起業・経営

今更聞けない!創業計画書と事業計画書の違い!

2019年12月12日

創業計画書と事業計画書ともに、日常よく見聞きする言葉です。でも、これらの違いについて「明確な答えがない」という人も少なくないでしょう。

今後、臨機応変に会社の利害関係者に提示・アピールしていく必要がありますので、創業計画書と事業計画書の内容について確認しておきましょう。

基本的には創業計画書と事業計画書は同じ

創業計画書と事業計画書は、本質的に異なるものではありません。
創業計画書は「簡便化された一種の事業計画書」と言えるもので、どちらも事業をどう進めていくかについて記述しており、作成方法も似ています。

しかし、異なるポイントもいくつかあります。それは、「作成のタイミング」「対象融資」「記載内容」の3つです。

【作成のタイミング】
創業計画書と事業計画書は、作成するタイミングが違います。

<創業計画書>
事業をスタートさせる際に作成し、創業資金の融資を受けるために必要なものです。場合によっては、事業計画書が必要になることもあります。

<事業計画書>
決まった基準があるわけではないのですが、事業をスタートさせ、ある程度、事業実績が出た時期に、「事業を拡大するにあたって資金が必要」「資金繰りに不安があるので融資を受けたい」といった資金調達のニーズが出てきた場合に作成するものです。

【対象融資】
両者は対象融資が違います。

<創業計画書>
事業を新規に立ち上げる際は事業実績がありません。それゆえ、金融機関から創業資金の融資を受けることは極めて困難です。しかし、政府系金融機関である日本政策金融公庫では、国策として創業資金を融資・支援する制度があります。

そして、その制度にそって、創業資金の申し込みをする際には、必ず創業計画書の提出を求められます。また場合によっては、事業計画書が必要になることもあります。

<事業計画書>
事業をスタートさせ、事業実績がついてくると、民間の金融機関から融資を受けられる可能性がでてきます。そういった融資の相談・申し込みをする際には、たいてい事業計画書の作成・提出を求められます。

【記載内容】
両者は記載する内容においても違いがあります。

<創業計画書>
創業時の資金計画において、申込人がそれまでコツコツと積み上げ準備してきた自己資金は貴重なものです、創業計画書にもきちんと記載しておくべき事項です。

また事業スタート後、当面どのくらいの資金が必要なのかについても記載しておく必須事項になりますが、なにぶん事業実績がないので記入しづらい面があります。

しかし、経営者に業種面のキャリアがある程度あれば、十分な確度をもって記載でき、その点をアピールすることも可能です。

<事業計画書>
ある程度の事業実績がついてきた時期に資金が必要になり、金融機関に融資を申し込む場合、将来的に引き続き事業を継続する力があることを、相手方である金融機関に納得してもらわなければなりません。

そこで大事な点となるのは、たとえこれまでの業績が順調であったとしても、その延長線上で、将来を単なる右肩上がりの直線で描くのではなく、予測されるマイナス要素も織り込んで、それらを克服した実のある計画として、積極的にアピールすることが大切です。

創業計画書と事業計画書どちらを作成するのがいい?

創業計画書と事業計画書は、自社の事業を説明するという点では同じですが、細かい点で違いがあります。
そうした中で、事業計画書を作成した方がよい理由としては、以下のようなことが挙げられます。

【事業のビジョンが明らかになる】
事業計画書は「融資を受けるためだけに必要」といったものではなく、もっと大事な役割も有しています。

それは自社の事業を運営していく上での「より所」ともいえる位置づけであって、創業後、時間の経過とともに創業時の「創業の動機・目的」「経営理念」といった初心が薄れ、自社の存在意義を見失ったりすることがあります。

しかし、事業計画書を作成することで自社の原点に立ち戻ることができます。そして、道しるべのような役割を果たしてくれます。

【出資者以外の人や機関に対し、事業を説明する際に有効である】
事業計画書では、「これまでどのような事業を行ってきて、どのくらいの業績を上げてきたか」といった実績面と、「今後、事業をどのように展開し、どのくらいの収益を上げていくのか」といった計画面の両面について記述します(比重は計画面に重きを置き記述します)。

それゆえ、事業計画書は「金融機関への融資申込時に必要なもの」という以外に、もっと広く自社の利害関係者、たとえばこれからのビジネス展開において、協力者となりうる会社関係者や得意先にアピールしたり、あるいは自社で人材集めをする際に有効利用できる書類でもあります。

【東京都内23区のバーチャルオフィスまとめ】
東京のバーチャルオフィス千代田区のバーチャルオフィス
中央区のバーチャルオフィス港区のバーチャルオフィス
新宿区のバーチャルオフィス文京区のバーチャルオフィス
台東区のバーチャルオフィス墨田区のバーチャルオフィス
江東区のバーチャルオフィス品川区のバーチャルオフィス
目黒区のバーチャルオフィス大田区のバーチャルオフィス
世田谷区のバーチャルオフィス渋谷区のバーチャルオフィス
中野区のバーチャルオフィス杉並区のバーチャルオフィス
豊島区のバーチャルオフィス北区のバーチャルオフィス
荒川区のバーチャルオフィス板橋区のバーチャルオフィス
練馬区のバーチャルオフィス足立区のバーチャルオフィス
葛飾区のバーチャルオフィス江戸川区のバーチャルオフィス
【路線別バーチャルオフィス一覧】
山手線のバーチャルオフィス京浜東北・根岸線のバーチャルオフィス
湘南新宿ラインのバーチャルオフィス横浜線のバーチャルオフィス
中央・総武線のバーチャルオフィス埼京線のバーチャルオフィス
京葉線のバーチャルオフィス
東京メトロ銀座線のバーチャルオフィス東京メトロ丸の内線のバーチャルオフィス
東京メトロ日比谷線のバーチャルオフィス東京メトロ東西線のバーチャルオフィス
東京メトロ千代田線のバーチャルオフィス東京メトロ有楽町線のバーチャルオフィス
東京メトロ半蔵門線のバーチャルオフィス東京メトロ南北線のバーチャルオフィス
東京メトロ副都心線のバーチャルオフィス
都営地下鉄大江戸線のバーチャルオフィス都営地下鉄新宿線のバーチャルオフィス
都営地下鉄三田線のバーチャルオフィス都営地下鉄浅草線のバーチャルオフィス
京成線のバーチャルオフィス京王線のバーチャルオフィス
東急東横線のバーチャルオフィス東急田園都市線のバーチャルオフィス
京浜急行のバーチャルオフィス小田急小田原線のバーチャルオフィス
ゆりかもめ線のバーチャルオフィスりんかい線のバーチャルオフィス
札幌市営地下鉄のバーチャルオフィス仙台市営地下鉄のバーチャルオフィス
名古屋市営地下鉄のバーチャルオフィス東海道線(名古屋)のバーチャルオフィス
京都市営地下鉄のバーチャルオフィス大阪メトロ御堂筋線のバーチャルオフィス
東西線(大阪)のバーチャルオフィス広島電鉄のバーチャルオフィス
福岡市営地下鉄のバーチャルオフィス
【都道府県のバーチャルオフィス一覧】
北海道のバーチャルオフィス青森のバーチャルオフィス
岩手のバーチャルオフィス宮城のバーチャルオフィス
福島のバーチャルオフィス山形のバーチャルオフィス
秋田のバーチャルオフィス茨城のバーチャルオフィス
埼玉のバーチャルオフィス群馬のバーチャルオフィス
栃木のバーチャルオフィス千葉のバーチャルオフィス
神奈川のバーチャルオフィス山梨のバーチャルオフィス
福井のバーチャルオフィス石川のバーチャルオフィス
富山のバーチャルオフィス静岡のバーチャルオフィス
岐阜のバーチャルオフィス長野のバーチャルオフィス
三重のバーチャルオフィス京都のバーチャルオフィス
愛知のバーチャルオフィス滋賀のバーチャルオフィス
大阪のバーチャルオフィス岡山のバーチャルオフィス
島根のバーチャルオフィス鳥取のバーチャルオフィス
和歌山のバーチャルオフィス奈良のバーチャルオフィス
兵庫のバーチャルオフィス広島のバーチャルオフィス
高知のバーチャルオフィス愛媛のバーチャルオフィス
香川のバーチャルオフィス徳島のバーチャルオフィス
山口のバーチャルオフィス福岡のバーチャルオフィス
佐賀のバーチャルオフィス長崎のバーチャルオフィス
熊本のバーチャルオフィス大分のバーチャルオフィス
宮崎のバーチャルオフィス鹿児島のバーチャルオフィス
沖縄のバーチャルオフィス
【各都市のバーチャルオフィス】
札幌市のバーチャルオフィス仙台市のバーチャルオフィス
盛岡市のバーチャルオフィス郡山市のバーチャルオフィス
宇都宮市のバーチャルオフィス高崎市のバーチャルオフィス
さいたま市のバーチャルオフィス千葉市のバーチャルオフィス
船橋市のバーチャルオフィス横浜市のバーチャルオフィス
川崎市のバーチャルオフィス鎌倉市のバーチャルオフィス
金沢市のバーチャルオフィス長野市のバーチャルオフィス
名古屋市のバーチャルオフィス一宮市のバーチャルオフィス
京都市のバーチャルオフィス大阪市のバーチャルオフィス
神戸市のバーチャルオフィス姫路市のバーチャルオフィス
福岡市のバーチャルオフィス那覇市のバーチャルオフィス
【エリア別のバーチャルオフィス】
市ヶ谷エリアのバーチャルオフィス水道橋エリアのバーチャルオフィス
飯田橋エリアのバーチャルオフィス神保町エリアのバーチャルオフィス
池袋エリアのバーチャルオフィス大手町エリアのバーチャルオフィス
上野エリアのバーチャルオフィス銀座エリアのバーチャルオフィス
新橋エリアのバーチャルオフィス日本橋エリアのバーチャルオフィス
麹町エリアのバーチャルオフィス赤坂エリアのバーチャルオフィス
六本木エリアのバーチャルオフィス秋葉原エリアのバーチャルオフィス
高田馬場エリアのバーチャルオフィス青山エリアのバーチャルオフィス
表参道エリアのバーチャルオフィス丸の内エリアのバーチャルオフィス

  • この記事を書いた人

バーチャルオフィス大辞典編集部

バーチャルオフィスについての様々な情報を編集しています。バーチャルオフィスの利用を検討されている方に必要な情報を収集し記事にまとめています。

-起業・経営
-

Copyright© 東京バーチャルオフィス大辞典|東京のバーチャルオフィスを中心に解説 , 2020 All Rights Reserved.