起業・経営

起業したての時期に必要な集客を成功させるポイント

2019年12月13日

起業した時にまず悩むことは、集客の方法だと思います。どんなに良質なサービスや商品を持っていたとしても、それをお客さんに知らせなければ何の意味もありません。

以前と比べ、現在は集客のための方法もツールの種類も多様化しています。「時代に即した集客方法をとる」、これが成功するための大切な要素と言えるでしょう。

コンセプトを明確にすることが最初の一歩

コンセプトとは、全体を通した基本的な概念や考え方のことで、起業するにあたり、まずは自分の会社のコンセプトを明確にすることが大切です。

例えば音楽をコンセプトにしたカフェであれば、店名や外装、内装、インテリア、店員の服装などを音楽に関係した演出を施している店ということになります。
料理も、例えば「ハードロックカレー」といったメニュー名にすることで、音楽というコンセプトをより一層打ち出すことができます。

店内にかける曲なども「曜日によってジャンルを変える」「マニア必聴の曲をかける」「アニメに特化した曲をかける」など、アイデアは広がっていくはずです。

これらはすべて、最初のコンセプトがしっかりしているからこそできることです。そして事業のコンセプトがしっかりしていることで、顧客に対して何をアピールするべきかが明確になってきます。

「あの店に行けばこんなものが提供してもらえる」「ここではこんなサービスが受けられる」といったことを顧客にハッキリと伝えることで、集客もしやすくなります。

「お客さまが求めているものを提供して喜んでもらう」

これが企業理念としていちばん基本的で大切なことでしょう。

マーケティングを理解する

「お客さまに喜んでもらう」ために必要なこととして、マーケティングがあります。

マーケティングとは簡単にいえば、
「お客さまが真に求めるサービスや商品を作ってその情報を届け、お客さまがその価値を効果的に得られるようにする」といった概念のことで、サービスや商品がより効率的に大量に売れるように、市場調査、製造、輸送、保管、販売、宣伝までのすべての過程において行う企業活動の総称でもあります。

「どんなお客さまが何を求めているか、その市場はどうなっているか」などを調査して、ターゲットとなる顧客層に宣伝を行い、敏速かつ効率的にサービスや商品が届くように考えて実行することです。

さまざまな集客手段と効率的な方法

ではマーケティングの一環でもある集客、いわゆる広告や宣伝をするには、どのような方法があるのか見ていきましょう。

【集客方法の基本】
集客の手段の前に、まずは集客のために顧客に伝える必要のあることを整理してみましょう。

<自社のサービスに適合した顧客に、その存在を知ってもらう>
どんなに大勢の人に宣伝しても、顧客が自社の扱っているサービスや商品に興味を持っていなければ意味がありません。
もちろん、興味のない人に向けてのアピールも必要ではありますが、それ以上に自社が提供する内容に適合している、適合しそうな人たちに存在を知ってもらうことが重要です。

<自社のサービスや商品が、他社と比べて優れた独自性があることを伝える>
自社のサービスや商品が同業他社と比べてどう違うのか? どんな独自性を持ってどう優れているのかを知らせることが大切です。
そして一度でも利用した人に、リピーターになってもらうためには、広告に偽りのないサービスや商品をお届けすることが大切です。

【集客手段の種類】
従来の集客手段は、新聞に折り込みチラシを入れたりポスティングをしたりといった方法でしたが、手間と経費がかかるわりに認知してもらう範囲が限られていました。

これらの方法は現在でも使われてはいますが、昨今の主流は「Web集客」です。

Web集客とは「Webマーケティング」とも言われている、インターネットのWebツールを使った集客方法のことです。そしてWeb集客にはさまざまな方法があり、それらをうまく連動して使うことで大きな効果を期待することができます。

Web集客の手段としては主に、
・Facebook
・Twitter
・Instagram
といったSNSや「YouTube」などの動画サイトを利用した方法があります。

他にも、会社のホームページを作成したりブログを書いたりと、インターネット上ではさまざまな集客方法があります。

Web集客のメリットとデメリット

【メリット】
<無料で集客もできる>
SNSであれば、無料での集客も可能です。使い方を覚えることでブログやホームページを作成して、そこでの集客をすることもできます。

<全世界への発信も可能>
折り込みチラシなどの集客手段と比べると大きな差があるのが、その発信能力です。国内のみならず、全世界に向けて発信することができるのは、Web集客の最大の利点です。

<時間を選ばずに集客活動ができる>
1日24時間、1年365日いつでも集客できるのも大きなポイントです。

<インターネット上での拡散も期待できる>
SNSなどを見た人がその記事を拡散してくれることで、より多くの人に存在を知ってもらえます。

【デメリット】
<競合相手が多数存在する>
無料で手軽ということで、その手段を使う人が多いのは当然です。
その中でどうやって目立つようにするか? これがいちばん大変な部分です。

<検索エンジンをうまく使えないと見てくれる人は増えない>
後述しますが、ただSNSやホームページを作っただけではあまり役立ちません。多くの人に見てもらうためには、ある程度の専門的な知識が必要となります。

<自社にとって悪い情報も瞬時に拡散される>
閲覧者が自社に対してネガティブなコメントを書き込んだ場合、そのコメントは瞬時に拡散される可能性があります。

Web集客の基本的なポイント

【SEOを利用する】
SEO(Search Engin Optimization)とは「検索エンジン最適化」という意味で、Googleをはじめとする検索エンジンの検索結果に上位表示させるための方法です。
何かを検索して、検索結果の上位に表示されることで、閲覧者の数は桁違いに増えることから、Web集客においてSEOは欠かせない対策となっています。

【Webツール同士の連結】
さまざまなWebツールで自社のアピールをしても、それぞれを連結しなければその能力を最大限に発揮できません。
誰がどのWebツールで閲覧するのかはわからないので、各Webツールを連結させて、どこからでも見られるようにすることが大切です。

【常に情報を更新する】
ホームページなどは作って終わりではなく、常に自分の顧客が求める情報を発信することが大切です。
また、更新頻度を知らせることで閲覧時期を誘導するというのも方法のひとつです。

【東京都内23区のバーチャルオフィスまとめ】
東京のバーチャルオフィス千代田区のバーチャルオフィス
中央区のバーチャルオフィス港区のバーチャルオフィス
新宿区のバーチャルオフィス文京区のバーチャルオフィス
台東区のバーチャルオフィス墨田区のバーチャルオフィス
江東区のバーチャルオフィス品川区のバーチャルオフィス
目黒区のバーチャルオフィス大田区のバーチャルオフィス
世田谷区のバーチャルオフィス渋谷区のバーチャルオフィス
中野区のバーチャルオフィス杉並区のバーチャルオフィス
豊島区のバーチャルオフィス北区のバーチャルオフィス
荒川区のバーチャルオフィス板橋区のバーチャルオフィス
練馬区のバーチャルオフィス足立区のバーチャルオフィス
葛飾区のバーチャルオフィス江戸川区のバーチャルオフィス
【路線別バーチャルオフィス一覧】
山手線のバーチャルオフィス京浜東北・根岸線のバーチャルオフィス
湘南新宿ラインのバーチャルオフィス横浜線のバーチャルオフィス
中央・総武線のバーチャルオフィス埼京線のバーチャルオフィス
京葉線のバーチャルオフィス
東京メトロ銀座線のバーチャルオフィス東京メトロ丸の内線のバーチャルオフィス
東京メトロ日比谷線のバーチャルオフィス東京メトロ東西線のバーチャルオフィス
東京メトロ千代田線のバーチャルオフィス東京メトロ有楽町線のバーチャルオフィス
東京メトロ半蔵門線のバーチャルオフィス東京メトロ南北線のバーチャルオフィス
東京メトロ副都心線のバーチャルオフィス
都営地下鉄大江戸線のバーチャルオフィス都営地下鉄新宿線のバーチャルオフィス
都営地下鉄三田線のバーチャルオフィス都営地下鉄浅草線のバーチャルオフィス
京成線のバーチャルオフィス京王線のバーチャルオフィス
東急東横線のバーチャルオフィス東急田園都市線のバーチャルオフィス
京浜急行のバーチャルオフィス小田急小田原線のバーチャルオフィス
ゆりかもめ線のバーチャルオフィスりんかい線のバーチャルオフィス
札幌市営地下鉄のバーチャルオフィス仙台市営地下鉄のバーチャルオフィス
名古屋市営地下鉄のバーチャルオフィス東海道線(名古屋)のバーチャルオフィス
京都市営地下鉄のバーチャルオフィス大阪メトロ御堂筋線のバーチャルオフィス
東西線(大阪)のバーチャルオフィス広島電鉄のバーチャルオフィス
福岡市営地下鉄のバーチャルオフィス
【都道府県のバーチャルオフィス一覧】
北海道のバーチャルオフィス青森のバーチャルオフィス
岩手のバーチャルオフィス宮城のバーチャルオフィス
福島のバーチャルオフィス山形のバーチャルオフィス
秋田のバーチャルオフィス茨城のバーチャルオフィス
埼玉のバーチャルオフィス群馬のバーチャルオフィス
栃木のバーチャルオフィス千葉のバーチャルオフィス
神奈川のバーチャルオフィス山梨のバーチャルオフィス
福井のバーチャルオフィス石川のバーチャルオフィス
富山のバーチャルオフィス静岡のバーチャルオフィス
岐阜のバーチャルオフィス長野のバーチャルオフィス
三重のバーチャルオフィス京都のバーチャルオフィス
愛知のバーチャルオフィス滋賀のバーチャルオフィス
大阪のバーチャルオフィス岡山のバーチャルオフィス
島根のバーチャルオフィス鳥取のバーチャルオフィス
和歌山のバーチャルオフィス奈良のバーチャルオフィス
兵庫のバーチャルオフィス広島のバーチャルオフィス
高知のバーチャルオフィス愛媛のバーチャルオフィス
香川のバーチャルオフィス徳島のバーチャルオフィス
山口のバーチャルオフィス福岡のバーチャルオフィス
佐賀のバーチャルオフィス長崎のバーチャルオフィス
熊本のバーチャルオフィス大分のバーチャルオフィス
宮崎のバーチャルオフィス鹿児島のバーチャルオフィス
沖縄のバーチャルオフィス
【各都市のバーチャルオフィス】
札幌市のバーチャルオフィス仙台市のバーチャルオフィス
盛岡市のバーチャルオフィス郡山市のバーチャルオフィス
宇都宮市のバーチャルオフィス高崎市のバーチャルオフィス
さいたま市のバーチャルオフィス千葉市のバーチャルオフィス
船橋市のバーチャルオフィス横浜市のバーチャルオフィス
川崎市のバーチャルオフィス鎌倉市のバーチャルオフィス
金沢市のバーチャルオフィス長野市のバーチャルオフィス
名古屋市のバーチャルオフィス一宮市のバーチャルオフィス
京都市のバーチャルオフィス大阪市のバーチャルオフィス
神戸市のバーチャルオフィス姫路市のバーチャルオフィス
福岡市のバーチャルオフィス那覇市のバーチャルオフィス
【エリア別のバーチャルオフィス】
市ヶ谷エリアのバーチャルオフィス水道橋エリアのバーチャルオフィス
飯田橋エリアのバーチャルオフィス神保町エリアのバーチャルオフィス
池袋エリアのバーチャルオフィス大手町エリアのバーチャルオフィス
上野エリアのバーチャルオフィス銀座エリアのバーチャルオフィス
新橋エリアのバーチャルオフィス日本橋エリアのバーチャルオフィス
麹町エリアのバーチャルオフィス赤坂エリアのバーチャルオフィス
六本木エリアのバーチャルオフィス秋葉原エリアのバーチャルオフィス
高田馬場エリアのバーチャルオフィス青山エリアのバーチャルオフィス
表参道エリアのバーチャルオフィス丸の内エリアのバーチャルオフィス
  • この記事を書いた人

バーチャルオフィス大辞典編集部

バーチャルオフィスについての様々な情報を編集しています。バーチャルオフィスの利用を検討されている方に必要な情報を収集し記事にまとめています。

-起業・経営
-

Copyright© 東京バーチャルオフィス大辞典|東京のバーチャルオフィスを中心に解説 , 2020 All Rights Reserved.