起業・経営

起業するときの目的の決め方

2019年12月10日

起業する上で、最も重要なことは起業の目的を決めることです。

目的があって起業する人がほとんどだと思いますが、それでも実際に起業する段階になると具体的なアイデアが何もないといったことも珍しくはありません。

そういった意味で、起業が成功するかどうかは、起業の目的が明確になっているかどうかに左右されます。

そこで今回は起業を検討しているものの、どういった内容、目的で起業すればいいのかわからないという人に向けて、そのヒントをお話しします。

起業するときの目的整理方法1.得意分野を活かす

起業を検討している人、特に50歳以上ですでに多くの社会人経験を持つ人であれば、これまで自分がやってきた仕事に対する多くの実績やノウハウをお持ちかと思います。

1つめの起業目的の決め方は、この実績やノウハウといった自分の得意分野を活かす方法です。

日本では古くから、同じ屋号で奉公人に店を出させる暖簾分けというスタイルがありますが、調理師や建設業では今でもそうした形で独立するケースが少なくありません。また暖簾分けではありませんが、士業やコンサルタント業でもその知識やノウハウを活かして独立するケースが増えています。

起業するときの目的整理方法2.やりたいこと・好きなことで起業する

2つめの起業の目的の整理方法はやりたいこと、好きなことで起業する方法です。

同じ仕事を何年も続けていると、ほかにやりたいことが見えてくることがあります。例えば「営業として多くの顧客をサポートしてきたけれど、その経験をもとにコンサルタントをしてみたい」「会社勤めをしていてたけれど、子どもも独立したので、ずっと好きだった趣味の○○を仕事にしたい」というケースもあるでしょう。

もちろんやりたい、好きというだけで起業してしまうと後で苦労することになります。ただし、やりたいこと、好きなことであれば起業のためのアイデアも浮かびやすく、起業前、その後の大変さや困難を乗り越える力も強固なものになります。やりたい、好きを軸に考えるのも起業するための良い方法の一つです。

起業するときの目的整理方法3.困っていることを解決する

困っていることを解決するための商品、サービスで起業するというのも、起業のための目的整理方法の一つです。

自分が日常的に困っていることを解決するケースが多いですが、親や友人、知人など周りの人が困っていることや世界中の人が困っていることを解決するための商品、サービスで起業するといったケースも考えられます。

自分や自分以外の人が困っていることが解決されていないということは、逆に考えれば大きなビジネスチャンスであるといえます。その問題を解決する商品、サービスを開発できれば大きなビジネスを行うことも可能です。

もちろん誰も解決できていないということは、それだけ難しいということでもありますが、だからこそチャレンジする意味もあるといえるでしょう。

起業するときの目的整理方法4. 既存のビジネスモデルからヒントを得る

ここまでご紹介した方法でも、起業の目的を決められない場合は、既存のビジネスモデルを参考に考える方法をおすすめします。

ただ、既存のビジネスモデルをそのままやっても二番煎じにしかなりませんので、既存のビジネスモデルを基にそれを発展させることはできないかを考えます。

既存のビジネスモデルを発展させることが難しい場合は、複数のビジネスモデルを組み合わせる方法もあります。

例えばカフェと美容院の組み合わせや音楽、映画の定額制サービスなどがそれにあたります。また英語が得意であれば海外で流行っているがまだ日本に上陸していないビジネスモデルを、日本に合わせた形で取り入れる方法もあります。

ビジネスモデルの組み合わせというと、単純なような気がするかもしれません。しかし、基本的にアイデアとは既存のものの組み合わせから生まれるものです。

また現在、日本で当たり前のようにあるビジネスモデルの多くは海外から取り入れられています。しかしそれを最初に考える、持ち込むにはビジネスとしてのセンスが必須であり、誰もができることではないと考えれば、これも立派な起業目的の整理方法といえるでしょう。

起業のアイデアごとの注意点

起業の目的が決まれば、起業の準備に入りますが、そこで知っておくべきは目的別の注意点です。具体的には次の通りです。

【得意分野を活かす方法】
すでに実績やノウハウがあるため、最初から顧客がつきやすい点は大きなメリットですが、その反面、最初から高い技術を求められます。できて当たり前という期待に常に応え続けていくため、会社員時代以上に進化を続ける必要があります。

【やりたいこと、好きなことで起業する方法】
自分がもっとも興味を持っていることで起業できるため、大きなやりがいを感じられますが、ビジネスとして取り組む以上、嫌になってしまうことも十分に考えられます。その時に最初の情熱を持ったままで続けられるかどうかが重要なポイントとなります。

【困っていることを解決する方法】
多くの人に感謝されるビジネスを行うことができますが、そのためには多くの協力を仰ぐ必要もあります。ほかのビジネス以上に他者とのコミュニケーションをしっかりと取れることが必須といえます。

【既存のビジネスモデルからヒントを得る方法】
既存のビジネスモデルを基にこれまでにない新しいビジネスモデルを構築できる可能性がありますが、そのためには常に最新トレンドに目を配り、柔軟な姿勢で新しいことに挑んでいかなくてはなりません。

現在、起業のハードルが下がっているとはいえ、目的の段階でしっかりとしたビジョンが見えなければ成功は難しいといえます。今回のコラムを参考に、明確な目的を決めていきましょう。

【東京都内23区のバーチャルオフィスまとめ】
東京のバーチャルオフィス千代田区のバーチャルオフィス
中央区のバーチャルオフィス港区のバーチャルオフィス
新宿区のバーチャルオフィス文京区のバーチャルオフィス
台東区のバーチャルオフィス墨田区のバーチャルオフィス
江東区のバーチャルオフィス品川区のバーチャルオフィス
目黒区のバーチャルオフィス大田区のバーチャルオフィス
世田谷区のバーチャルオフィス渋谷区のバーチャルオフィス
中野区のバーチャルオフィス杉並区のバーチャルオフィス
豊島区のバーチャルオフィス北区のバーチャルオフィス
荒川区のバーチャルオフィス板橋区のバーチャルオフィス
練馬区のバーチャルオフィス足立区のバーチャルオフィス
葛飾区のバーチャルオフィス江戸川区のバーチャルオフィス
【路線別バーチャルオフィス一覧】
山手線のバーチャルオフィス京浜東北・根岸線のバーチャルオフィス
湘南新宿ラインのバーチャルオフィス横浜線のバーチャルオフィス
中央・総武線のバーチャルオフィス埼京線のバーチャルオフィス
京葉線のバーチャルオフィス
東京メトロ銀座線のバーチャルオフィス東京メトロ丸の内線のバーチャルオフィス
東京メトロ日比谷線のバーチャルオフィス東京メトロ東西線のバーチャルオフィス
東京メトロ千代田線のバーチャルオフィス東京メトロ有楽町線のバーチャルオフィス
東京メトロ半蔵門線のバーチャルオフィス東京メトロ南北線のバーチャルオフィス
東京メトロ副都心線のバーチャルオフィス
都営地下鉄大江戸線のバーチャルオフィス都営地下鉄新宿線のバーチャルオフィス
都営地下鉄三田線のバーチャルオフィス都営地下鉄浅草線のバーチャルオフィス
京成線のバーチャルオフィス京王線のバーチャルオフィス
東急東横線のバーチャルオフィス東急田園都市線のバーチャルオフィス
京浜急行のバーチャルオフィス小田急小田原線のバーチャルオフィス
ゆりかもめ線のバーチャルオフィスりんかい線のバーチャルオフィス
札幌市営地下鉄のバーチャルオフィス仙台市営地下鉄のバーチャルオフィス
名古屋市営地下鉄のバーチャルオフィス東海道線(名古屋)のバーチャルオフィス
京都市営地下鉄のバーチャルオフィス大阪メトロ御堂筋線のバーチャルオフィス
東西線(大阪)のバーチャルオフィス広島電鉄のバーチャルオフィス
福岡市営地下鉄のバーチャルオフィス
【都道府県のバーチャルオフィス一覧】
北海道のバーチャルオフィス青森のバーチャルオフィス
岩手のバーチャルオフィス宮城のバーチャルオフィス
福島のバーチャルオフィス山形のバーチャルオフィス
秋田のバーチャルオフィス茨城のバーチャルオフィス
埼玉のバーチャルオフィス群馬のバーチャルオフィス
栃木のバーチャルオフィス千葉のバーチャルオフィス
神奈川のバーチャルオフィス山梨のバーチャルオフィス
福井のバーチャルオフィス石川のバーチャルオフィス
富山のバーチャルオフィス静岡のバーチャルオフィス
岐阜のバーチャルオフィス長野のバーチャルオフィス
三重のバーチャルオフィス京都のバーチャルオフィス
愛知のバーチャルオフィス滋賀のバーチャルオフィス
大阪のバーチャルオフィス岡山のバーチャルオフィス
島根のバーチャルオフィス鳥取のバーチャルオフィス
和歌山のバーチャルオフィス奈良のバーチャルオフィス
兵庫のバーチャルオフィス広島のバーチャルオフィス
高知のバーチャルオフィス愛媛のバーチャルオフィス
香川のバーチャルオフィス徳島のバーチャルオフィス
山口のバーチャルオフィス福岡のバーチャルオフィス
佐賀のバーチャルオフィス長崎のバーチャルオフィス
熊本のバーチャルオフィス大分のバーチャルオフィス
宮崎のバーチャルオフィス鹿児島のバーチャルオフィス
沖縄のバーチャルオフィス
【各都市のバーチャルオフィス】
札幌市のバーチャルオフィス仙台市のバーチャルオフィス
盛岡市のバーチャルオフィス郡山市のバーチャルオフィス
宇都宮市のバーチャルオフィス高崎市のバーチャルオフィス
さいたま市のバーチャルオフィス千葉市のバーチャルオフィス
船橋市のバーチャルオフィス横浜市のバーチャルオフィス
川崎市のバーチャルオフィス鎌倉市のバーチャルオフィス
金沢市のバーチャルオフィス長野市のバーチャルオフィス
名古屋市のバーチャルオフィス一宮市のバーチャルオフィス
京都市のバーチャルオフィス大阪市のバーチャルオフィス
神戸市のバーチャルオフィス姫路市のバーチャルオフィス
福岡市のバーチャルオフィス那覇市のバーチャルオフィス
【エリア別のバーチャルオフィス】
市ヶ谷エリアのバーチャルオフィス水道橋エリアのバーチャルオフィス
飯田橋エリアのバーチャルオフィス神保町エリアのバーチャルオフィス
池袋エリアのバーチャルオフィス大手町エリアのバーチャルオフィス
上野エリアのバーチャルオフィス銀座エリアのバーチャルオフィス
新橋エリアのバーチャルオフィス日本橋エリアのバーチャルオフィス
麹町エリアのバーチャルオフィス赤坂エリアのバーチャルオフィス
六本木エリアのバーチャルオフィス秋葉原エリアのバーチャルオフィス
高田馬場エリアのバーチャルオフィス青山エリアのバーチャルオフィス
表参道エリアのバーチャルオフィス丸の内エリアのバーチャルオフィス
  • この記事を書いた人

バーチャルオフィス大辞典編集部

バーチャルオフィスについての様々な情報を編集しています。バーチャルオフィスの利用を検討されている方に必要な情報を収集し記事にまとめています。

-起業・経営
-

Copyright© 東京バーチャルオフィス大辞典|東京のバーチャルオフィスを中心に解説 , 2020 All Rights Reserved.