起業・経営

簡単にわかる銀行融資の方法

2019年12月13日

(概要)
銀行融資の方法は「証書貸付」「手形貸付」「手形割引」「当座貸越」の4つです。

それぞれの銀行融資の方法においてメリットとデメリットがあるので、賢く選択する必要があります。今回は、銀行融資の4つの方法について詳しく解説します。

(本文)
証書貸付とは
銀行融資の方法として、「証書貸付」「手形貸付」「手形割引」「当座貸越」の4つがあります。

まず「証書貸付」について。

「証書貸付」とは証書を取り交わして貸付を行うことです。「証書」とは、貸付の事実を証明するための文書もしくは契約書のことです。この場合の「証書」は、法律的にいえば「金銭消費貸借契約書」とされます。

つまり「証書貸付」とは、契約書を用いて銀行融資を受けることを意味します。最も一般的で広く普及している銀行融資の方法と言えるでしょう。

「金銭消費貸借契約書」には契約日のほか、借入金額や借入利率、遅延損害金、返済期間などが記されています。契約の際は法律の知識が欠かせません。契約前に専門家の意見を聞き、準備をしておくとよいでしょう。

「証書貸付」は、一般的に長期融資の際によく見られる契約です。例えば、長期の運転資金や設備資金などのための融資において、頻繁に見られる形式です。返済は元金均等方式で行われることが多くなっています。

手形貸付とは
次に「手形貸付」についてです。「手形貸付」とは、借り手が約束手形を銀行に振り出して融資を受ける方法のことです。「手形貸付」も「金銭消費貸借契約」に基づくものですが、借用証書を作成する手間がないなど、「証書貸付」と比較して簡便性に優れています。

一般的に「手形貸付」は1年以内の短期融資において活用されています。日常の営業活動における運転資金のほか、商品を販売して売掛金を回収するまでのつなぎ資金などです。

「手形貸付」のメリットは、「証書貸付」と比較して銀行の審査が通りやすいことです。「証書貸付」は長期資金であるため、銀行側は貸し倒れリスクを憂慮しますが、「手形貸付」は短期資金のため、その恐れが低いからです。

ただし、注意しなければいけないことがあります。それは「不渡り」です。

約束手形を期日までに決済できない場合、「不渡り」となってしまいます。もし6カ月以内に2回以上「不渡り」を出してしまった場合、銀行取引停止処分となります。個人で言うところの、ブラックリスト掲載となってしまいます。こうした信用不安は、世間をかけめぐった結果、取引が縮小し倒産に追い込まれる恐れが出てきます。

「手形貸付」は便利なものですが、資金管理をしっかりと行うことが重要です。

手形割引について
次に「手形割引」です。「手形割引」は、手形受取人が銀行に約束手形を持参し、支払期日前に銀行融資を受ける方法のことです。この場合、受取人は支払期日前に融資を受けるため、定率の手形割引手数料を差し引かれた金額を支払われることになります。

一般的に手形割引手数料は都市銀行で1.5~3.0%、信用金庫で2.5%~4.5%などとなっています。それなりの金額になるので、できれば利用したくない融資方法ですが、手元に現金がない場合などに検討することになります。

「手形割引」のメリットは現金をすぐに手に入れられることです。

例えば「証書貸付」の場合、融資決定までの期間が半年かかることも少なくありません。そのため、手形割引手数料は少々高いですが、少しでも早く現金を回収して投資したいと考えている事業者にとってありがたい融資方法だと言えるかもしれません。

ただし、デメリットもあるため注意が必要です。それは約束手形の振出人が期日までに手形を決済できなかった場合に生じます。この場合、手形を買い戻す義務が発生してしまうのです。

当座貸越について
最後は「当座貸越」です。「当座貸越」は銀行口座に資金がなくても、信用に基づき、一定額を自動融資する方法のことです。

例えば1000万円の支払いを行う必要があるとしましょう。しかし、銀行口座には800万円しか残高がないとします。このとき、200万円が自動で貸付されます。

資金調達を行う場合は都度審査が必要ですが、「当座貸越」はそのような手間がありません。というのも、前述した通り、「信用」をもとにして融資を行っているからです。

それだけに、「当座貸越」を利用できるのは信用力の高い企業に限られます。「当座貸越」を利用するための審査はかなりハードルの高いものとなっているので、注意が必要です。

一般的に不動産担保や現預金が豊富など、一定の審査基準を満たさないといけないとされています。

なお、「当座貸越」は一般当座貸越と専用当座貸越があり、一般当座貸越のほうが審査は甘いと言われています。

【東京都内23区のバーチャルオフィスまとめ】
東京のバーチャルオフィス千代田区のバーチャルオフィス
中央区のバーチャルオフィス港区のバーチャルオフィス
新宿区のバーチャルオフィス文京区のバーチャルオフィス
台東区のバーチャルオフィス墨田区のバーチャルオフィス
江東区のバーチャルオフィス品川区のバーチャルオフィス
目黒区のバーチャルオフィス大田区のバーチャルオフィス
世田谷区のバーチャルオフィス渋谷区のバーチャルオフィス
中野区のバーチャルオフィス杉並区のバーチャルオフィス
豊島区のバーチャルオフィス北区のバーチャルオフィス
荒川区のバーチャルオフィス板橋区のバーチャルオフィス
練馬区のバーチャルオフィス足立区のバーチャルオフィス
葛飾区のバーチャルオフィス江戸川区のバーチャルオフィス
【路線別バーチャルオフィス一覧】
山手線のバーチャルオフィス京浜東北・根岸線のバーチャルオフィス
湘南新宿ラインのバーチャルオフィス横浜線のバーチャルオフィス
中央・総武線のバーチャルオフィス埼京線のバーチャルオフィス
京葉線のバーチャルオフィス
東京メトロ銀座線のバーチャルオフィス東京メトロ丸の内線のバーチャルオフィス
東京メトロ日比谷線のバーチャルオフィス東京メトロ東西線のバーチャルオフィス
東京メトロ千代田線のバーチャルオフィス東京メトロ有楽町線のバーチャルオフィス
東京メトロ半蔵門線のバーチャルオフィス東京メトロ南北線のバーチャルオフィス
東京メトロ副都心線のバーチャルオフィス
都営地下鉄大江戸線のバーチャルオフィス都営地下鉄新宿線のバーチャルオフィス
都営地下鉄三田線のバーチャルオフィス都営地下鉄浅草線のバーチャルオフィス
京成線のバーチャルオフィス京王線のバーチャルオフィス
東急東横線のバーチャルオフィス東急田園都市線のバーチャルオフィス
京浜急行のバーチャルオフィス小田急小田原線のバーチャルオフィス
ゆりかもめ線のバーチャルオフィスりんかい線のバーチャルオフィス
札幌市営地下鉄のバーチャルオフィス仙台市営地下鉄のバーチャルオフィス
名古屋市営地下鉄のバーチャルオフィス東海道線(名古屋)のバーチャルオフィス
京都市営地下鉄のバーチャルオフィス大阪メトロ御堂筋線のバーチャルオフィス
東西線(大阪)のバーチャルオフィス広島電鉄のバーチャルオフィス
福岡市営地下鉄のバーチャルオフィス
【都道府県のバーチャルオフィス一覧】
北海道のバーチャルオフィス青森のバーチャルオフィス
岩手のバーチャルオフィス宮城のバーチャルオフィス
福島のバーチャルオフィス山形のバーチャルオフィス
秋田のバーチャルオフィス茨城のバーチャルオフィス
埼玉のバーチャルオフィス群馬のバーチャルオフィス
栃木のバーチャルオフィス千葉のバーチャルオフィス
神奈川のバーチャルオフィス山梨のバーチャルオフィス
福井のバーチャルオフィス石川のバーチャルオフィス
富山のバーチャルオフィス静岡のバーチャルオフィス
岐阜のバーチャルオフィス長野のバーチャルオフィス
三重のバーチャルオフィス京都のバーチャルオフィス
愛知のバーチャルオフィス滋賀のバーチャルオフィス
大阪のバーチャルオフィス岡山のバーチャルオフィス
島根のバーチャルオフィス鳥取のバーチャルオフィス
和歌山のバーチャルオフィス奈良のバーチャルオフィス
兵庫のバーチャルオフィス広島のバーチャルオフィス
高知のバーチャルオフィス愛媛のバーチャルオフィス
香川のバーチャルオフィス徳島のバーチャルオフィス
山口のバーチャルオフィス福岡のバーチャルオフィス
佐賀のバーチャルオフィス長崎のバーチャルオフィス
熊本のバーチャルオフィス大分のバーチャルオフィス
宮崎のバーチャルオフィス鹿児島のバーチャルオフィス
沖縄のバーチャルオフィス
【各都市のバーチャルオフィス】
札幌市のバーチャルオフィス仙台市のバーチャルオフィス
盛岡市のバーチャルオフィス郡山市のバーチャルオフィス
宇都宮市のバーチャルオフィス高崎市のバーチャルオフィス
さいたま市のバーチャルオフィス千葉市のバーチャルオフィス
船橋市のバーチャルオフィス横浜市のバーチャルオフィス
川崎市のバーチャルオフィス鎌倉市のバーチャルオフィス
金沢市のバーチャルオフィス長野市のバーチャルオフィス
名古屋市のバーチャルオフィス一宮市のバーチャルオフィス
京都市のバーチャルオフィス大阪市のバーチャルオフィス
神戸市のバーチャルオフィス姫路市のバーチャルオフィス
福岡市のバーチャルオフィス那覇市のバーチャルオフィス
【エリア別のバーチャルオフィス】
市ヶ谷エリアのバーチャルオフィス水道橋エリアのバーチャルオフィス
飯田橋エリアのバーチャルオフィス神保町エリアのバーチャルオフィス
池袋エリアのバーチャルオフィス大手町エリアのバーチャルオフィス
上野エリアのバーチャルオフィス銀座エリアのバーチャルオフィス
新橋エリアのバーチャルオフィス日本橋エリアのバーチャルオフィス
麹町エリアのバーチャルオフィス赤坂エリアのバーチャルオフィス
六本木エリアのバーチャルオフィス秋葉原エリアのバーチャルオフィス
高田馬場エリアのバーチャルオフィス青山エリアのバーチャルオフィス
表参道エリアのバーチャルオフィス丸の内エリアのバーチャルオフィス
  • この記事を書いた人

バーチャルオフィス大辞典編集部

バーチャルオフィスについての様々な情報を編集しています。バーチャルオフィスの利用を検討されている方に必要な情報を収集し記事にまとめています。

-起業・経営
-

Copyright© 東京バーチャルオフィス大辞典|東京のバーチャルオフィスを中心に解説 , 2020 All Rights Reserved.