起業・経営

経営の基本「経営資源の5視点」

2019年12月13日

マーケティングのフレームワーク(手法)について学ぶ中で出てくるのが「経営資源の5視点」です。自社、他社、そして業界を客観的に分析する時に役立つ手法で、的確に現状を把握し、より適切に自社の資源を分配して利益を高める助けとなります。

マーケティングにおける経営資源の5視点とは

経営資源とは、経済学者のエディス・ペンローズによって提唱された経営用語です。

企業を経営していく上で役立つ要素や能力のことで、一般的にヒト、モノ、カネの3つが主要な経営資源だと考えられています。そして、経営資源は必ず「ヒト、モノ、カネ」の順番で語られます。

ここに「情報」を加え4大経営資源と呼ぶこともありますが、近年ではさらに「時間」を追加し「経営資源の5視点」と呼ぶフレームワークが一般的になってきました。

「ヒト、モノ、カネ」はマーケティングの目標とイノベーションの目標を実現するために欠かせず、これらをどう調達し、どう用いて、どう開発していくかが重要であると、「マネジメント」の著者として知られるピーター・F・ドラッカーが語っています。

経営資源の5視点では、「ヒト、モノ、カネ、情報、時間」から資源の分配情報を調べ、現状を把握した上で、より適切に資源を分配する方法を見つけます。このフレームワークは自社や業界の資源配分状況を見直したい時に有効です。

マーケティングでは欠かせない「経営資源の5視点」の5つの要素

「経営資源の5視点」で扱う5つの要素について、詳しく見ていきましょう。

【ヒト】
経営資源の5視点で最も重要な資源がヒトです。簡単に調達や廃棄、入れ替えができない資源で、近年の日本においては調達することすら難しくなっています。

しかしヒトがいなければ経営が成り立たず、どのようなヒトをどこに配置するかがマーケティングを行う上で非常に重要です。

ヒトが企画を出し、営業し、商品を作り、顧客や他社とのつながりを作ります。そして若い世代にそれらの手法を伝えるのもヒトです。経営、教育、モノづくりのノウハウは全てヒトの中にあります。企業を支える最も大切な資源はヒトであることを、経営者は肝に銘じておかなくてはなりません。

また、経営者がヒトをよく見て、それぞれの得手不得手を理解することで、より最適な分配を行い、企業利益を上げることができます。

【モノ】
ここで言うモノは、一般的には商品と商品の原料や部品、設備といった物理的な資源です。しかし、士業やコンサルタントなど一部の職業においては知識が商品となります。

商品を作るために必要なものを明確にしなければ、必要なものが足りず、不要なものがあるという状態になります。何が必要で何が不要かを見極めることが大切です。

京セラの稲盛和夫氏は「100の注文に対し予備を含め120作ると、20は価値のない在庫となる。保有するだけで資産となり課税対象となるため、予備の20は不要だ」という考え方だったと語られています。

必要なものだけ持つ、不要なものは手放すことで、不要な支出を減らし利益を上げることができます。

【カネ】
モノを買う、ヒトを雇う、全てにカネが必要となります。しかし、カネの順位はヒト・モノより下です。カネを大事にするのではなく、まずヒトを大事にし、次にモノを大事にしなくてはいけません。

【情報】
現代においては、正しい最新の情報をいかにたくさん得られているかが、ビジネスの成功を大きく左右し、売り上げに関わります。

ただし、現代は情報にあふれています。たくさんの情報の中から、自社にとって価値がある情報をピックアップできるかどうか、その情報からどのような意味をくみ取るかという能力も必要とされます。

【時間】
「経営資源の5視点」ですべての人、企業に平等に与えられるのが時間です。この限られた時間の中でいかに効率よく、たくさんの仕事をこなせるかが重要となります。

同じような資金力がある会社を比較した場合、片方が短時間で作業を行うノウハウを持っているとしたら、それだけで差別化が図れ、売り上げや人的コストが変わってくるでしょう。
「経営資源の5視点」をマーケティングでどう使っていくか
「経営資源の5視点」は、ただフレームワークを行い、5つの要素を埋めるだけでは意味がありません。

「経営資源の5視点」が目指すのは、資源を正しく分配することです。「経営資源の5視点」の中で、ウィークポイントとなる資源を見つけ、どう再分配すればバランスが良くなるのかを考えなくてはいけません。

たとえば自社を「経営資源の5視点」のフレームワークで分析したところ、カネと情報が強いことがわかったけれど、その他の要素が他者と比較し弱いことが明らかになったとします。

弱い資源であるヒト、モノ、時間を強くするため、そこにカネと情報を使う施策を打つのが一般的です。しかしこれが必ずしも正解というわけではなく、もともと強いカネと情報をさらに強くして全体を牽引するという施策を打つ方法もあります。

他と差別化を図るポイントを明確にするのにも役立つ「経営資源の5視点」ですが、忘れてはならないのは、常に「ヒト、モノ、カネ、情報、時間」の順序だということ。

まずはヒトを強くすることにパワーを傾けることが、企業を根底から強くし、その他の要素にも少しずつ影響が出ていくことは確かです。

【東京都内23区のバーチャルオフィスまとめ】
東京のバーチャルオフィス千代田区のバーチャルオフィス
中央区のバーチャルオフィス港区のバーチャルオフィス
新宿区のバーチャルオフィス文京区のバーチャルオフィス
台東区のバーチャルオフィス墨田区のバーチャルオフィス
江東区のバーチャルオフィス品川区のバーチャルオフィス
目黒区のバーチャルオフィス大田区のバーチャルオフィス
世田谷区のバーチャルオフィス渋谷区のバーチャルオフィス
中野区のバーチャルオフィス杉並区のバーチャルオフィス
豊島区のバーチャルオフィス北区のバーチャルオフィス
荒川区のバーチャルオフィス板橋区のバーチャルオフィス
練馬区のバーチャルオフィス足立区のバーチャルオフィス
葛飾区のバーチャルオフィス江戸川区のバーチャルオフィス
【路線別バーチャルオフィス一覧】
山手線のバーチャルオフィス京浜東北・根岸線のバーチャルオフィス
湘南新宿ラインのバーチャルオフィス横浜線のバーチャルオフィス
中央・総武線のバーチャルオフィス埼京線のバーチャルオフィス
京葉線のバーチャルオフィス
東京メトロ銀座線のバーチャルオフィス東京メトロ丸の内線のバーチャルオフィス
東京メトロ日比谷線のバーチャルオフィス東京メトロ東西線のバーチャルオフィス
東京メトロ千代田線のバーチャルオフィス東京メトロ有楽町線のバーチャルオフィス
東京メトロ半蔵門線のバーチャルオフィス東京メトロ南北線のバーチャルオフィス
東京メトロ副都心線のバーチャルオフィス
都営地下鉄大江戸線のバーチャルオフィス都営地下鉄新宿線のバーチャルオフィス
都営地下鉄三田線のバーチャルオフィス都営地下鉄浅草線のバーチャルオフィス
京成線のバーチャルオフィス京王線のバーチャルオフィス
東急東横線のバーチャルオフィス東急田園都市線のバーチャルオフィス
京浜急行のバーチャルオフィス小田急小田原線のバーチャルオフィス
ゆりかもめ線のバーチャルオフィスりんかい線のバーチャルオフィス
札幌市営地下鉄のバーチャルオフィス仙台市営地下鉄のバーチャルオフィス
名古屋市営地下鉄のバーチャルオフィス東海道線(名古屋)のバーチャルオフィス
京都市営地下鉄のバーチャルオフィス大阪メトロ御堂筋線のバーチャルオフィス
東西線(大阪)のバーチャルオフィス広島電鉄のバーチャルオフィス
福岡市営地下鉄のバーチャルオフィス
【都道府県のバーチャルオフィス一覧】
北海道のバーチャルオフィス青森のバーチャルオフィス
岩手のバーチャルオフィス宮城のバーチャルオフィス
福島のバーチャルオフィス山形のバーチャルオフィス
秋田のバーチャルオフィス茨城のバーチャルオフィス
埼玉のバーチャルオフィス群馬のバーチャルオフィス
栃木のバーチャルオフィス千葉のバーチャルオフィス
神奈川のバーチャルオフィス山梨のバーチャルオフィス
福井のバーチャルオフィス石川のバーチャルオフィス
富山のバーチャルオフィス静岡のバーチャルオフィス
岐阜のバーチャルオフィス長野のバーチャルオフィス
三重のバーチャルオフィス京都のバーチャルオフィス
愛知のバーチャルオフィス滋賀のバーチャルオフィス
大阪のバーチャルオフィス岡山のバーチャルオフィス
島根のバーチャルオフィス鳥取のバーチャルオフィス
和歌山のバーチャルオフィス奈良のバーチャルオフィス
兵庫のバーチャルオフィス広島のバーチャルオフィス
高知のバーチャルオフィス愛媛のバーチャルオフィス
香川のバーチャルオフィス徳島のバーチャルオフィス
山口のバーチャルオフィス福岡のバーチャルオフィス
佐賀のバーチャルオフィス長崎のバーチャルオフィス
熊本のバーチャルオフィス大分のバーチャルオフィス
宮崎のバーチャルオフィス鹿児島のバーチャルオフィス
沖縄のバーチャルオフィス
【各都市のバーチャルオフィス】
札幌市のバーチャルオフィス仙台市のバーチャルオフィス
盛岡市のバーチャルオフィス郡山市のバーチャルオフィス
宇都宮市のバーチャルオフィス高崎市のバーチャルオフィス
さいたま市のバーチャルオフィス千葉市のバーチャルオフィス
船橋市のバーチャルオフィス横浜市のバーチャルオフィス
川崎市のバーチャルオフィス鎌倉市のバーチャルオフィス
金沢市のバーチャルオフィス長野市のバーチャルオフィス
名古屋市のバーチャルオフィス一宮市のバーチャルオフィス
京都市のバーチャルオフィス大阪市のバーチャルオフィス
神戸市のバーチャルオフィス姫路市のバーチャルオフィス
福岡市のバーチャルオフィス那覇市のバーチャルオフィス
【エリア別のバーチャルオフィス】
市ヶ谷エリアのバーチャルオフィス水道橋エリアのバーチャルオフィス
飯田橋エリアのバーチャルオフィス神保町エリアのバーチャルオフィス
池袋エリアのバーチャルオフィス大手町エリアのバーチャルオフィス
上野エリアのバーチャルオフィス銀座エリアのバーチャルオフィス
新橋エリアのバーチャルオフィス日本橋エリアのバーチャルオフィス
麹町エリアのバーチャルオフィス赤坂エリアのバーチャルオフィス
六本木エリアのバーチャルオフィス秋葉原エリアのバーチャルオフィス
高田馬場エリアのバーチャルオフィス青山エリアのバーチャルオフィス
表参道エリアのバーチャルオフィス丸の内エリアのバーチャルオフィス
  • この記事を書いた人

バーチャルオフィス大辞典編集部

バーチャルオフィスについての様々な情報を編集しています。バーチャルオフィスの利用を検討されている方に必要な情報を収集し記事にまとめています。

-起業・経営
-

Copyright© 東京バーチャルオフィス大辞典|東京のバーチャルオフィスを中心に解説 , 2020 All Rights Reserved.