起業・経営

データで見る日本で起業する人は、こんな人

2019年12月10日

現在、バーチャルオフィスやシェアオフィスなどオフィス形態の多様化、そしてクラウドファンディング、起業家と投資家のマッチングサービスなど資金調達方法も多様化しています。

さまざまな起業方法が登場したことで、起業は一部の人が行うものではなく、身近なこととして捉えられるようになりました。

しかし、実際に起業家は増加しているのでしょうか? 今回は中小企業庁や総務省のデータを基に、日本における起業者数の推移について、性別や年齢別に見ていきます。

起業を希望する人、起業した人の推移

現在、日本には、どのぐらいの数の起業家(すでに起業した人)、そして起業を希望する人がいるのでしょう。ここでは総務省が発表した「就業構造基本調査」で見てみます。

この調査は5年ごとに行われていますが、直近の2012年の結果を見ると、起業希望者(兼業・副業としての起業希望者も含む)は151.6万人、そして実際に起業(兼業・副業としての起業者も含む)した人は30.6万人となっています。

この数字が多いか少ないかですが、実際に起業した人の数は1979年以降、それほど大きな変化はありません。一番多かったのは1997年の36.8万人ですから、2012年の30.6万人と比べても微減程度です。

しかし起業希望者の数は大幅に変化しています。起業希望者がもっとも多かったのは、1979年の304.5万人です。そしてもっとも少ないのが、2012年の151.6万人ですから、実に約153万人も減少していることになります。

起業希望者が年々減少している主な理由として、1979年頃から右肩上がりで経済成長が続いていた時期を経て、バブルが崩壊したことが考えられます。

起業希望者は減っていますが、実際に起業した数は以前と比べてもほぼ変わっていません。このような状況を見ると、起業を希望している人も漠然とした思いで手を上げているのではなく、経済状況が厳しくなって以降は、具体的に、そして明確に起業ビジョンを持つ人が数字として表れていると考えられます。

それは、起業希望者に対する起業家の割合にも表れています。もっとも起業者が多かった1997年は13.1%ですが、2012年は20.2%と初めて20%を超えています。

このことからも、起業希望者は減少しているものの、それはなんとなく起業したいといった漠然とした希望者が減っているだけであり、現在は具体的な起業のビジョンを持ち、実際に起業にまで至る層が厚くなっているといえます。

性別で見る起業する人の割合

次に、起業した人、起業希望者を性別で見てみます。

これも前項と同じ総務省の「就業構造基本調査」の結果からですが、起業希望者は1979年の時点で男性68.7%、女性31.3%です。そして2012年では男性66.6%、女性33.4%となっています。
もっとも差が大きかったのは1997年で、男性74.4%、女性25.6%ですから、少しずつ女性の割合が増えつつありますが、全体的にはここ30年でさほど大きな変化はありません。

しかし実際に起業した人の男女比を見ると、1979年の男性63.3%、女性36.7%から、2012年の男性71.2%、女性28.8%と緩やかではありますが、男性の割合が増えつつあります。この結果から、女性の起業希望者は少しずつ増えてはいるものの、実際に起業する女性はその増加スピードに追いついていないといえます。

この30年の間で、男女雇用機会均等法が1986年に施行され、女性の社会進出が本格的になったにも関わらず、起業希望者の数は大きく変わっていません。

これは雇用される側の状況は大きく変化しているものの、起業をしたいと考える女性の数は社会状況の変化がそれほど大きく影響していない、もしくは影響が出るまでにはもう少し時間が必要なのかもしれません。

何歳で起業する?

次に年齢による起業希望者、起業者を見ていきます。これも総務省が発表した「就業構造基本調査」を基にまずは男性から見てみましょう。

1979年から2012年の間でもっとも大きく変化しているのは、60歳以上の起業者です。1979年には全体のわずか8.4%でしたが、2012年には約4.2倍の35.0%まで増えています。

これに対し39歳以下の起業は1979年には57.0%と全体の半数以上を占めていましたが、2012年は30.7と約27%も減少しています。

これは平均寿命が上がったことで、定年退職をした後の生き方として、起業を選択する人が増えたことが影響していると思われます。

次に、女性の起業家の年齢推移を見ていきます。女性の起業家も男性同様、この30年で60歳以上の起業家は4.6%から20.3%と、約4.4倍に増えています。
逆に39歳以下は、63.2%から43.4%と約20%減少しています。ただ39歳以下が43.4%と約半数を占めていることから、男性ほど起業の高齢化が進んではいないといえます。

次に起業希望者(起業準備者を含む)の年齢分布です。
三菱UFJリサーチ&コンサルティングが2016年12月に発表した「起業・創業に対する意識、経験に関するアンケート調査」によると、男性でもっとも多いのは50~59歳で23.9%、女性でもっとも多いのが30~39歳で29.6%という結果が出ています。
この結果からみても、やはり男性のほうが起業の高齢化が進んでいるといえるのではないでしょうか。

起業業種
最後に、起業をする業種についての調査結果を見てみます。

これも総務省による「就業構造基本調査」によるものですが、男性、女性ともに学術研究,専門・技術サービス業、生活関連サービス業,娯楽業、教育・学習支援業といった「その他のサービス業」がもっとも高く、次いで男性は農業林業といった一次産業。女性は小売業が多くなっています。

しかし、女性の小売業は年々減少をしていて、医療・福祉が増加傾向にあります。高齢化が進む中で、医療や福祉に対する意識が高まっていることが背景にあるのではないでしょうか。

【東京都内23区のバーチャルオフィスまとめ】
東京のバーチャルオフィス千代田区のバーチャルオフィス
中央区のバーチャルオフィス港区のバーチャルオフィス
新宿区のバーチャルオフィス文京区のバーチャルオフィス
台東区のバーチャルオフィス墨田区のバーチャルオフィス
江東区のバーチャルオフィス品川区のバーチャルオフィス
目黒区のバーチャルオフィス大田区のバーチャルオフィス
世田谷区のバーチャルオフィス渋谷区のバーチャルオフィス
中野区のバーチャルオフィス杉並区のバーチャルオフィス
豊島区のバーチャルオフィス北区のバーチャルオフィス
荒川区のバーチャルオフィス板橋区のバーチャルオフィス
練馬区のバーチャルオフィス足立区のバーチャルオフィス
葛飾区のバーチャルオフィス江戸川区のバーチャルオフィス
【路線別バーチャルオフィス一覧】
山手線のバーチャルオフィス京浜東北・根岸線のバーチャルオフィス
湘南新宿ラインのバーチャルオフィス横浜線のバーチャルオフィス
中央・総武線のバーチャルオフィス埼京線のバーチャルオフィス
京葉線のバーチャルオフィス
東京メトロ銀座線のバーチャルオフィス東京メトロ丸の内線のバーチャルオフィス
東京メトロ日比谷線のバーチャルオフィス東京メトロ東西線のバーチャルオフィス
東京メトロ千代田線のバーチャルオフィス東京メトロ有楽町線のバーチャルオフィス
東京メトロ半蔵門線のバーチャルオフィス東京メトロ南北線のバーチャルオフィス
東京メトロ副都心線のバーチャルオフィス
都営地下鉄大江戸線のバーチャルオフィス都営地下鉄新宿線のバーチャルオフィス
都営地下鉄三田線のバーチャルオフィス都営地下鉄浅草線のバーチャルオフィス
京成線のバーチャルオフィス京王線のバーチャルオフィス
東急東横線のバーチャルオフィス東急田園都市線のバーチャルオフィス
京浜急行のバーチャルオフィス小田急小田原線のバーチャルオフィス
ゆりかもめ線のバーチャルオフィスりんかい線のバーチャルオフィス
札幌市営地下鉄のバーチャルオフィス仙台市営地下鉄のバーチャルオフィス
名古屋市営地下鉄のバーチャルオフィス東海道線(名古屋)のバーチャルオフィス
京都市営地下鉄のバーチャルオフィス大阪メトロ御堂筋線のバーチャルオフィス
東西線(大阪)のバーチャルオフィス広島電鉄のバーチャルオフィス
福岡市営地下鉄のバーチャルオフィス
【都道府県のバーチャルオフィス一覧】
北海道のバーチャルオフィス青森のバーチャルオフィス
岩手のバーチャルオフィス宮城のバーチャルオフィス
福島のバーチャルオフィス山形のバーチャルオフィス
秋田のバーチャルオフィス茨城のバーチャルオフィス
埼玉のバーチャルオフィス群馬のバーチャルオフィス
栃木のバーチャルオフィス千葉のバーチャルオフィス
神奈川のバーチャルオフィス山梨のバーチャルオフィス
福井のバーチャルオフィス石川のバーチャルオフィス
富山のバーチャルオフィス静岡のバーチャルオフィス
岐阜のバーチャルオフィス長野のバーチャルオフィス
三重のバーチャルオフィス京都のバーチャルオフィス
愛知のバーチャルオフィス滋賀のバーチャルオフィス
大阪のバーチャルオフィス岡山のバーチャルオフィス
島根のバーチャルオフィス鳥取のバーチャルオフィス
和歌山のバーチャルオフィス奈良のバーチャルオフィス
兵庫のバーチャルオフィス広島のバーチャルオフィス
高知のバーチャルオフィス愛媛のバーチャルオフィス
香川のバーチャルオフィス徳島のバーチャルオフィス
山口のバーチャルオフィス福岡のバーチャルオフィス
佐賀のバーチャルオフィス長崎のバーチャルオフィス
熊本のバーチャルオフィス大分のバーチャルオフィス
宮崎のバーチャルオフィス鹿児島のバーチャルオフィス
沖縄のバーチャルオフィス
【各都市のバーチャルオフィス】
札幌市のバーチャルオフィス仙台市のバーチャルオフィス
盛岡市のバーチャルオフィス郡山市のバーチャルオフィス
宇都宮市のバーチャルオフィス高崎市のバーチャルオフィス
さいたま市のバーチャルオフィス千葉市のバーチャルオフィス
船橋市のバーチャルオフィス横浜市のバーチャルオフィス
川崎市のバーチャルオフィス鎌倉市のバーチャルオフィス
金沢市のバーチャルオフィス長野市のバーチャルオフィス
名古屋市のバーチャルオフィス一宮市のバーチャルオフィス
京都市のバーチャルオフィス大阪市のバーチャルオフィス
神戸市のバーチャルオフィス姫路市のバーチャルオフィス
福岡市のバーチャルオフィス那覇市のバーチャルオフィス
【エリア別のバーチャルオフィス】
市ヶ谷エリアのバーチャルオフィス水道橋エリアのバーチャルオフィス
飯田橋エリアのバーチャルオフィス神保町エリアのバーチャルオフィス
池袋エリアのバーチャルオフィス大手町エリアのバーチャルオフィス
上野エリアのバーチャルオフィス銀座エリアのバーチャルオフィス
新橋エリアのバーチャルオフィス日本橋エリアのバーチャルオフィス
麹町エリアのバーチャルオフィス赤坂エリアのバーチャルオフィス
六本木エリアのバーチャルオフィス秋葉原エリアのバーチャルオフィス
高田馬場エリアのバーチャルオフィス青山エリアのバーチャルオフィス
表参道エリアのバーチャルオフィス丸の内エリアのバーチャルオフィス
  • この記事を書いた人

バーチャルオフィス大辞典編集部

バーチャルオフィスについての様々な情報を編集しています。バーチャルオフィスの利用を検討されている方に必要な情報を収集し記事にまとめています。

-起業・経営
-

Copyright© 東京バーチャルオフィス大辞典|東京のバーチャルオフィスを中心に解説 , 2020 All Rights Reserved.