起業・経営

20代からの起業のメリットはココにある

2019年12月11日

若い世代の起業家が増えていますが、10代、20代、30代とそれぞれにメリット、デメリット、強みや弱みが存在します。中でも20代はメリットや強みが多く、起業に適した年代です。20代から起業するメリットなどについてご説明します。

起業は体力を使う!

起業するには「体力」がいります。実際、スタートアップ時は何かと手間がかかり、体力勝負な部分も少なくありません。各種の手続きやリサーチ、書類作成やマーケティングなど、事業に関わる全ての事柄を自分一人でこなさなくてはいけません。

慌ただしいスタートアップを乗り切るには、心身ともに健康であることが大切です。連日休みなし、徹夜作業も出てくるかもしれません。40代、50代でそのような無理をすると体に影響が出て、体調を崩してしまうこともあります。その点、20代であれば心身ともに健康で回復も早く、体力も十分にあります。

大変なときにそれを乗り切れる体力、精神力は起業家に欠かせない要素で、体力勝負のときには、若さが最大の武器になってくれるでしょう。

若いほど時間に余裕がある

若ければ若いほど、時間に余裕があることもメリットの一つです。20代は結婚や出産、育児などライフステージが変化する手前にいる人も多いでしょう。多くの時間を自分のために身軽に使えるのはとても大きな強みです。

また、たとえ失敗したとしても、若い方が何かとやり直しがききます。起業に失敗してもライフプランを組み直しやすく、大きな痛手にはなりにくいです。若い世代の失敗は、失敗そのものが経験になって新たなチャレンジにつなぐことができます。

また、学生であれば起業にチャレンジした実績が進路や就職に有利に働くことは言うまでもありません。体力、気力面でも「次いこう、次!」と切り替えて、次の挑戦がしやすいのも20代の強みでしょう。再就職や転職にも問題がない年代です。

生活の心配をしなくてもいい

20代であれば、自分の両親や保護者が働いている場合が多いはずです。親が元気に働いているときは、生活費や衣食住に困窮するというケースは少ないでしょう。

親が老齢で介護や援助が必要な場合は、なかなか自分のビジネスに時間とお金を使うことが難しいです。自分の年齢が上がれば上がるほどこういう問題も出てきます。親や保護者が現役の間に、生活費などの問題を気にせずにビジネスに集中できるのは、20代のメリットと言えます。

常識に縛られず、考えが柔軟

起業するうえで「柔軟性」はとても大切です。世の中のトレンドや流行を生み出し、常識にとらわれない、斬新な発想や鋭い感性は若さの特権とも言えます。

同じ業界で長く働いたり、会社勤めが長く続くと、どうしてもその業界のルールや常識にとらわれてしまいます。「これはこうあるべき」という価値観に縛られて、新しい発想や発見を見逃してしまうこともあります。

柔軟性のある20代で起業することで、今まで常識とされてきたルールや固定概念を払拭し、誰も思いつかないような面白いアイデアを打ち出すこともできるでしょう。

先輩や先生を探しやすい

自分より先に起業している先輩や、取り入れたい事業展開をしている先生的な存在を見つけやすいのも若い世代のメリットです。若い世代は素直さがあり、知らないことや知りたいことなど、教えを請うことに抵抗を感じません。

年齢が上がるとプライドや知識ばかりが先行し、素直さや謙虚さを忘れて機会損失してしまうこともあり得ます。

素直に教えを請える若者の前向きな姿を見ていると、先行く人たちは「教えてあげよう」「力になってあげよう」と協力したくなるものです。かわいがってもらいやすいのも、20代の特権と言えるでしょう。

ライフプランに見通しがきく

20代のうちに起業すると、自分の人生設計を具体的に考えられます。30代でどうなっていたいのか、40代はどう過ごしているのか、50代ではどんな生き方をしていたいのか、起業を通じて人生の目標やビジネス展開をより明確に描けるはずです。

20代で起業して成功すれば、40代で「仕事」から解放されてセミリタイアできる可能性もあります。若い間に生涯年収を稼いで資産形成をし、ミドル世代からは悠々自適に過ごすというライフプランも夢ではありません

国の支援や自治体のサポートを受けやすい

このところ、スタートアップの支援に積極的に取り組む自治体が少しずつ増えています。例えば福岡市は2012年に「スタートアップ都市宣言」を行い、スタートアップに関わるあらゆることを無料で相談できる「スタートアップカフェ」を設置しています。法人登記、税務、年金、福利厚生面など、創業に必要な行政手続きを手助けしてくれます。

他にも三重、青森、石川などが起業する若者を支援する事業やイベントを立ち上げるなど、県や市をあげて若者の起業をサポートしてくれます。

2019年2月には、創業や新たな事業展開などの支援に積極的に取り組む8自治体で構成された「スタートアップ都市推進協議会」が開催され、各地で選抜されたスタートアップと首都圏企業とのビジネスマッチングも行われました。

他にも日本政策金融公庫が「女性・若者/シニア起業家支援資金」という融資制度を設けています。この融資制度の利率は1.00%~と、とてもお得な金利が特徴です(設備投資の場合は0.5%~)。

このように、若者世代だからこそ受けられるサポートがあるのも20代起業の利点ですね。

人脈がない、社会人経験が少ない、スキルや経験が足りない、信用力が低いなど、若い世代で起業するデメリットも確かにあります。しかし、それらは取るに足らないことで、20代での起業には多くのメリットが存在します。

20代でスタートアップを実現するには、20代だからこそ享受できる利点を存分に生かしながら積極的に行動することが重要です。

【東京都内23区のバーチャルオフィスまとめ】
東京のバーチャルオフィス千代田区のバーチャルオフィス
中央区のバーチャルオフィス港区のバーチャルオフィス
新宿区のバーチャルオフィス文京区のバーチャルオフィス
台東区のバーチャルオフィス墨田区のバーチャルオフィス
江東区のバーチャルオフィス品川区のバーチャルオフィス
目黒区のバーチャルオフィス大田区のバーチャルオフィス
世田谷区のバーチャルオフィス渋谷区のバーチャルオフィス
中野区のバーチャルオフィス杉並区のバーチャルオフィス
豊島区のバーチャルオフィス北区のバーチャルオフィス
荒川区のバーチャルオフィス板橋区のバーチャルオフィス
練馬区のバーチャルオフィス足立区のバーチャルオフィス
葛飾区のバーチャルオフィス江戸川区のバーチャルオフィス
【路線別バーチャルオフィス一覧】
山手線のバーチャルオフィス京浜東北・根岸線のバーチャルオフィス
湘南新宿ラインのバーチャルオフィス横浜線のバーチャルオフィス
中央・総武線のバーチャルオフィス埼京線のバーチャルオフィス
京葉線のバーチャルオフィス
東京メトロ銀座線のバーチャルオフィス東京メトロ丸の内線のバーチャルオフィス
東京メトロ日比谷線のバーチャルオフィス東京メトロ東西線のバーチャルオフィス
東京メトロ千代田線のバーチャルオフィス東京メトロ有楽町線のバーチャルオフィス
東京メトロ半蔵門線のバーチャルオフィス東京メトロ南北線のバーチャルオフィス
東京メトロ副都心線のバーチャルオフィス
都営地下鉄大江戸線のバーチャルオフィス都営地下鉄新宿線のバーチャルオフィス
都営地下鉄三田線のバーチャルオフィス都営地下鉄浅草線のバーチャルオフィス
京成線のバーチャルオフィス京王線のバーチャルオフィス
東急東横線のバーチャルオフィス東急田園都市線のバーチャルオフィス
京浜急行のバーチャルオフィス小田急小田原線のバーチャルオフィス
ゆりかもめ線のバーチャルオフィスりんかい線のバーチャルオフィス
札幌市営地下鉄のバーチャルオフィス仙台市営地下鉄のバーチャルオフィス
名古屋市営地下鉄のバーチャルオフィス東海道線(名古屋)のバーチャルオフィス
京都市営地下鉄のバーチャルオフィス大阪メトロ御堂筋線のバーチャルオフィス
東西線(大阪)のバーチャルオフィス広島電鉄のバーチャルオフィス
福岡市営地下鉄のバーチャルオフィス
【都道府県のバーチャルオフィス一覧】
北海道のバーチャルオフィス青森のバーチャルオフィス
岩手のバーチャルオフィス宮城のバーチャルオフィス
福島のバーチャルオフィス山形のバーチャルオフィス
秋田のバーチャルオフィス茨城のバーチャルオフィス
埼玉のバーチャルオフィス群馬のバーチャルオフィス
栃木のバーチャルオフィス千葉のバーチャルオフィス
神奈川のバーチャルオフィス山梨のバーチャルオフィス
福井のバーチャルオフィス石川のバーチャルオフィス
富山のバーチャルオフィス静岡のバーチャルオフィス
岐阜のバーチャルオフィス長野のバーチャルオフィス
三重のバーチャルオフィス京都のバーチャルオフィス
愛知のバーチャルオフィス滋賀のバーチャルオフィス
大阪のバーチャルオフィス岡山のバーチャルオフィス
島根のバーチャルオフィス鳥取のバーチャルオフィス
和歌山のバーチャルオフィス奈良のバーチャルオフィス
兵庫のバーチャルオフィス広島のバーチャルオフィス
高知のバーチャルオフィス愛媛のバーチャルオフィス
香川のバーチャルオフィス徳島のバーチャルオフィス
山口のバーチャルオフィス福岡のバーチャルオフィス
佐賀のバーチャルオフィス長崎のバーチャルオフィス
熊本のバーチャルオフィス大分のバーチャルオフィス
宮崎のバーチャルオフィス鹿児島のバーチャルオフィス
沖縄のバーチャルオフィス
【各都市のバーチャルオフィス】
札幌市のバーチャルオフィス仙台市のバーチャルオフィス
盛岡市のバーチャルオフィス郡山市のバーチャルオフィス
宇都宮市のバーチャルオフィス高崎市のバーチャルオフィス
さいたま市のバーチャルオフィス千葉市のバーチャルオフィス
船橋市のバーチャルオフィス横浜市のバーチャルオフィス
川崎市のバーチャルオフィス鎌倉市のバーチャルオフィス
金沢市のバーチャルオフィス長野市のバーチャルオフィス
名古屋市のバーチャルオフィス一宮市のバーチャルオフィス
京都市のバーチャルオフィス大阪市のバーチャルオフィス
神戸市のバーチャルオフィス姫路市のバーチャルオフィス
福岡市のバーチャルオフィス那覇市のバーチャルオフィス
【エリア別のバーチャルオフィス】
市ヶ谷エリアのバーチャルオフィス水道橋エリアのバーチャルオフィス
飯田橋エリアのバーチャルオフィス神保町エリアのバーチャルオフィス
池袋エリアのバーチャルオフィス大手町エリアのバーチャルオフィス
上野エリアのバーチャルオフィス銀座エリアのバーチャルオフィス
新橋エリアのバーチャルオフィス日本橋エリアのバーチャルオフィス
麹町エリアのバーチャルオフィス赤坂エリアのバーチャルオフィス
六本木エリアのバーチャルオフィス秋葉原エリアのバーチャルオフィス
高田馬場エリアのバーチャルオフィス青山エリアのバーチャルオフィス
表参道エリアのバーチャルオフィス丸の内エリアのバーチャルオフィス
  • この記事を書いた人

バーチャルオフィス大辞典編集部

バーチャルオフィスについての様々な情報を編集しています。バーチャルオフィスの利用を検討されている方に必要な情報を収集し記事にまとめています。

-起業・経営
-

Copyright© 東京バーチャルオフィス大辞典|東京のバーチャルオフィスを中心に解説 , 2020 All Rights Reserved.