起業・経営

起業においての課題は資金調達。創業後、追加融資はできる?できない?

2019年12月13日

多くの起業家が起業後に直面する問題として、起業後の業績が予想より思わしくない、事業計画書通りに事業が進まず売り上げ・利益が伸びない、運転資金が足りなくなったなどがあります。
経営者にとっては頭の痛い問題ですが、それを解決するための課題が資金調達であり、解決策として追加融資があります。

しかし、創業資金の融資を受けているのに、追加融資を申し込むことは可能でしょうか。

追加融資を可能にする条件を紹介します。

起業した経営者に聞いた起業時の課題とは

起業時に一番起業家が頭を悩ませるのが、資金の問題です。潤沢な自己資金があればそれに越したとこはありませんが、多くの起業家は融資または出資を受けて、起業資金に充てています。

事業を運営するためには「ヒト」「モノ」「カネ」が重要な3本柱と言われています。有能な人材を確保し、必要な設備を整えることで、事業を展開していくことができます。しかし、お金がないと人材や設備も確保できず、事業展開も思うようにいきません。

ですから3本柱の内、十分な資金調達が最も重要になります。

起業する時には余裕を持った資金・事業計画を立て、何かの時のために資金調達先も、ある程度めどをつけておくことが大切です。

創業後、計画通りにはいかなくなった場合の追加融資は

「さて、起業したのはいいけれど、計画通りに事業が進まず利益も思ったようには上がらず、だんだん資金面で苦しくなってきた」というケースはよくあります。そのような時には、追加融資を受けたいところですが、果たして可能なのでしょうか。

はっきり言って、創業後の追加融資は創業融資よりもハードルが高く、難しくなります。
事業実績のない創業時の融資は、制度融資や各金融機関も事業計画書の審査で通ることが多いのですが、創業後の追加融資は実績に重点を置いて審査します。

「売り上げは順調に伸びているか」「事業計画書通りに事業が進み、利益を出すことができていて、資金繰りや経営は安定しているか」に着目して審査します。
事業展開が計画通りにいかず、売上が予想よりも上がらず、利益も出ていない場合は、追加融資は難しいと考えたほうがいいでしょう。
また創業して1期目未満で、決算書を確認できない場合には、金融機関としては二の足を踏むことが多くなります。

創業時にはまず、設備資金が必要になることが多く、運転資金は二の次に考えてしまいがちですが、運転資金をいかに回していくかの計画を立てることが重要になります。

創業すると、計画通りにいかずに資金繰りが苦しくなることも多いので、余裕を持った事業計画を立てることが大事です。
追加融資を受けるのは難しいということを念頭に置いて、今後の事業展開を、「売り上げが順調に伸びる場合」「売り上げが予想より2割ダウン」「売り上げが予想より5割ダウン」など3つ程度のパターンを想定して、事業計画を立てるようにしましょう。

追加融資のパターン

以上、追加融資を受けることが難しい場合を述べてきましたが、場合によっては可能になることもあります。

追加融資を成功させるには、1期目の決算書で「事業計画書通りに売上と利益が伸びている」「今後の見通しとして、さらに売上の伸びが見込める」「設備投資や人材確保・投入により事業展開が見込まれる」ということが最低の条件になります。

追加融資はあくまでも実績重視なので、順調に事業が進んでいる実績を示し、今後の増収増益が見込まれることが大切です。
そして、今までは遅延なく返済していることと、残債が少なくなっていることも条件の一つになります。

以上の条件を踏まえた上で、追加融資のパターンを紹介します。

追加融資パターン
【1:制度融資】
各自治体が、起業家や地元中小企業に対して、資金の支援を目的に実施しているのが、制度融資です。

都道府県と市区町村の自治体と、金融機関、信用保証協会の三者が連携して実施している制度で、創業時や創業後に利用できます。

この制度を利用するには、窓口となる各自治体に申し込む必要があります。まずは、各自治体で相談してみましょう。

【2:日本政策金融公庫―1】
すでに日本政策金融公庫で融資を受けているが、遅延なく返済を続けている場合は心証も良いため、追加融資は可能になります。

【3:日本政策金融公庫―2】
他社のビジネスローンやリボ払いを利用しており、遅延なく返済していることを示せば、追加融資は可能になります。

追加融資を受けるには、繰り返しになりますが、前述の条件のクリアが必須になります。

赤字実績の場合

仮に赤字になっていたとしても、その原因がハッキリしており、追加融資によって解決できると判断されたら、融資を受けることは可能です。

そのような場合は、具体的な根拠や方策を明確に示す必要があります。また、それまでの融資に対して遅延なく期日通りに返済して、残債も少なくなっているという返済実績も、ポイントが高くなります。

創業後の運転資金不足は経営者が頭を抱える問題ですが、事業計画通りに事業を進めていき実績を作っておくことと、将来性が見込めるということを示すことが、追加融資を成功させるポイントです。

たとえ赤字になったとしても、地道な事業展開をしていきましょう。

【東京都内23区のバーチャルオフィスまとめ】
東京のバーチャルオフィス千代田区のバーチャルオフィス
中央区のバーチャルオフィス港区のバーチャルオフィス
新宿区のバーチャルオフィス文京区のバーチャルオフィス
台東区のバーチャルオフィス墨田区のバーチャルオフィス
江東区のバーチャルオフィス品川区のバーチャルオフィス
目黒区のバーチャルオフィス大田区のバーチャルオフィス
世田谷区のバーチャルオフィス渋谷区のバーチャルオフィス
中野区のバーチャルオフィス杉並区のバーチャルオフィス
豊島区のバーチャルオフィス北区のバーチャルオフィス
荒川区のバーチャルオフィス板橋区のバーチャルオフィス
練馬区のバーチャルオフィス足立区のバーチャルオフィス
葛飾区のバーチャルオフィス江戸川区のバーチャルオフィス
【路線別バーチャルオフィス一覧】
山手線のバーチャルオフィス京浜東北・根岸線のバーチャルオフィス
湘南新宿ラインのバーチャルオフィス横浜線のバーチャルオフィス
中央・総武線のバーチャルオフィス埼京線のバーチャルオフィス
京葉線のバーチャルオフィス
東京メトロ銀座線のバーチャルオフィス東京メトロ丸の内線のバーチャルオフィス
東京メトロ日比谷線のバーチャルオフィス東京メトロ東西線のバーチャルオフィス
東京メトロ千代田線のバーチャルオフィス東京メトロ有楽町線のバーチャルオフィス
東京メトロ半蔵門線のバーチャルオフィス東京メトロ南北線のバーチャルオフィス
東京メトロ副都心線のバーチャルオフィス
都営地下鉄大江戸線のバーチャルオフィス都営地下鉄新宿線のバーチャルオフィス
都営地下鉄三田線のバーチャルオフィス都営地下鉄浅草線のバーチャルオフィス
京成線のバーチャルオフィス京王線のバーチャルオフィス
東急東横線のバーチャルオフィス東急田園都市線のバーチャルオフィス
京浜急行のバーチャルオフィス小田急小田原線のバーチャルオフィス
ゆりかもめ線のバーチャルオフィスりんかい線のバーチャルオフィス
札幌市営地下鉄のバーチャルオフィス仙台市営地下鉄のバーチャルオフィス
名古屋市営地下鉄のバーチャルオフィス東海道線(名古屋)のバーチャルオフィス
京都市営地下鉄のバーチャルオフィス大阪メトロ御堂筋線のバーチャルオフィス
東西線(大阪)のバーチャルオフィス広島電鉄のバーチャルオフィス
福岡市営地下鉄のバーチャルオフィス
【都道府県のバーチャルオフィス一覧】
北海道のバーチャルオフィス青森のバーチャルオフィス
岩手のバーチャルオフィス宮城のバーチャルオフィス
福島のバーチャルオフィス山形のバーチャルオフィス
秋田のバーチャルオフィス茨城のバーチャルオフィス
埼玉のバーチャルオフィス群馬のバーチャルオフィス
栃木のバーチャルオフィス千葉のバーチャルオフィス
神奈川のバーチャルオフィス山梨のバーチャルオフィス
福井のバーチャルオフィス石川のバーチャルオフィス
富山のバーチャルオフィス静岡のバーチャルオフィス
岐阜のバーチャルオフィス長野のバーチャルオフィス
三重のバーチャルオフィス京都のバーチャルオフィス
愛知のバーチャルオフィス滋賀のバーチャルオフィス
大阪のバーチャルオフィス岡山のバーチャルオフィス
島根のバーチャルオフィス鳥取のバーチャルオフィス
和歌山のバーチャルオフィス奈良のバーチャルオフィス
兵庫のバーチャルオフィス広島のバーチャルオフィス
高知のバーチャルオフィス愛媛のバーチャルオフィス
香川のバーチャルオフィス徳島のバーチャルオフィス
山口のバーチャルオフィス福岡のバーチャルオフィス
佐賀のバーチャルオフィス長崎のバーチャルオフィス
熊本のバーチャルオフィス大分のバーチャルオフィス
宮崎のバーチャルオフィス鹿児島のバーチャルオフィス
沖縄のバーチャルオフィス
【各都市のバーチャルオフィス】
札幌市のバーチャルオフィス仙台市のバーチャルオフィス
盛岡市のバーチャルオフィス郡山市のバーチャルオフィス
宇都宮市のバーチャルオフィス高崎市のバーチャルオフィス
さいたま市のバーチャルオフィス千葉市のバーチャルオフィス
船橋市のバーチャルオフィス横浜市のバーチャルオフィス
川崎市のバーチャルオフィス鎌倉市のバーチャルオフィス
金沢市のバーチャルオフィス長野市のバーチャルオフィス
名古屋市のバーチャルオフィス一宮市のバーチャルオフィス
京都市のバーチャルオフィス大阪市のバーチャルオフィス
神戸市のバーチャルオフィス姫路市のバーチャルオフィス
福岡市のバーチャルオフィス那覇市のバーチャルオフィス
【エリア別のバーチャルオフィス】
市ヶ谷エリアのバーチャルオフィス水道橋エリアのバーチャルオフィス
飯田橋エリアのバーチャルオフィス神保町エリアのバーチャルオフィス
池袋エリアのバーチャルオフィス大手町エリアのバーチャルオフィス
上野エリアのバーチャルオフィス銀座エリアのバーチャルオフィス
新橋エリアのバーチャルオフィス日本橋エリアのバーチャルオフィス
麹町エリアのバーチャルオフィス赤坂エリアのバーチャルオフィス
六本木エリアのバーチャルオフィス秋葉原エリアのバーチャルオフィス
高田馬場エリアのバーチャルオフィス青山エリアのバーチャルオフィス
表参道エリアのバーチャルオフィス丸の内エリアのバーチャルオフィス
  • この記事を書いた人

バーチャルオフィス大辞典編集部

バーチャルオフィスについての様々な情報を編集しています。バーチャルオフィスの利用を検討されている方に必要な情報を収集し記事にまとめています。

-起業・経営
-

Copyright© 東京バーチャルオフィス大辞典|東京のバーチャルオフィスを中心に解説 , 2020 All Rights Reserved.