海道のバーチャルオフィス青森のバーチャルオフィス
岩手のバーチャルオフィス宮城のバーチャルオフィス
福島のバーチャルオフィス山形のバーチャルオフィス
秋田のバーチャルオフィス茨城のバーチャルオフィス
埼玉のバーチャルオフィス群馬のバーチャルオフィス
栃木のバーチャルオフィス千葉のバーチャルオフィス
神奈川のバーチャルオフィス山梨のバーチャルオフィス
福井のバーチャルオフィス石川のバーチャルオフィス
富山のバーチャルオフィス静岡のバーチャルオフィス
岐阜のバーチャルオフィス長野のバーチャルオフィス
三重のバーチャルオフィス京都のバーチャルオフィス
愛知のバーチャルオフィス滋賀のバーチャルオフィス
大阪のバーチャルオフィス岡山のバーチャルオフィス
島根のバーチャルオフィス鳥取のバーチャルオフィス
和歌山のバーチャルオフィス奈良のバーチャルオフィス
兵庫のバーチャルオフィス広島のバーチャルオフィス
高知のバーチャルオフィス愛媛のバーチャルオフィス
香川のバーチャルオフィス徳島のバーチャルオフィス
山口のバーチャルオフィス福岡のバーチャルオフィス
佐賀のバーチャルオフィス長崎のバーチャルオフィス
熊本のバーチャルオフィス大分のバーチャルオフィス
宮崎のバーチャルオフィス鹿児島のバーチャルオフィス
沖縄のバーチャルオフィス
【各都市のバーチャルオフィス】
札幌市のバーチャルオフィス仙台市のバーチャルオフィス
盛岡市のバーチャルオフィス郡山市のバーチャルオフィス
宇都宮市のバーチャルオフィス高崎市のバーチャルオフィス
さいたま市のバーチャルオフィス千葉市のバーチャルオフィス
船橋市のバーチャルオフィス横浜市のバーチャルオフィス
川崎市のバーチャルオフィス鎌倉市のバーチャルオフィス
金沢市のバーチャルオフィス長野市のバーチャルオフィス
名古屋市のバーチャルオフィス一宮市のバーチャルオフィス
京都市のバーチャルオフィス大阪市のバーチャルオフィス
神戸市のバーチャルオフィス姫路市のバーチャルオフィス
福岡市のバーチャルオフィス那覇市のバーチャルオフィス
【エリア別のバーチャルオフィス】
市ヶ谷エリアのバーチャルオフィス水道橋エリアのバーチャルオフィス
飯田橋エリアのバーチャルオフィス神保町エリアのバーチャルオフィス
池袋エリアのバーチャルオフィス大手町エリアのバーチャルオフィス
上野エリアのバーチャルオフィス銀座エリアのバーチャルオフィス
新橋エリアのバーチャルオフィス日本橋エリアのバーチャルオフィス
麹町エリアのバーチャルオフィス赤坂エリアのバーチャルオフィス
六本木エリアのバーチャルオフィス秋葉原エリアのバーチャルオフィス
高田馬場エリアのバーチャルオフィス青山エリアのバーチャルオフィス
表参道エリアのバーチャルオフィス丸の内エリアのバーチャルオフィス
  • この記事を書いた人

バーチャルオフィス大辞典編集部

バーチャルオフィスについての様々な情報を編集しています。バーチャルオフィスの利用を検討されている方に必要な情報を収集し記事にまとめています。

-起業・経営
-

Copyright© 東京バーチャルオフィス大辞典|東京のバーチャルオフィスを中心に解説 , 2020 All Rights Reserved.