起業・経営

商品・サービスをチェックするフレームワーク「4C」とは

2019年12月13日

マーケティングを学ぶときに必ず出てくるのが4Pです。ところがその対となる4Cは意外と知られていません。しかし、4Pはもちろん、4Cのフレームワーク(手法)もとても重要です。特に近年のマーケティングにおいて、4Cは欠かすことのできない概念です。

4C、4Pそれぞれのフレームワークと、両方を組み合わせたマーケティングについて説明します。

4C理論のフレームワークとは

4C理論とは1993年にロバート・ロータボーンが提唱した「消費者側から見た」考え方です。

「Customer Value(顧客にとっての価値)」
「Cost to the Customer(顧客の負担)」
「Convenience(顧客にとっての購買利便性)」
「Communication(顧客へのコミュニケーション)」

このほか、4CのうちCのひとつは「Customer Value(顧客にとっての価値)」ではなく、「Customer Solution(顧客の課題の解決)」だという考え方もあります。

マーケティングにおいて4Cに注目すると、顧客が抱える問題や課題を解決し、利便性を高めて価値あるものを提供するためにどうしたらよいのかを探りやすく、問題解決のヒントを見つけやすくなります。

4P理論のフレームワークとは

4P理論は、アメリカのマーケティング学者・ジェローム・マッカシーが、1960年に「ベーシック・マーケティング」という書籍で提唱した考え方で、企業側から見たマーケティングのフレームワークです。

「Product(製品)」
「Price(価格)」
「Place(流通)」
「Promotion(プロモーション)」

非常にシンプルでわかりやすいため広く浸透したフレームワークで、それまで企業が抱えていたさまざまな問題を4つに集約することで、全体を把握し戦略を立てやすくなったと高く評価されています。

マーケティングにおいて4Pは、市場での自社の強みや弱みを把握してどのようなポジションを目指すかを決定する助けとなります。

そしてどんな製品をどの価格で、どういう経路で、どのようなターゲット、市場に届けるのかを検討する際においても、4P理論を知っているとシンプルかつ漏れなく戦略を立てることができるのです。

4C理論と4P理論の組み合わせでマーケティング

4C理論と4P理論は対になっています。

「Product(製品)」⇔「Customer Value(顧客にとっての価値)」
「Price(価格)」⇔「Cost to the Customer(顧客の負担)」
「Place(流通)」⇔「Convenience(顧客にとっての購買利便性)」
「Promotion(プロモーション)」⇔「Communication(顧客へのコミュニケーション)」

企業として実際に使うのは4P理論なのですが、顧客目線(4C理論)で考えることで新たな気づきが得られ、より効果的な戦略を立てられる可能性が高くなります。

現代のマーケティングでは、価値主導で顧客ファーストの視点が重要視されています。4C理論は、現代社会でマーケティングを行うのに最適なフレームワークだと言えるのです。

4C と4Pの活用事例をご紹介

4C と4Pを効果的に活用したマーケティングの事例を、世界最大級のオークションサイトとして知られる「eBay(イーベイ)」を参考に見てみましょう。

オンラインで買い物ができるeBayの初期のターゲットは、多忙なビジネスマンで、時間節約のためにネットでの買い物を好む人でした。

まず、「Product(Customer Value)」の側面から、eBayは品ぞろえを豊富にしてあらゆるジャンルの商品をオンラインで購入できるようにしました。競合のamazonは当時書籍中心の品ぞろえだったため、ここで差別化を図ることに成功します。

次に、「Price(Customer Cost)」の側面から、バイヤーが値引き交渉できるシステム、適正な価格を提示できるシステムを導入し、他のECサイトへ「価格」という面からユーザーが流れないように工夫しました。パソコンがあれば出店できるというように、出店にかかるコストも軽減しています。

「Place(Convenience)」の面から見ると、オンラインなので顧客は自分の好きな時間にいつでも、どこにいても買い物ができます。

また、オンライン決済サービスの「PayPal(ペイパル)」を採用したことで決済も簡略化されました。eBayはSEO対策にも力を入れているため、ユーザーが欲しいものを検索したとき、eBayが上位に表示されます。ユーザーは簡単にほしいものを購入するためのeBayの商品ページにたどりつけるのです。

「Promotion(Communication)」の面からは、ユーザーがお互いに助け合えるコミュニティーサイトを作り、疑問が簡単に解決されるようになっています。

eBayに関してユーザーが疑問を検索すると、Googleでは1ページ目にその疑問に関するコミュニティーサイトが表示されるため、ユーザーは容易に問題を解決できます。また、リテーラー(売る側)とバイヤー(買う側)向けのブログを充実させ、売り方のコツを伝えたり、成功したユーザーの例を紹介したりしています。

ターゲットを設定することが大切

4Pと4Cのフレームワークを組み合わせることで戦略の成功度を高め、漏れなくビジネスを展開していけます。

現在のマーケティングがうまくいっていないと感じたら、4Pと4Cを見直してみると、意外な解決策や原因が見えてくるかもしれません。

ひとつ注意したいのは、4Pと4Cには具体的なターゲット設定が必要で、自社をどの位置に置いて戦略を立てるのかを具体的にしなければ、効果が見込めないという点です。

ターゲットを明確にすることで、価格やプロモーション方法が変わります。まずはターゲットを細かく設定するところからスタートしましょう。

【東京都内23区のバーチャルオフィスまとめ】
東京のバーチャルオフィス千代田区のバーチャルオフィス
中央区のバーチャルオフィス港区のバーチャルオフィス
新宿区のバーチャルオフィス文京区のバーチャルオフィス
台東区のバーチャルオフィス墨田区のバーチャルオフィス
江東区のバーチャルオフィス品川区のバーチャルオフィス
目黒区のバーチャルオフィス大田区のバーチャルオフィス
世田谷区のバーチャルオフィス渋谷区のバーチャルオフィス
中野区のバーチャルオフィス杉並区のバーチャルオフィス
豊島区のバーチャルオフィス北区のバーチャルオフィス
荒川区のバーチャルオフィス板橋区のバーチャルオフィス
練馬区のバーチャルオフィス足立区のバーチャルオフィス
葛飾区のバーチャルオフィス江戸川区のバーチャルオフィス
【路線別バーチャルオフィス一覧】
山手線のバーチャルオフィス京浜東北・根岸線のバーチャルオフィス
湘南新宿ラインのバーチャルオフィス横浜線のバーチャルオフィス
中央・総武線のバーチャルオフィス埼京線のバーチャルオフィス
京葉線のバーチャルオフィス
東京メトロ銀座線のバーチャルオフィス東京メトロ丸の内線のバーチャルオフィス
東京メトロ日比谷線のバーチャルオフィス東京メトロ東西線のバーチャルオフィス
東京メトロ千代田線のバーチャルオフィス東京メトロ有楽町線のバーチャルオフィス
東京メトロ半蔵門線のバーチャルオフィス東京メトロ南北線のバーチャルオフィス
東京メトロ副都心線のバーチャルオフィス
都営地下鉄大江戸線のバーチャルオフィス都営地下鉄新宿線のバーチャルオフィス
都営地下鉄三田線のバーチャルオフィス都営地下鉄浅草線のバーチャルオフィス
京成線のバーチャルオフィス京王線のバーチャルオフィス
東急東横線のバーチャルオフィス東急田園都市線のバーチャルオフィス
京浜急行のバーチャルオフィス小田急小田原線のバーチャルオフィス
ゆりかもめ線のバーチャルオフィスりんかい線のバーチャルオフィス
札幌市営地下鉄のバーチャルオフィス仙台市営地下鉄のバーチャルオフィス
名古屋市営地下鉄のバーチャルオフィス東海道線(名古屋)のバーチャルオフィス
京都市営地下鉄のバーチャルオフィス大阪メトロ御堂筋線のバーチャルオフィス
東西線(大阪)のバーチャルオフィス広島電鉄のバーチャルオフィス
福岡市営地下鉄のバーチャルオフィス
【都道府県のバーチャルオフィス一覧】
北海道のバーチャルオフィス青森のバーチャルオフィス
岩手のバーチャルオフィス宮城のバーチャルオフィス
福島のバーチャルオフィス山形のバーチャルオフィス
秋田のバーチャルオフィス茨城のバーチャルオフィス
埼玉のバーチャルオフィス群馬のバーチャルオフィス
栃木のバーチャルオフィス千葉のバーチャルオフィス
神奈川のバーチャルオフィス山梨のバーチャルオフィス
福井のバーチャルオフィス石川のバーチャルオフィス
富山のバーチャルオフィス静岡のバーチャルオフィス
岐阜のバーチャルオフィス長野のバーチャルオフィス
三重のバーチャルオフィス京都のバーチャルオフィス
愛知のバーチャルオフィス滋賀のバーチャルオフィス
大阪のバーチャルオフィス岡山のバーチャルオフィス
島根のバーチャルオフィス鳥取のバーチャルオフィス
和歌山のバーチャルオフィス奈良のバーチャルオフィス
兵庫のバーチャルオフィス広島のバーチャルオフィス
高知のバーチャルオフィス愛媛のバーチャルオフィス
香川のバーチャルオフィス徳島のバーチャルオフィス
山口のバーチャルオフィス福岡のバーチャルオフィス
佐賀のバーチャルオフィス長崎のバーチャルオフィス
熊本のバーチャルオフィス大分のバーチャルオフィス
宮崎のバーチャルオフィス鹿児島のバーチャルオフィス
沖縄のバーチャルオフィス
【各都市のバーチャルオフィス】
札幌市のバーチャルオフィス仙台市のバーチャルオフィス
盛岡市のバーチャルオフィス郡山市のバーチャルオフィス
宇都宮市のバーチャルオフィス高崎市のバーチャルオフィス
さいたま市のバーチャルオフィス千葉市のバーチャルオフィス
船橋市のバーチャルオフィス横浜市のバーチャルオフィス
川崎市のバーチャルオフィス鎌倉市のバーチャルオフィス
金沢市のバーチャルオフィス長野市のバーチャルオフィス
名古屋市のバーチャルオフィス一宮市のバーチャルオフィス
京都市のバーチャルオフィス大阪市のバーチャルオフィス
神戸市のバーチャルオフィス姫路市のバーチャルオフィス
福岡市のバーチャルオフィス那覇市のバーチャルオフィス
【エリア別のバーチャルオフィス】
市ヶ谷エリアのバーチャルオフィス水道橋エリアのバーチャルオフィス
飯田橋エリアのバーチャルオフィス神保町エリアのバーチャルオフィス
池袋エリアのバーチャルオフィス大手町エリアのバーチャルオフィス
上野エリアのバーチャルオフィス銀座エリアのバーチャルオフィス
新橋エリアのバーチャルオフィス日本橋エリアのバーチャルオフィス
麹町エリアのバーチャルオフィス赤坂エリアのバーチャルオフィス
六本木エリアのバーチャルオフィス秋葉原エリアのバーチャルオフィス
高田馬場エリアのバーチャルオフィス青山エリアのバーチャルオフィス
表参道エリアのバーチャルオフィス丸の内エリアのバーチャルオフィス
  • この記事を書いた人

バーチャルオフィス大辞典編集部

バーチャルオフィスについての様々な情報を編集しています。バーチャルオフィスの利用を検討されている方に必要な情報を収集し記事にまとめています。

-起業・経営
-

Copyright© 東京バーチャルオフィス大辞典|東京のバーチャルオフィスを中心に解説 , 2020 All Rights Reserved.